1. HOME
  2. ブログ
  3. ■実家の片付け整理のコツ
  4. 「捨てる」はイヤだが広くなる

「捨てる」はイヤだが広くなる

3連休はいかがお過ごしでしたか。
コロナ禍なので遠出はせず,片づけに励んだ方も多いことでしょう。
片づけって捨てることですよねと,よく言われます。
結果として捨てることになることが多いですが,捨てることがすべてではありません。
そこに行き着くまでのプロセスや感情の変化があります。
ですから,プロセスの軌跡によってはその先に「捨てない」という選択肢もあるわけです。
「捨てよう」と思っても,つい「もったいない」などの過去の感情が出てくるときがあります。
モノはその人と何かしらの関係性があります。
未来に続く関係性だったら,とっておくという選択肢もでてくるかもしれません。
しかしその多くは,「いつか使うかも」という,捨てなくてもいい理由探しが始まります。
決断の先延ばしともいえるでしょう。
そういうときは,
仮に捨てるとしたら,そのスペースが広くなるということをイメージしてみます。
とっておくメリットと,スペースが広くなるメリットと,どっちが大きいでしょうか。
家賃に換算してみたり,維持するコストを考えてみるのもいいですが,なんといっても広くなります。
コロナ禍で家族の滞在時間が増え,家の中が「密」になっているお宅も多いですね。
少しでも未来のために片付けませんか。
「捨てる」ことは面倒でいやかもしれませんが,確実にその分だけスペースは広くなるのです。
「捨てる」はイヤだが広くなりますね。
未来も広がります。
片づきますように(渡部亜矢)。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)