知っトク!引き出し50%収納の法則

2018年01月12日

引き出し収納についてのお悩みが多いですね。

片づかないと、ほしくなるのが、衣装ケースや箪笥の引き出し収納。
小さいものから大きなものまで。
今は安くて手ごろに買える、おしゃれな物が出回っていますから、「これがあれば片づくのではないか}と、つい思ってしまいます。

・・・ですが、注意してくださいね。

引き出しは、引き出したとしても、「見える化」できるのは、半分、50%です。

奥にしまったものは、いくらきちんとしまってあっても、見えません。

奥にしまっていなくても、「引き出す」という手間、動作が必要ですから、取り出すのは面倒です。

人は見えないものは、忘れてしまうのです。

引き出し50%の法則 と覚えておいてほしいと思います。

そう思えば、引き出しにしまえるのは半分以下になるでしょう。
余裕があるので、しまいやすくもなります。

引き出しを買ったからといって、引き出し容量分、物が片付くわけではないのです。
50%しか片づかないのですから、費用対価、効率がわるいお片付けグッズなのです。

もういちど、買う前によく考えてくださいね。

それから、実家や自宅で眠っている引き出しの中の物を、思い出してみてください。
実は、たいして重要な物は入っていない確率が高いのです。

年始に、物の持ち方、手放し方を、一緒に考えてみませんか。

片付きますように(渡部亜矢)。

しっかり学びたい人、自分で片づけたい人へ 実家片づけアドバイザー認定講座▼

講座やセミナー講師のご依頼はこちら