梅雨こそキッズの思い出品の整理

梅雨こそキッズの思い出品の整理

梅雨の週末は、みなさまどう過ごされていらっしゃるのでしょうか。

衣替えがやっと終わったわが家では、次なるミッションが待っていました…

そのミッションとは…キッズの思い出オーガナイズです…

実は、梅雨の今が、子どもの思い出オーガナイズに一番適した時期だと、私は思っているのです。

夏休みはすぐそこまで迫っています。
7月に入ると、小学生は、ものすごい数の作品を持ち帰ります。

絵、お習字、日記、理科の観察帳、立体彫刻箱、縦に積めない針金工作、木版画、社会の調べもの、作文、日記、目当てを書いた展示物etc.…
持ち帰るのは作品だけではありません。
鍵盤ハーモニカ、習字道具、絵具セット、ミニ賞状、普段持ち帰らない教科書類、道具箱、図工袋、楽譜袋 etc.…
まだまだあります!!
夏休みの宿題類も、結構、場所をとりますので、甘くみると、床に積まれてしまいます。
…ですから、今のうちに、見直しをしているところです。

昨年よりもおととし、おととしよりも数年前というように、年数が経つと、思い入れは随分減っていくことに気がつきます。
少しずつ、保留箱から手放す箱へと旅立っていきました。
無理をしないで、ゆっくりと。
記念撮影も、しっかりと。

7月1週目を目途にオーガナイズを少しずつすすめたいと思っています。

置き場所を決めておいたはずなのに、気が付くと、今はほかのモノで埋まって、空いたところがない!!……ということにならないように。

親子でストレスの少ない夏休みを過ごせるといいですね。

片づきますように。

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

片づけ最新情報とお役立ちブログ