使われていない洗面所をコロナ禍で手を洗いたくなる空間へ【before→after】

ほとんど使っていなくて汚れていた,あるオフィスの片づけ事例です。
コロナ禍で手を洗う回数が何十倍も増えていますから,
ぜひ使えるようにしたいとのご依頼を受けました。

使い切れていない洗剤から仕事道具までいろいろなものが放置されています。
止まった時間のうえにほこりと汚れが積み重なっています。

まずは仕分けをしていきます。ほとんど使っていない洗面所でしたので
捨てるものが多くありました。

あっという間に,こんなにきれいになりました。
手を洗う回数も自然に増えそうですね。

 

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー萩原望さんの事例をもとに構成しました。

 

お近くの全国の実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

仕事のしやすいワークスペース・お客様をお迎えするショップのカウンターづくり【before→after】

最近増えてきているのが,ワークスペースの片づけです。
もともとは自営業で仕事を家でされている方はもちろん,ショップなどを経営されている方も多いことでしょう。

今回は服飾・美容系ショップを経営されているおしゃれな40代の方からのご依頼です。

ぱっと見た感じ,カウンター周りがごちゃついているのがわかります。
お客様からは見えないから散らかっているのかもしれません。
しかし,視線ぞずらして少し斜めからみると,カウンターの裏やカンター周りのモノが乱雑にしまわれているのがわかります。

お客様目線で片付けることを意識していただくことから始めました。
ひとつずつモノを出して確認し,必要なモノだけ収納していきました。

3時間ほどで見違えるようにきれいになりました。

これなら,美容のお悩みもスッキリ解決できそうです。

 

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー萩原望さんの事例をもとに構成しました。

 

お近くの全国の実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

農機具が屋根裏部屋にウン十年堆積…古民家あるあるを片付ける【before→after】

古民家といえるような築年数のある家の片づけの相談をされることがよくあります。
たいてい,ルーツが農家さんで,古い農機具がなぜか屋根裏に置きっぱなしになっていることが多くあります。


どうやってここにあげたのか?

もちろんほぼ梯子のような急な階段を,重たい機具をもってあげたのは確かです。

でも,一度屋根裏にあげてしまったものは,なかなか下におろすということはできなくなることができます。

今回は業者にお願いして処分をしました。

すっきりしました。

 

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー磯田由紀子さんの事例をもとに構成しました。

 

お近くの全国の実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

まるで不要家具の見本市!空き家の土間の動線づくり【before→after】

ご両親が相次いてお亡くなりになり,空き家化した実家が増えています。
時々帰省して草取りをしたり,雨戸をあけて風を通したりいしていましたが,もう限界ということでSOSが実家片づけアドバイザーに届きました。
とある東海地方の,古民家といえるような築80年以上のお宅です。

子世代はほかの地域で暮らしているので,実家は必要ありません。
ただ,売る決心はつかず,賃貸に出そうかと悩んでいるとのこと。

とりあえず片づけから始めたいということでした。
方針が決まらなくても,いずれにしても片づけは必要というのは大正解です。

 

不要な家具の見本市のようになっていた土間から着手することにしました。
針金ハンガー,石油の容器など,放置されていることがわかります。

 

 

片づけの動線が片付くことでモチベーションが上がります。
片づけはまだまだ続きます。

 

※実家片づけアドバイザー磯田由紀子さんの事例をもとに構成しました。

片づきますように(渡部亜矢)。

 

お近くの全国の実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

後回しになりがち…実家の使わなくなった寝室を片付ける【before→after】

ご両親のどちらかが先にお亡くなりになり,一人暮らしの高齢者が増えています。

たとえ親と同居していても,郊外では母屋が離れていて,ほぼ一人暮らしに近い暮らしをしている方も多いですね。

こちらのお宅も,義理母様が先にお亡くなりになったケースです。
広いので,使わなくなったベッドも家具もそのままで何年もたってしまいました。

布団もベッドもタンスの中の着物も湿気を帯びています。


思い切って軽トラで運び出しをし,ベッドや家具も処分。

広々としたお部屋になりました。
何年もあけていなかった窓をあけ,風通しもよくなりました。
親戚やお孫さんも呼べそうですね。

 

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー長峰智子さんの事例をもとに構成しました。

 

お近くの全国の実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

書類整理ファーストステップ~片づけサマースペシャル~

第41回定例オフ会 書類整理ファーストステップ~片づけサマースペシャル~
使い勝手がアップする書類整理について,様々な事例をもとにシェアします。

8月10日(火)19:30~20:30

書類整理アドバイザー認定講師 堀内真弓
書類整理アドバイザー磯田由紀子 今岡瑞穂

対象 自宅と実家の片づけサロンメンバー

片づけへの近道は,なんといってもたくさん片付けの話をすることが大事です。安心できる仲間と,たくさん片付けの話をしましょう。

【オンラインサロン】自宅と実家の片づけサロン

*サロンオフ会とは

オンラインサロン「自宅と実家の片づけサロン」
メンバー専用のオフ会
現在は、月2-3回、オンライン(zoom)で勉強会を開催しています。
全国から参加しています。とても楽しい集まりです。

オンラインサロン(キャンプファイヤー)

 

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

実家の母屋の玄関を玄関らしく【before→after】

母屋で暮らす義理父親さんの玄関の事例です。

義理母親さんが先に亡くなったケースです。

義理父親は,少し間があくとすぐにいろいろなものを置きます。

玄関はやはりきれいなほうがいいという話をして,3時間ほど片付けました。

あっという間にすっきり。

これで風通しのよく夏を過ごせそうです。

 

※実家片づけアドバイザー長峰智子さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

圧縮袋入り・塩漬けの布団を処分する【before→after】

高齢の親御さんが施設に入ってしまい,実質,空き家になっている実家の片づけ事例のご紹介です。

子世代からみると,高齢の親御さんが,もしかしたら帰ってくるときがあるかもしれないという状況は,非常に片づけが難しいのです。

親御さんの意思もはっきりせず,どこから片付けていいのかわからないからです。

勝手に捨ててはよくないのではないかと悩む方もいらっしゃします。

とりあえず使う予定のない,布団から片付けることにしました。

とにもかくにも,片付けでは迷わないモノがから片付けていくことがポイントとなります。
少しでもスペースをあけていと,片付けの判断のスピードが加速されていきます。

使わない布団はたとえきれいな状態でも,湿気でダニやカビの温床になりやすいので注意ですね。
この布団は見かけはきれいでしたが,結局は出番もなく,気が付けば20年近く圧縮されたままでした。

そういう塩漬けの布団の周りには,塩漬けの不用品も多くあります。

今回はまるごと処分となりました。

 

押し入れが空くと,空気が通り,気持ちよくなりますね。

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー磯田由紀子さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

圧巻!使わない12個のお玉がぶら下がる実家の台所を片づける【before→after】

母親が先に亡くなり,長く父親が暮らした実家を片付けている息子さんからのご依頼です。

お父様を引き取ることになり,さしあたりすぐに売ることはないけれども,片付けておきたいとのことでした。

お母様が生前に使っていたキッチン道具が,創意工夫でひっかけ収納をしています。

おそらく5年ぐらいは使われていない12個のお玉もぶらさがったままです。

出窓に並ぶ洗剤も,4種類もありますが,埃をかぶっています。

 

 

使われていない食器棚などは,廃棄物業者にひきとってもらいました。

 

 

 

キッチンがすっきりしたことで,これから先のことを考える気持ちになったとのことでした。

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー堀内真弓さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

困惑!針金ハンガーだらけの廊下→コンパクト収納エリアへ【before→after】

クリーニングでもらえる針金ハンガー。捨てられなくて実家にたまっているという方も多いことでしょう。

こちらは,おそらく30年以上,クリーニングから戻ってきた針金ハンガーを,ずっと捨てることなく,とってありました。
ただでも,もらえるものはとっておくというのが,実家の親御さんのモノの「活用」でした。

衣装ケースやワイヤーラックなども買い足しましていましたが,買っておしまいだったという事例です。

いる・いらないの仕分け,使わないハンガーの処分をしました。

着る服だけを収めることができました。

これなら服もすぐに取り出すことができそうです。

 

片づきますように(渡部亜矢)。

 

※実家片づけアドバイザー堀内真弓さんの事例をもとに,プライバシーに配慮して構成しました。

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼