プロセスから迫る!母娘で取り組む実家の片づけ 緊急開講

【第28回オフ会】オンライン

プロセスから迫る!母娘で取り組む実家の片づけ

実家の片づけの何が問題で、母娘はなにに悩んでいるのでしょうか。

悩みを解消するヒントを探りましょう。

別居している娘からみた実家の片づけのプロセスを検討します。

11月15日(日)10:00~11:00 最大11:30
講師 実家片づけアドバイザー 渡部亜矢
*サロンメンバー限定企画です。

両手の法則で「密」を制す~夏の片づけ②~

暑い夏、いったいどのぐらいの時間、片づけるのがいいのか?という質問をよく受けます。

もちろん体力、家の状況によるので一概にはいえませんが、考え方として、「両手を広げた広さ分」というのをご提案しています。

この広さだと、ちょうど15分ぐらいで見た目がきれいになるからです。

15分でモノの「密」をなくすと、ずいぶんすっきりします。

人はたいがい手を広げた範囲に、使うモノを置いていますので、ここを攻略するのがポイントとなります。

 

ほとんどの方は、手を広げた範囲内のものしか使っていません。

手の届かないものは、使わなくなるか、忘れてしまうことが多いのです。

今ははやりのソーシャルディスタンスと同じ直径2メートル程度ですね。

(「両手の法則」といって本などにも書いていますので、読んでいただければうれしいです)

 

たとえば、椅子にすわって、手の届く範囲の机の上を片付ける、

玄関の手の届く範囲をきれいに整えてみる、

これでだいたいワンクール、15分です。

 

手の届く範囲を多少とびでて、まわりを片づけたり、さっと拭いても、たいがい20分ぐらいです。

これだけででも気分が変わります。

 

もうワンクール、きれいな陣地を広げようかな、と思ったところでやめるのが、

おなか一杯にならず続けられるコツです。

 

15分というのは、NHKラジオの英語とか、学習番組の時間と同じです。
集中できる時間は、こんなものと思った方がいいでしょう。

よくをださず、集中して終わらせましょう。

 

前後に水分補給も忘れずに。

 

今年は帰省せず、ステイホームで片づけているという方が多くいらっしゃるようです。

雑巾がけやちょっとした片付けなどが、こまめな運動につながり健康度もアップ。

コロナの特別な夏を、つつがなく過ごしていけるといいですね。

片付きますように。

 

傘でわかるモノの持ち方|梅雨片づけは、玄関から始めよう

梅雨でも、傘を持たずに気軽に外に行けるのは、ビニール傘という便利で安いモノが売られているのも一因と思います。

これがなかなか丈夫。
壊れなくて、捨てる理由もないなので、ずっと玄関に「あり続ける」場合もあります。

カツオが磯野家を片づける日」という本にも、玄関に鎮座する錆びてひっついてさせないビニール傘が登場します。そんなよくある風景です。

実は、傘を何本持っているか、どのような傘があるのか、ということで、たいていその人のモノのもちかたを類推することができます。

ちなみにですが、わたしはこれまで、マンションやビルなどの室内、地下鉄などを使うことが多く、天気を気にしないで仕事をしていました。
ですから、途中で雨があがると、すぐに傘をどこかにわすれてしまいます。

荷物にもなるので、折り畳みしか持たないことにしていました。

しかしこのところ、コロナの影響で地下鉄をや避けているので、徒歩移動がふえました。

そんな生活スタイルにかわったことで、長い傘も持ってもいいかな、と思い始めているところです。

環境が変わっていけばモノの持ち方もかわります。

重たい折り畳み傘はこの際処分しました。

梅雨片づけは、玄関から始めましょう。

さて、

傘については、下記記事にも、詳しく書いています。ぜひ、参考にしてください。

何本必要?傘から見直す玄関収納

季節をうまく利用して、片付けるのが賢いですね。

 

片付きますように。渡部亜矢


モノの持ち方は人生の変化でかわります。

新しいモノの持ちかたを、仲間と一緒に考えてみませんか。

 

(22日目)脱捨てられネーゼ!「オレンジページ」掲載@紙モノ整理・デジタル情報

在宅ワークがふえて、PCやスマホの画面が画面がジャングル化していませんか。
片づけに困るのは部屋だけではありません。

書類整理もたいへんです。あふれる紙モノに困っていませんか。

普通のモノの片づけとは違った、ちょっとしたコツについて、
「オレンジページ」5月17日号で、書類整理アドバイザーとして、監修させていただきました。

おうち時間・ゴールデンウイークにあわせた企画です。

5ページのイラスト入りでわかりやすくまとまっています。

部屋もコロナもモノも片付きますように。渡部亜矢

 

zoom 無料片づけ相談実施中 
GWのおうち時間に受けてみませんか

 

オンライン講師への近道・書類整理を体系的に学びたい方へ▼

書類整理アドバイザー認定講座

 

ご参考になれば幸いです。▼

新型コロナ感染に関わる緊急事態宣言を受けて
「家時間」充実プロジェクト 1ヶ月片づけ

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

新型コロナで終活が180度変わった~今すぐやりたい書類整理・生前整理~

 

(1日目)まずは宣言、そして「行動変容」~新型コロナ緊急事態宣言を受けて~

(2日目)カーテンを洗う

(3日目)在宅ワークは、部屋のゾーニングから

(4日目)結果が見える!小さな片づけを体感する

(5日目)対流が見える!冷蔵庫の1段整理

(6日目)読みたい順に本を並べる

(7日目)実家と片づけの話をする

(8日目)よい睡眠のために布団に風通し

(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術

(11日目)片付けの話をたくさんしよう

(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」

(13日目)巣ごもり生活を振り返る

(14日目)「何もしない」時間をつくる

(15 日目)キッチンの「密」をなくす!

(16 日目)「密」から「疎」にする片づけ方

(17日目)どうする?帰省できない実家の片づけ

(18日目)蛇口を磨く

(19日目)洗面所の古い化粧品を片付ける

(20日目)お財布の中身を見直す

(21日目)実家の片づけは「両手の法則」で収納する

(22日目)脱捨てられネーゼ!「オレンジページ」掲載@紙モノ整理・デジタル情報

1ヶ月片づけ(4)結果が見える!小さな片づけを体感する@「家時間充実」プロジェクト

心もスッキリさせたい。1ヶ月続く片づけ方のコツをお伝えしていますう。
家の中で過ごす時間を少しでも充実し快適な方向へのシフトをめざします。

4日目は、結果が見える!小さな片づけを体感しようという提案です。

よく講演でもこの話をするのですが、ダイエットや英語の勉強に比べて、実は格段に片づけのほうが簡単な理由があります。

それは、どんなに小さなことでも、片づけをしたら、すぐに結果が目に見えて、すっきり感をえられることです。
良い結果をえると、片づけのモチベーションが続きます。

たとえばテーブルの上に出ているコーヒーカップを流しに移動させてあらう、靴をそろえる、そんなことでも、すぐに結果がでます。

それに比べてダイエットや英会話は、結果がでるのは2-3週間後かもしれません。
いまお菓子をたべるのをがまんしても、すぐに良い効果を実感できないので、つい食べてしまった、勉強をさぼった、という経験がある方も多いと思います。

いま目の前のお菓子を食べるのをがまんして体重計にのっても、数値はほぼかわりません。
たった1回の努力ではだめで、次の日にたくさん食べたらリバウンドしますし、体重計の数値が変わるのは、日々食事のコントロールや運動の努力を積み重ねた継続の先にしか、結果として現れないのです。

逆にモノを捨てたりしまったりすれば、それを目で見て、拭き掃除をしたあとがつるっとすれば手触りで、すっきり感を得ることができますね。

目に見えやすい小さな肯定感を片付けで積み重ねながら、目に見えないウイルスの危機をのりこえていけるといいですね。

清潔感も保てますし、いいことばかりです。

ぜひやってみてほしいと思います。

さて、ここからがポイントです。

今回のが緊急事態宣言による外出自粛は、なにがつらいかというと、感染者の数が減るなどの具体的な結果がわかるのが、2週間ぐらい先だということが大きいかもしれません。

今外出を自粛したことが、いますぐに良くなったという実感が得られないのです。

だから、人によっては、外出自粛のモチベーションを保つのが難しくなるかもしれません。

それでも、命に直結したことなので、私達はやる遂げなければいけないと思います。
命が大事です。

結果がすぐにわかる小さな片づけは、人にポジティブな気持ちを起こす、お金もかからず、簡単なことです。

家族もよろこんでくれることでしょう。
ぜひ自宅時間がふえた今、いっしょに片付けててみませんか。

医療関係者、支えてくださる皆様に感謝いたします。

コロナも、自宅も、実家も、片付きますように。渡部亜矢

心もスッキリ!1ヶ月片づけ(1日目)|まずは宣言、そして「行動変容」~コロナ緊急事態宣言を受けて~

ついに新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言がでました。
最前線で働く皆様、日夜働く多分野の専門家の皆様に感謝しています。

私達ができる最大の協力は、自宅で過ごすことです。

特に今回、緊急事態宣言が発令されたのは、東京をはじめとする大都市です。

圧倒的に、地方と比べて、部屋が狭いのです。
おうち時間を快適に過ごすには、やはり部屋がスッキリしていることが重要になってきます。

部屋がぐじゃぐじゃだと、必要なものの在庫管理ができなくなります。
片付いていれば、例えば、足りている食品を、周りの買い物客に煽られてつい買い込む、なんて悲しいことも減ることでしょう。

在宅ワークも加速しています。

「家にいる時間がないので片付けられない」という言い訳はできない状況になっています。
ZOOMで部屋がうつるので、あわてて片付けたという人もいるでしょう。
もちろんテレワークで家が仕事場になったら、仕事の効率もアップするのは周知のとおりです。

そして、想像したくありませんが、万が一、自分や家族がコロナで寝込む日というのをイメージしてほしいと思います。

体温計、タオル、ティッシュを探し回る体力すらないことでしょう。

・・あれこれ書きましたが、へこたれている時間は、もったいない、いますぐ片付けたほうがいいと思いませんか。

この宣言は、56日までの1ヶ月ということです。
ちょうど30日というのは片付けを習慣化したり、目標を決めて動くのにちょうどいいですね。

この非常時に、一緒に片付けを習慣化する簡単なコツがあります。

まずは、「宣言」することです。

家族にいってみてください。

お一人の方は、手帳に書く、ブログにアップなどでもいいです。

アウトプットするのが重要です。

宣言すると、人はその方向に気持ちが傾いて行動しやすくなります。

宣言の仕方にも、コツがあります。

できるだけ細かく具体的に、片付ける時刻とセットで宣言することです。

たとえば、

「毎日夜9時に、テーブルの上を片付ける。」

と家族にいってみる。
できたら、「ほらできた!」といってみるといいでしょう。

寝る前にかたづけておくと、翌朝、すっきりして朝ごはんの準備ができます。

その他の具体例 ご参考にどうぞ

「朝6時に起きたらすぐに窓をあけて、掃除機をかける」

「朝7時に、家じゅうのゴミを集める」

「昼12時に冷蔵庫を1段拭く」

など、ふだんやっている家事にプラスアルファして習慣化したいちょっとしたことがおすすめです。

口に出したあとは、すぐにとりかかることです。

それが「行動変容」につながり、「習慣化」していきます。

 小さなことを、自分で決めて、毎日同じ時間にやるのが、習慣化への早道です。

ひとりぐらしの人でも、ひとりごととしていってみてもいいし、手帳にチェックしてもいいでしょう。

ツイッターでつぶやいたり、実家の親に、こんなことをしているといってみるのも、いいとおもいます。

時間がある人は、仕事を含めて、理想の一日をとりあえず時系列でかいてみてもいいでしょう。

 

体力、年齢に応じて、ラクができて命が守れる片付けを目指しています。
片づけが苦手な人に向かって発信しています。

せっかくの30日で、片づいた毎日をゲットしましょう。

片付きますように。渡部亜矢

認定講座のページ

 

こんな時だから「好き」「嫌い」「衣替え」の仕分けがベター

ちょうど新型コロナウイルス対策で、家にこもっている間に季節は移ろいました。
桜満開となりましたね。

理由はわかりませんが、去年の新年に書いたコラム「好き」と「欲しい」の仕分けから~服・クローゼット~のアクセスがあがっています。

おそらくですが、家にいる時間がふえた方が、アクセスしていただいているのだと思います。

一般社団法人 実家片づけ整理協会では、衣替えをなるべくしなくてすむクローゼットづくりを推奨しています。

最近は気候変動が大きく、季節に関係なく暑かったり寒かったりします。

ですので、衣替えの決断がしにくかったり、着る服がないからといってすぐに手近に買える服を買いに走ったりする方が多いからです。

働き盛りの忙しいビジネスパーソン、シニア、高齢の方にとって、季節の変わり目の体調管理ば難しいときは、体に負担になります。

なるべく衣替えをしなくてすむように、できるだけ真冬、真夏のものの入れ替え程度になるようかんがえていけるといいでしょう。

人はみえなくなったものは忘れます。

これを機会に、この冬に全く着なかった服を手放したり、本当に好きなのか、ただ欲しかっただけなのかを区別してみてください。

自分自身の気持ちを大事にして、

なんでもいいので、とりあえず3秒でできることをしてみるといいと思います。

3秒迷ったら捨てなくてもいいので、一時保管にしましょう。

詳細は専門家にあずけるとして、出かけようかどうしようかと迷ったら一とりあえず「リスクの低い方」をを選択するのがベターなのも同じようなことかもしれませんね。

世の中の流行りの家具とか、平均値とか、他者基準でなくても、自分の部屋の自分の持ち物ぐらいは自分できめてOKです。

是非一緒にかたづけていきましょう。

迷ったら無料相談もご活用ください。

片付きますように。渡部亜矢

 

コロナ対策支援企画【無料ZOOM片づけ相談】

ZOOM(テレビ会議システム)で片づけ相談に約20分間無料で応じます。

期間 3月31日まで先着10名程度

対象 どなたでも
(PC・スマホ・タブレットにZOOM無料アプリの事前ダウンロードが必要です)

講師

実家片づけ整理協会代表理事 渡部亜矢
実家片づけアドバイザー 菅原康子
実家片づけアドバイザー 三浦真実 ほか

片づけに取り組みたいけれどどこから手をつけたらいいかわからない!
実家の親への切り出し方 など、
お悩み解決のヒントになれば幸いです。

家で過ごす時間が増えているなか、是非一緒に片づけをしていきましょう。

【お申し込み方法】
申込みフォームの備考欄に、ZOOM無料相談希望とお書きのうえ、

・主に相談したい内容(実家か自宅か、誰の部屋か、モノの種類など)

・ご希望の日時(第三希望まで)をご記入ください。

(お電話での受付・相談は受けておりませんので、ご了承ください)

どうぞお気軽にお申し込みください。▼

bn_1

 

 

 

 

年度末・小さなお子さんのいるご家庭も、スッキリ書類整理~当事者ではない親ができること~

確定申告が延長されたり、さまざまな行事が中止となっています。
歴史上はじめてのことが、次々と起こっていますね。

卒業式も中止、あるいは、とりおこなわれても子どもの卒業式に親が出られないということも、全国でおこりましたね。学校生活や卒業式では、あくまでも親は部外者であり、
「不要不急」の存在でしかないということが、明らかになったのではないでしょうか。親ができることって、
子どもがやりたいことができるように適切な距離をとって見守り、環境を整えることかもしれません。(簡単ではないですが。)さて、年度末。
家で時間があるという方は、親子で片づけに取り組みませんか。
書類整理など、いい時期ですね。

やり方がわからないというときは、下記の相談も使えます。

実家片づけアドバイザーが、無料でご相談に応じます。

【無料ZOOM片づけ相談】
コロナ対策支援企画として、3月31日まで先着10名程度募集させていただきます。

家で過ごす時間が長い今、片づけのきっかけにしてくだされば幸いです。

片付きますように。

コロナ対策支援企画【無料ZOOM片づけ相談】

ZOOM(テレビ会議システム)で片づけ相談に約20分間無料で応じます。

期間 3月31日まで先着10名程度

対象 どなたでも
(PC・スマホ・タブレットにZOOM無料アプリの事前ダウンロードが必要です)

講師

実家片づけ整理協会代表理事 渡部亜矢
実家片づけアドバイザー 菅原康子
実家片づけアドバイザー 三浦真実 ほか

片づけに取り組みたいけれどどこから手をつけたらいいかわからない!
実家の親への切り出し方 など、
お悩み解決のヒントになれば幸いです。

家で過ごす時間が増えているなか、是非一緒に片づけをしていきましょう。

【お申し込み方法】
申込みフォームの備考欄に、ZOOM無料相談希望とお書きのうえ、

・主に相談したい内容(実家か自宅か、誰の部屋か、モノの種類など)

・ご希望の日時(第三希望まで)をご記入ください。

(お電話での受付・相談は受けておりませんので、ご了承ください)

どうぞお気軽にお申し込みください。▼

bn_1

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

コロナウイルスの影響で、不要不急の外出は避けるようにとのニュースが続いています。

対策としてイベントや出張の中止があいつぎ、多くの方が必然的に家で過ごす時間が増えています。

テレワーク(在宅勤務)で散らかっていたら、仕事の質が下がりますよね。
やはり仕事の環境は、スッキリしているほうがいいに越したことはないでしょう。

仕事の効率化、つかれているときの癒しという意味でも、これを機会に部屋を片付けるのがベター。

仮に体調がわるくて、クタクタに疲れていても、多少熱があっても、片づけができるぐらい、カンタンな収納になっていることを目指せるといいですね。

体調のいいときにしまえる収納であっても、インフルエンザになったらできないことだと、すぐにリバウンドしてしまいます。

実家片づけ整理協会では、体力がなくてもできるご提案をいつもしています。

片づけが苦手な方にも好評な認識です。

ちょうどいまは、年度末なので、書類整理もおすすめです。
是非一緒にかたづけていきましょう。

さて本日は、テレワーク(在宅勤務)で、テレビ会議となり、憂鬱だったいう方のエピソードをうかがいました。

この方は、テレビ会議で自宅がうつるのがいやだったそうです。
けれども切羽詰まった彼女は、まずは机周りから取り掛かり、次回のテレビ会議に備えているそうです。

いやだったテレビ会議を、片付けるチャンスに反転させた、ポジティブないい例ですね。

体調管理がなによりですが、やはり片づけは重要です。

ピンチをチャンスにして、一緒に片づけていきましょう。

体調の悪い方の回復を心より祈念しております。

最前線で働いている医療や皆様に感謝します。

コロナも、部屋も、片付きますように。

 

 

オンライン講師への近道・書類整理を体系的に学びたい方へ▼

書類整理アドバイザー認定講座

5月28日木 9:00~13:30 ZOOM 開講

こども部屋からオフィスの片づけ、実家、相続まで網羅!

エンディングノート 不要! 終活の前にやるべき毎日の生活のコツをお伝えします。

脱・終活の片づけ術

 

zoom 無料片づけ相談実施中 

 

実家片づけアドバイザー2級認定講座 5月22日金 9時~12時開講

 

新型コロナ感染に関わる緊急事態宣言を受けて、片づけの記事を書きました。
「家時間」充実プロジェクト  30日間で完成する片づけ術です。
ご活用ください。

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

新型コロナで終活が180度変わった~今すぐやりたい片づけ・書類整理・生前整理~

 

(1日目)まずは宣言、そして「行動変容」~新型コロナ緊急事態宣言を受けて~

(2日目)カーテンを洗う

(3日目)在宅ワークは、部屋のゾーニングから

(4日目)結果が見える!小さな片づけを体感する

(5日目)対流が見える!冷蔵庫の1段整理

(6日目)読みたい順に本を並べる

(7日目)実家と片づけの話をする

(8日目)よい睡眠のために布団に風通し

(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術

(11日目)片付けの話をたくさんしよう

(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」

(13日目)巣ごもり生活を振り返る

(14日目)「何もしない」時間をつくる

(15 日目)キッチンの「密」をなくす!

(16 日目)「密」から「疎」にする片づけ方

(17日目)どうする?帰省できない実家の片づけ

(18日目)蛇口を磨く

(19日目)洗面所の古い化粧品を片付ける

(20日目)お財布の中身を見直す

(21日目)実家の片づけは「両手の法則」で収納する

(22日目)脱捨てられネーゼ!「オレンジページ」掲載@紙モノ整理・デジタル情報

(23日目)古いフリースをウエスにチェンジ

(24日目)クーラーのフィルター掃除@「家時間」充実プロジェクト

(25日目)掃除機のダストボックスを家族と替える

(26日目)家族の病歴を確認しておく

(27日目)疎遠だけど大切な人に安否確認メールをする

(28日目)食器の衣替えをする

(29日目)スマホ・PCを軽くする

(30日目)言い訳を捨てる

片づけの基本」モノ・部屋・人間関係・時間 全部スッキリ!

書類整理アドバイザー™ 認定講座 新開講しました

書類整理アドバイザー™ 認定講座が新開講しました。
先日、認定講師育成講座に、3名参加しました。

それぞれが書類整理アドバイザーとして、今月末から活動を開始いたします。

書類整理アドバイザー™認定講座

\人気講座が資格に/(商標登録申請中)
あふれる紙モノ、家庭の書類整理に困っていませんか?
オフィスの机は整っていますか?

実家片づけアドバイザーから生まれた、人生100年時代の超実践・書類整理

ライフイベント対応の「全世代型」「次世代型」片づけ術

エンディングノート不要の整理術(渡部亜矢総監修・マガジンハウスムック「実家の片づけ~親が元気なうちにしておくこと」掲載)

★実家の片づけなどで、エンディングノートにアレルギーのある方にでも安心してご提案できる内容です。

写真の整理(2019年9月産経新聞掲載)・家庭にあふれる紙モノや書類整理・勉強がサクサク進む子どもの習慣術・プリント類・終活・不動産・貴重品・領収書、実家の相続などの重要品の整理、介護書類、空き家対策終活・生前整理・オフィスの机・仕事の作業が進む整理法などに対応。

捨てない・整理しない 書類整理

実家片づけ整理協会だからできる、「次世代型」の整理術です。
PC・スマホ初心者へのご提案も。

約4.5時間(30分程度の昼休憩を含む)

*認定課題レポート提出あり
受講料 25,000 (認定・試験料12,500+講座料12,500)税別
資料代 2.000 税別

■2020年3月2日(月)10:10~14:40 銀座 

お申し込みフォーム