ストック調味料みっちり収納からおいしい収納へ~スッキリ冷蔵庫~【before→途中経過→after】

40代女性のあるカフェ経営者からの,片付けのご依頼です。
メニューでたまに使うストックの調味料専用の冷蔵庫が,ごちゃごちゃしてしまう・・,すぐに取り出せないというSOSです。

 

みっちりでしたので,下段から徐々に仕分けをしていきました。

 

なるほど,どれもオリジナル,秘伝のモノばかりでした。

毎日使うにもかかわらず,なんとなく増えてしまっているのです。

自分ではどこになにがあるかわかっているようで,忘れているもの,ないと思ってまた作ってしまったタレなど・・いろいろありそうです。

賞味期限切れの心配もなくしたいですね。

いったん出して収納したら,この通り。15分で完成です。

人気のカフェが,ますます注目されそうですね。

片づきますように(渡部亜矢

※三重県の実家片づけアドバイザー磯田由紀子さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

【before→途中→after】男性のおしゃれなウォークインクローゼットを取り戻せ!

美容関係にお勤めの中年男性からの片づけご依頼例です。

「ウォークインクローゼットがごちゃごちゃ」とのSOSです。
確かに,選んで買った好きな服や小物が,こんがらがって,ただ置かれています。

モノだけでなく,こだわりぬいて設計された,広いウォークインクローゼットが,生かされていないようです。

せっかくのおしゃれな服もこれでは台無しですね。

棚ごとに全部モノを出していきながら整理していきました。

ずいぶんきれいになりました。

相当おしゃれが楽しめそうです。
男性はうきうきして,こだわりの服のブランドの話をし始めました。

ここまですっきりすると,男性はもっと片付けたい気持ちになってきたのです。

他の部屋に散らばっている小物を,片付けがすんだウイークインクローゼットに移動させることにしました。

こだわって集めている帽子や,カバンも収納できました。
お出かけのたびにトータルコーディネートできるおしゃれなウォークインクローゼットに大変身です。

片づけで疲れているはずなのに,笑顔になりました。
片づけパワー,恐るべしです!

悩んでいる時間があるのなら,ぜひ一緒に片付けていきましょう。

片づきますように(渡部亜矢)

 

※片づけ掃除・書類整理アドバイザー萩原望さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

コロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

散らかりがちなキッチン【before→after】居間までの動線を片付ける

コロナ禍で,実家片づけアドバイザーの事例がたくさん集まりつつあります。

広い敷地内に住む高齢の親の家が心配というご相談もよく受けます。本日はそんな事例をご紹介します。

関東近県の義理父のキッチンです。
義理母のほうが先にお亡くなりになったので,母屋は一人住まいです。

キッチンから続く居間への動線にごちゃごちゃと続くモノの街道ができています。

お父様一人ではあまり料理をしなくなってしまったため,古いこたつ,保存容器など,使えそうで使わないモノがごちゃごちゃとあります。

居間にはテレビが見えます。テレビの周りはとくに視線が集まる場所。
片付けるときにはテレビまでの動線を片付けると,見た目のスッキリ感は増えますね。

軽トラに廃棄物を運び出すことにし,片付けを進めました。

不要な食器棚なども処分しました。

動線はスッキリは基本ですね。お部屋らしくなりました。

片づきますように。

 

※実家片づけアドバイザー長峰智子さんの事例をもとにプライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザー

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

コロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

Yahoo!ニュース「子供と一緒に生前整理 大事な品をガラクタ扱いされた70代男性の怒り」掲載

おかげさまで,Yahoo!ニュース「子供と一緒に生前整理 大事な品をガラクタ扱いされた70代男性の怒り」に,コメントが掲載されました。

こちら

 

お時間のある方は御覧いただければ幸いです。

 

人気記事ベスト3

いつまで保存?公共料金などの領収書の整理|ファイリング・紙の書類の保管期限

【家庭の書類整理】フォルダとファイルの違いを知ってスッキリ 

【書類整理】介護支援のファイリングは併せワザでうまくいく

講座一覧  メール・お問合わせ認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュールコロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

English page is now available! 英語のページができました。

Thanks to you, we now have a website in English.

There is also an introduction to the Korean version of the book.
We hope you enjoy it.

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Click here for details

 

おかげさまで,英語のページができました。

ご覧いただければ幸いです。

Click here for details 詳細はこちら

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Philosophy

Changing the relationship between things, time, and people through tidying.

We aim to increase people’s satisfaction with life through tidying up their family homes.
We provide easy and safe tidying methods that respond to the changes of the 100-year life cycle.

Aya Watanabe’s book “The Basics of Tidying Up” was published in Korean.
The Korean version was published. (May, 2021)

 

.

Greetings

Have you ever returned home after a long absence to find your home a messy mess in a place where you thought you would feel at ease? Have you ever had such an experience?

There’s something cluttered and uncomfortable about ・・・・.
You’ve been putting it off, thinking, “I’ll get to it.
It’s a good thing I’m not the only one.
However, as a result of procrastination, one day a huge amount of packing will fall on the middle-aged child. ……

This is an example of a common consultation about tidying up the family home.

As a “family home tidying advisor,” I provide consultation to children whose parents are old and worried about tidying up their parents’ home, as well as to their parents themselves for their own living arrangement.
In an aging society with a declining birthrate, it is becoming commonplace for each person to clean up two or three houses, including grandparents’ and uncles’ houses as well as parents’ and in-laws’ houses.

In my courses, children in their seventies sometimes come to learn “elderly tidying” for their parents in their nineties.
It’s no laughing matter.

Every parent-child relationship is different.
Some people become estranged due to circumstances, and after their parents pass away, they decide to renounce their inheritance.

Of course, you can renounce your rights, but the process is time-consuming and you are still responsible for managing the property until it is resolved. In addition, it is a high risk to leave the entire family home unattended.

Also, even though you are estranged from your parents, your relationship with them is different from that of a friend who you don’t have to see if you have a quarrel. Many people weep with regret when they see the large amount of belongings left behind in the empty house after their parents have gone.

What is the need to clean up the family home?
It is to create a system where parents can stay healthy, safe and secure.
The purpose is not to store the house neatly or to make it look like a model room.

Tidying up your parents’ house is not the same as tidying up your own house at your own will.

Psychologically, it can be said to be the most difficult of all tidying up in the sense that you have to proceed with tidying up in a relationship that is not a stranger.
However, the structure of today’s society places a heavy burden on the family.

In a world overflowing with things, the responsibility of owning things also comes into play.
From now on, it will become a new manner of living, like the SDGs, to pass on to the next generation.

We need to aim at tidying up not only for ourselves or for our things, but also for the happiness of ourselves and others.

Just because we are parents and children does not mean that we have to force ourselves to get along.

Tidying up cannot be solved if it is viewed as an extension of household chores, to be done only by family members.
In addition, in the case of “tidying up for the elderly,” it is necessary to have the skills to clean up with the help of others.

In such a situation, our association hopes to help those who are struggling with tidying up, and we offer a special course on “tidying up the family home. Our tidying service aims to be a reliable service that can be used by such families.
Tidying up your parents’ home is a way to look back on your upbringing and history, and to take stock of your life and belongings.

We provide the most common way to clean up your parents’ house while keeping an appropriate distance from them and valuing both your life and theirs.

The program aims to be a gentle know-how for those who are not good at tidying up, so that they can tidy up not only their parents’ house but also their own home.

Why don’t you start with what you can do, together with your friends?
We support you who want to tidy up.

Representative Director Aya Watanabe

認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュール

コロナ禍は「変化に対応できる片づけ術」が決め手!ビフォーアフターあり

ゴールデンウイークに,これで終わりというぐらいスッキリ片づけたい!
と,思っている方も多いことでしょう。

ダイエットに成功したとしても,次の日からバクバク食べて,ゴロゴロしたらどうなるでしょうか。あっという間にリバウンドです。

散らかりも同じ。

リバウンドしたくないと思ったら,片づけたその日から,キープしなければいけないのです。

ましてや,コロナ禍で,必要なモノも,マスクや消毒薬など,常備品が増えました。
働き方も,リモートワークが増え,家族で過ごす時間も,時間帯による世帯人数も変わりました。

モノと人との関係性が変わってきているのです。
それなのに,同じ片づけ方,同じ収納ではうまくいくはずがないのです。片づけにこれが終わり,というのはありません。

人生100年時代,自分も年を取りますが,親も高齢になります。
子どもたちは成長し,自立していきます。

「今までこうだったから」「これで完璧」というのはあり得ないです。

ではどうしたらいいのでしょうか。

このブログやっ講座でお伝えしています。

さしあたり,明日5月1日夜,片づけ掃除教室があります。

片づけ掃除のスペシャル講師,堀内真弓さんのノウハウをzoomで体験できます。

効率よく片づけるコツを学んで,家で片づけ掃除をして過ごしたい方は,お集まりください。

片づきますように。

ビフォー

アフター

詳細はこちら

片づきますように。(渡部亜矢

終活講座「人生100年時代〜モノと思い出をスッキリ!整理のコツ〜」埼玉県伊奈町

終活講座「人生100年時代〜モノと思い出をスッキリ!整理のコツ〜」講師を務めます。

高齢化社会を見据え、地域住民の方々が、「終活」を身近な問題として捉え、自身や家族がよりよい人生を送ることができるよう、「終活」の知識や関心を高めることを目的としています。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって、変更または中止となる場合があります。

日程
1.令和3年3月7日(日曜日)
2.令和3年3月8日(月曜日)
3.令和3年3月9日(火曜日)

いずれも10時15分〜11時45分

場所
埼玉県伊奈町ふれあい福祉センター

講師
一般社団法人 実家片づけ整理協会

菅原康子・長峰智子・渡部亜矢の3人がつとめます。

対象
伊奈町在住の方

片づきますように。

無料講座・イベント講座

講座一覧      スケジュール

プロセスから迫る!母娘で取り組む実家の片づけ 緊急開講

【第28回オフ会】オンライン

プロセスから迫る!母娘で取り組む実家の片づけ

実家の片づけの何が問題で、母娘はなにに悩んでいるのでしょうか。

悩みを解消するヒントを探りましょう。

別居している娘からみた実家の片づけのプロセスを検討します。

11月15日(日)10:00~11:00 最大11:30
講師 実家片づけアドバイザー 渡部亜矢
*サロンメンバー限定企画です。

年末スッキリ!掃除のコツ 11月7日(土)

【第26回オフ会】
11月7日(土)10:00-10:40 最大11時 
年末スッキリ!掃除のコツ
講師 実家片づけアドバイザー
   片づけ掃除アドバイザー 磯田由紀子
掃除のモチベーションを上げましょう。
オンラインサロン限定
詳細はイベント講座のページへ

2020 夏 朝日土地活用セミナー招待講演[主催]朝日新聞社

2020 夏 朝日土地活用セミナー [主催]朝日新聞社メディアビジネス局

土地活用と賃貸経営のリスクとその対策

オンラインセミナーが開催されます。

すでに朝日新聞紙面で告知されております。

東京・大阪・名古屋圏対象

 

招待講演

安心・安全にスッキリさせるコツ
『親子円満!実家の片づけ方』
講師:(一社)実家片づけ整理協会代表理事
実家片づけアドバイザー 渡部亜矢

8月28日金
29日土
30日日
31日月

近年、生活スタイルや家族との関わり方、土地活用や相続対策には様々な変化が生じています。
「土地の有効活用」はこの時勢に安定した収入を確保する手段の一つですが、多様化するニーズやリスクを正しく理解することが必要です。
そこで、今こそ家族のために知っておきたい「土地活用「」賃貸経営「」相続対策」のオンラインセミナーを期間限定で実施します。
専門家に相談できる個別相談会も、ぜひお申し込みください。

相談会も実施! どうぞお気軽に。

●所有している土地で老後の安定収入を得ることができる?
●いずれ相続する実家の土地、売るべき? 活用すべき?
●「あの土地」は賃貸経営に適しているだろうか?
●古いアパートの耐震性が心配……。リフォームか、建て替えか?
●自宅が収入を生む「賃貸併用住宅」って?
●もめない土地の承継・分割などについて知りたい。 など

*8月25日締め切り

お申込み