真夏の片付け・今だからできる3つのチェックポイント

真夏の片付け・今だからできる3つのチェックポイント

2016年08月21日

 

帰省して、ふるさとからチャージした人、実家の片づけをした方さまざまいらしたことでしょう。

2学期制の学校、北海道など北の地域では、明日から新学期ですね。

8月最後の週は、9月の新スタートに向けて、大切です。

 

「自然ななりゆき」で「ポジティブに秋を迎える」ことができる、重要なこの時期だからこそやりたい、「夏の片づけ」3つのチェックポイントをまとめました。

今片づけをしていくことで、フレッシュな気分を続けましょう。

o0640042713728729007

「真夏の片づけ」3つのチェックポイント

1 夏のレジャー用品の片づけ

浮輪やキャンプ用品など、夏用のレジャー用品で使ったものの手入れをしてからしまいます。

旅行用品の出しっぱなしは厳禁ですね。

 

逆にこの夏、使わなかったレジャー関連の物は処分しましょう。

子どもの小さくなった水着、2年ぐらい使ってない大きすぎるお弁当箱、使わないスーツケースなど処分はおすすめです。

自宅の収納スペースがたくさんあいて、一石二鳥です。

 

2 今着ていない夏物の服の片づけ

 

夏のトップシーズンに着なかった、タンクトップやワンピースなど、真夏しか着ない服で、今年着なかった服はありませんか。

 

これから涼しくなるので、まず着ることはないでしょう。

洗濯なんかするのはもったいないので、処分できるものは思い切って処分してしまいましょう。

 

3 実家に帰省した人数をチェックして、次回帰省時のプランをイメージ

 

帰省したときの親の様子を思い出しながら、お盆の時期に帰省した人数以上の食器類、座布団、布団など、処分の対象になるものを、絞り込んでいく作業です。

 

次のシルバーウイークに処分することを検討して、次の帰省時の実家の片づけの作戦を練っていければ、実家の片づけの上級者です。

 

2で夏物を処分した方は、処分した服の話を、親御さんにしてみると、刺激を受けると思います。

いつだって、誰だって、刺激を受けるのは、同じフィールドにいる人からなので、効果はあることが多いものですね。

 

 

ちなみにですが、『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』をお買い求めいただいた方には、巻末に読者特典がついています。

ぜひ、本を買ったのにダウンロードしていない方は、はやめのダウンロードをおすすめします。

お片づけのヒントになると思います。

 

片づきますように。(渡部亜矢)

 

片づけのコツがわかる    無料メルマガ登録はこちら

 

9月末まで割引中 片づけサービスのご依頼

【東京9/4日】実家片づけアドバイザー2級講座 カラーアドバイスつき 特別講座

 

【滋賀9/7水】読売新聞主催「知って得する!! 実家の片づけ講座~物とお金の整理術~」

%e5%ae%9f%e5%ae%b6%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%9f%e3%81%a5%e3%81%91%e6%a8%aa-40-1

 

 

 

 

 

 

【埼玉】空き家のリアルを体験!「実家の片づけ」“超実践”問題解決セミナー

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』 SB新書