年末までにできる実家の空き家対策ファーストステップ

年末までにできる実家の空き家対策ファーストステップ

2017年09月26日

連日、空き家の問題がニュースでとりあげられています。
あるある!うちの近所にも!と思われた方も多いのではないでしょうか。

朽ちはてた空き家をみても、荒れてご近所に迷惑をかけている庭木を見ても、自分事と感じられない親世代もいらっしゃることでしょう。
悪気はないのですが、自分が住まなくなった時、今の住まいもそうなってしまうはずとはイメージしにくいのでしょう。

自分はまだまだ元気、うちの親はもう少し大丈夫。そう思いたいのは正常性バイアスといって、ごく一般的なことだそうです。
生き延びる知恵なんですね。
それはそれでいいのですが、人生100年時代、そうはいっていられません。

知恵は知恵でも、ほったらかしにしてはいけない、これは正常性バイアスだと思い、対策をとっていくのが、これからの本物の知恵ではないでしょうか。

解体すればいいじゃないといいますが、いくらかかって、だれが負担するのか?

来年の夏は誰が草むしりをするのか?

今庭にある物置の中は、なにがはいっているのか、家族は知っているのか?
5年後誰が住むのか。自分が片付けられないとしたら、誰に頼むのか?

 

空き家のニュースをみて、たんに迷惑、汚いと思うのではなく、20年前に普通の人が暮らしていたかもしれないと思いを巡らし、会話をしていくだけでも随分違います。

日本中が空き家だらけになってしまう。

尊敬していたはずの、一所懸命生きてこられた祖父母の思い出が、大量の物のおかげで、減点されてマイナスイメージしか残らないとしたら、本当に悲しいです。

そうならないために、今、何をしたらいいのかが、重要です。
未来を考えるライフプランを立てることにつながります。

親戚が集まりやすい年末に何を話すといいのか。どうやって切り出したらいいのか。一緒に考えていきましょう。

片付きますように(渡部亜矢)。

しっかり学びたい人、自分で片づけたい人へ実家片づけアドバイザー認定講座▼
 実家が片づく・講師への最短コース

 片付けサービスの詳細はこちらのページをご覧ください。

講座やセミナー講師のご依頼はこちら

実家の片付け方のノウハウ