【before→途中→after】男性のおしゃれなウォークインクローゼットを取り戻せ!

美容関係にお勤めの中年男性からの片づけご依頼例です。

「ウォークインクローゼットがごちゃごちゃ」とのSOSです。
確かに,選んで買った好きな服や小物が,こんがらがって,ただ置かれています。

モノだけでなく,こだわりぬいて設計された,広いウォークインクローゼットが,生かされていないようです。

せっかくのおしゃれな服もこれでは台無しですね。

棚ごとに全部モノを出していきながら整理していきました。

ずいぶんきれいになりました。

相当おしゃれが楽しめそうです。
男性はうきうきして,こだわりの服のブランドの話をし始めました。

ここまですっきりすると,男性はもっと片付けたい気持ちになってきたのです。

他の部屋に散らばっている小物を,片付けがすんだウイークインクローゼットに移動させることにしました。

こだわって集めている帽子や,カバンも収納できました。
お出かけのたびにトータルコーディネートできるおしゃれなウォークインクローゼットに大変身です。

片づけで疲れているはずなのに,笑顔になりました。
片づけパワー,恐るべしです!

悩んでいる時間があるのなら,ぜひ一緒に片付けていきましょう。

片づきますように(渡部亜矢)

 

※片づけ掃除・書類整理アドバイザー萩原望さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

コロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

散らかりがちなキッチン【before→after】居間までの動線を片付ける

コロナ禍で,実家片づけアドバイザーの事例がたくさん集まりつつあります。

広い敷地内に住む高齢の親の家が心配というご相談もよく受けます。本日はそんな事例をご紹介します。

関東近県の義理父のキッチンです。
義理母のほうが先にお亡くなりになったので,母屋は一人住まいです。

キッチンから続く居間への動線にごちゃごちゃと続くモノの街道ができています。

お父様一人ではあまり料理をしなくなってしまったため,古いこたつ,保存容器など,使えそうで使わないモノがごちゃごちゃとあります。

居間にはテレビが見えます。テレビの周りはとくに視線が集まる場所。
片付けるときにはテレビまでの動線を片付けると,見た目のスッキリ感は増えますね。

軽トラに廃棄物を運び出すことにし,片付けを進めました。

不要な食器棚なども処分しました。

動線はスッキリは基本ですね。お部屋らしくなりました。

片づきますように。

 

※実家片づけアドバイザー長峰智子さんの事例をもとにプライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザー

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

コロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

English page is now available! 英語のページができました。

Thanks to you, we now have a website in English.

There is also an introduction to the Korean version of the book.
We hope you enjoy it.

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Click here for details

 

おかげさまで,英語のページができました。

ご覧いただければ幸いです。

Click here for details 詳細はこちら

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Philosophy

Changing the relationship between things, time, and people through tidying.

We aim to increase people’s satisfaction with life through tidying up their family homes.
We provide easy and safe tidying methods that respond to the changes of the 100-year life cycle.

Aya Watanabe’s book “The Basics of Tidying Up” was published in Korean.
The Korean version was published. (May, 2021)

 

.

Greetings

Have you ever returned home after a long absence to find your home a messy mess in a place where you thought you would feel at ease? Have you ever had such an experience?

There’s something cluttered and uncomfortable about ・・・・.
You’ve been putting it off, thinking, “I’ll get to it.
It’s a good thing I’m not the only one.
However, as a result of procrastination, one day a huge amount of packing will fall on the middle-aged child. ……

This is an example of a common consultation about tidying up the family home.

As a “family home tidying advisor,” I provide consultation to children whose parents are old and worried about tidying up their parents’ home, as well as to their parents themselves for their own living arrangement.
In an aging society with a declining birthrate, it is becoming commonplace for each person to clean up two or three houses, including grandparents’ and uncles’ houses as well as parents’ and in-laws’ houses.

In my courses, children in their seventies sometimes come to learn “elderly tidying” for their parents in their nineties.
It’s no laughing matter.

Every parent-child relationship is different.
Some people become estranged due to circumstances, and after their parents pass away, they decide to renounce their inheritance.

Of course, you can renounce your rights, but the process is time-consuming and you are still responsible for managing the property until it is resolved. In addition, it is a high risk to leave the entire family home unattended.

Also, even though you are estranged from your parents, your relationship with them is different from that of a friend who you don’t have to see if you have a quarrel. Many people weep with regret when they see the large amount of belongings left behind in the empty house after their parents have gone.

What is the need to clean up the family home?
It is to create a system where parents can stay healthy, safe and secure.
The purpose is not to store the house neatly or to make it look like a model room.

Tidying up your parents’ house is not the same as tidying up your own house at your own will.

Psychologically, it can be said to be the most difficult of all tidying up in the sense that you have to proceed with tidying up in a relationship that is not a stranger.
However, the structure of today’s society places a heavy burden on the family.

In a world overflowing with things, the responsibility of owning things also comes into play.
From now on, it will become a new manner of living, like the SDGs, to pass on to the next generation.

We need to aim at tidying up not only for ourselves or for our things, but also for the happiness of ourselves and others.

Just because we are parents and children does not mean that we have to force ourselves to get along.

Tidying up cannot be solved if it is viewed as an extension of household chores, to be done only by family members.
In addition, in the case of “tidying up for the elderly,” it is necessary to have the skills to clean up with the help of others.

In such a situation, our association hopes to help those who are struggling with tidying up, and we offer a special course on “tidying up the family home. Our tidying service aims to be a reliable service that can be used by such families.
Tidying up your parents’ home is a way to look back on your upbringing and history, and to take stock of your life and belongings.

We provide the most common way to clean up your parents’ house while keeping an appropriate distance from them and valuing both your life and theirs.

The program aims to be a gentle know-how for those who are not good at tidying up, so that they can tidy up not only their parents’ house but also their own home.

Why don’t you start with what you can do, together with your friends?
We support you who want to tidy up.

Representative Director Aya Watanabe

認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュール

実家の片づけが登場!「マンガ 親が老いる前に読みたい 家族のおかね15の話」

「一番売れてる月刊マネー誌ZAiが作ったマンガ 親が老いる前に読みたい 家族のおかね15の話」 がダイヤモンド社より発売されます。

実家の片づけについて,渡部が実家片づけアドバイザーとして登場します。

片づけ方などをマンガでわかりやすくお伝えしています。

他に家族とお金にまつわる合計15話が,掲載されています。

実家の片づけをサクッと知りたい方は,ご覧いただけると幸いです。

5月26日発売。電子版もあります。

以下,Amazonより

相続や認知症、介護での家庭崩壊を防ぐ方法や、必ずすべき終活、免許返納、実家の片づけなど…。
一番売れてる月刊マネー誌「ダイヤモンドZAi」の大人気連載
「どこから来てどこへ行くのか日本国」から、特に人気の15テーマを厳選!

第一線の専門家たちが登場して、親の老いによる「おかねの問題」のキホンから、
解決までの道筋を教えます。1話5分でさっと読めば、いずれ必ず起こる問題から
「家族とおかねの守り方」が分かる!

単行本では、巻頭と各話の最後にオリジナルの解説ページ付き。
親世代が直面するおかねの「現実」を具体的な数字や図解、グラフで紹介するほか、
知っておきたいデータを丁寧に紹介します。

マンガを描くのは西アズナブル氏。実業家・ホリエモン(堀江貴文)や、
旧村上ファンドを率いた村上世彰の著作『生涯投資家』のコミカライズ等を手掛ける気鋭のマンガ家です。独特の絵柄によるリアリティある描写は必見。

 

(画像はAmazonサイトより)

 

Amazonサイトはこちら

片づきますように(渡部亜矢)

年末スッキリ!掃除のコツ 11月7日(土)

【第26回オフ会】
11月7日(土)10:00-10:40 最大11時 
年末スッキリ!掃除のコツ
講師 実家片づけアドバイザー
   片づけ掃除アドバイザー 磯田由紀子
掃除のモチベーションを上げましょう。
オンラインサロン限定
詳細はイベント講座のページへ

板橋「後悔しない『親の家』の片づけ術!カツオが磯野家を片付ける日」10月24日(土曜日)

 

板橋で講演会があります。

お近くの方はお立ち寄りください。

東京都主催

2020年10月24日(土曜日)

東京都空き家フォーラム in 板橋

「後悔しない『親の家』の片づけ術!カツオが磯野家を片付ける日」

講師:渡部 亜矢(実家片づけアドバイザー)

 

開催場所

板橋 グリーンホール2階ホール

午後1時30分から午後2時30分

申込み

ネクスト・アイズ株式会社へ、電話・ファクス・メールで住所・氏名・年齢・電話番号と参加内容、参加人数をご連絡ください。

電話:0120-406-212

新型コロナウィルス感染症対策を徹底し、実施します。

大相談会もあります。

不動産・住宅コンサルタント、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなどが相談に応じます。

片づきますように。

 

 

【第24回オフ会】 初心者でもできる!会計ソフトfreeeを使った確定申告

ステイホームの今、今年ははやめに準備しませんか。

【第24回オフ会】 初心者でもできる!会計ソフトfreeeを使った確定申告

10月18日(日)10:00~10:40  最大11:00

講師 税理士 細川ひろみ

ソフトを使って、確定申告にトライしましょう。

使用ソフト freee   1か月無料(その後有料です)

 

自宅と実家の片づけサロンとは・・

ふだんのSNSでのスキルアップのほか、
月2-3回オフ会を開いて勉強会をしています。

片づけをうまくできるようになりたい一般の方、
実家片づけ整理協会の資格で講師をしたい方を、お互いにフォーローし合う
コミュニティです。

2020 夏 朝日土地活用セミナー招待講演[主催]朝日新聞社

2020 夏 朝日土地活用セミナー [主催]朝日新聞社メディアビジネス局

土地活用と賃貸経営のリスクとその対策

オンラインセミナーが開催されます。

すでに朝日新聞紙面で告知されております。

東京・大阪・名古屋圏対象

 

招待講演

安心・安全にスッキリさせるコツ
『親子円満!実家の片づけ方』
講師:(一社)実家片づけ整理協会代表理事
実家片づけアドバイザー 渡部亜矢

8月28日金
29日土
30日日
31日月

近年、生活スタイルや家族との関わり方、土地活用や相続対策には様々な変化が生じています。
「土地の有効活用」はこの時勢に安定した収入を確保する手段の一つですが、多様化するニーズやリスクを正しく理解することが必要です。
そこで、今こそ家族のために知っておきたい「土地活用「」賃貸経営「」相続対策」のオンラインセミナーを期間限定で実施します。
専門家に相談できる個別相談会も、ぜひお申し込みください。

相談会も実施! どうぞお気軽に。

●所有している土地で老後の安定収入を得ることができる?
●いずれ相続する実家の土地、売るべき? 活用すべき?
●「あの土地」は賃貸経営に適しているだろうか?
●古いアパートの耐震性が心配……。リフォームか、建て替えか?
●自宅が収入を生む「賃貸併用住宅」って?
●もめない土地の承継・分割などについて知りたい。 など

*8月25日締め切り

お申込み

 

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並「カツオが磯野家を片づける日」(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

新型コロナ感染症の影響で中止が続いておりました講座が再開しました。

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並
「カツオが磯野家を片づける日」(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

相談会もあります。

消毒など新型コロナ対策を施して開催されます。

お近くの方にお会いできれば幸いです。

 

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並

(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

7月12日(日) 杉並区共催
13:30~14:30
セミナー2 後悔しない「親の家」の片づけ術!
カツオが磯野家を片付ける日
定員:先着30名様
時間:13:30~14:30
講師:渡部 亜矢(実家片づけアドバイザー)
●開けてビックリ!親の家の問題とは?
●空き家を防ぐにはどうする?

大相談会 専門家と空き家サービス企業が大集結!
大相談会コーナー
随時受付/予約優先
時間:10:00~16:00
A 空き家の維持管理 空き家の見守りサービス相談
B 空き家の売却 今が最後の売り時!1円でも高く売る売却相談
C 空き家の利活用(住む・貸す) 賢く活用するリフォーム・建替え相談
D 権利関係の調整 相続・遺言・成年後見・家族信託相談
E 生前整理と老人ホーム・施設紹介 生前整理、老後の生活設計相談

加費 無料
参加人数 先着各30名様
会場 ワイム
アクセス JR中央線・総武線「荻窪駅」西口徒歩1分
東京メトロ丸の内線「荻窪駅」西口徒歩2分
主催 ●ネクスト・アイズ株式会社
共催 ●杉並区
申込先 https://www.nexteyes.co.jp/event/202003suginami/

 

 

片づきますように。

 

片づけから考える 新型コロナ時代の減災対策【オフ会7月15日水】

オンラインサロンでは月2回ペースで講座を開催しています。
片づけの刺激が欲しい方は、お気軽にどうぞ。

資格のない方も、オフ会の講座に参加したり、講師をすることができます。
自分の得意分野をシェアしながら、安心できる仲間とスキルアップをめざすサロンです。

【第18 回オンラインオフ会7月15日水】
10:00-10:40 最大11:00
「片づけから考える 新型コロナ時代の減災対策」

講師 実家片づけアドバイザー 長峰智子

災害とコロナの不安を減らす、ご家庭必修片づけスキルのご紹介。

こちらもどうぞ▼

【第19回オンラインオフ会7月19日(日)】

10:00~10:40 最大11:00
「税理士が徹底解説! 実は知らない“扶養”の話」
講師 税理士 細川ひろみ

シングルの人も、扶養に入っていない人も、
税金のしくみを理解するのは必要です。

大好評の税理士シリーズ 第二弾です。

 

詳しくはイベント講座のページをご覧ください▽

片づきますように。