(26日目)家族の病歴を確認しておく@1ヶ月「家時間」充実プロジェクト

2020年05月04日

常備薬、体温計など医薬品については、家族と確認・共有のチェックは必要ですね。

自粛26日ともなれば、すでに確認済みの人も多いと多い事と思います。

医薬品の整理をしながら、ぜひ、家族の病歴を、もう一度確認しましょう。

祖母の手術歴などのように、何十年もまえの病歴については、孫世代はまったくわかりません。
自分の父母であっても、自分が小さかった頃の既往歴など、案外知らないものです。

コロナのニュースにのっかって、病気の話題もだしやすいかもしれません。

たとえば、肋膜炎とか、肺炎をしたことがあるとか、小さいころ喘息だったとか、そういう話題をだしやすいですから、よく聞いて確認しておくといいでしょう。

どんな病気であっても、いざ病院で、過去の既往歴を、とっさにいつ、どんな病名かを確実に伝えることで、治療のスピードもあがるのではないでしょうか。

大切な人を守る、行動のひとつです。

実家にも、電話してご両親にきいてみるのもいいですね。

このシリーズ記事は、1ヶ月間の緊急事態宣言に合わせて自粛の期限にあわせてアップしはじめたものです。。
片づけは一生ずっと続くので、自粛の延長にかかわらずつづけていけるといいと思います。

部屋もコロナも片付きますように。渡部亜矢

zoom 無料片づけ相談実施中 

オンライン講師への近道・書類整理を体系的に学びたい方へ▼

書類整理アドバイザー認定講座

 

ご参考になれば幸いです。▼

新型コロナ感染に関わる緊急事態宣言を受けて
「家時間」充実プロジェクト 1ヶ月片づけ

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

新型コロナで終活が180度変わった~今すぐやりたい書類整理・生前整理~

 

(1日目)まずは宣言、そして「行動変容」~新型コロナ緊急事態宣言を受けて~

(2日目)カーテンを洗う

(3日目)在宅ワークは、部屋のゾーニングから

(4日目)結果が見える!小さな片づけを体感する

(5日目)対流が見える!冷蔵庫の1段整理

(6日目)読みたい順に本を並べる

(7日目)実家と片づけの話をする

(8日目)よい睡眠のために布団に風通し

(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術

(11日目)片付けの話をたくさんしよう

(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」

(13日目)巣ごもり生活を振り返る

(14日目)「何もしない」時間をつくる

(15 日目)キッチンの「密」をなくす!

(16 日目)「密」から「疎」にする片づけ方

(17日目)どうする?帰省できない実家の片づけ

(18日目)蛇口を磨く

(19日目)洗面所の古い化粧品を片付ける

(20日目)お財布の中身を見直す

(21日目)実家の片づけは「両手の法則」で収納する

(22日目)脱捨てられネーゼ!「オレンジページ」掲載@紙モノ整理・デジタル情報

(23日目)古いフリースをウエスにチェンジ

(24日目)クーラーのフィルター掃除@「家時間」充実プロジェクト

(25日目)掃除機のダストボックスを家族と替える