実家と義理家 片づけが難しいのは?

実家と義理家 片づけが難しいのは?

2015年05月09日

実家の片づけに悩んでいる方も多いですね。
実家と一言でいっても、一般的な一組のご夫婦ですと、自分の実家と、義理の実家と、
2軒の「実家」があります。
両方を片づけるのは、たいへんなことですね。
果たして、実家と義理家、片づけが難しいのはどっちでしょうか。

実は、自分の実家の方が難しいケースが多いのです。
義理の実家ですと、もちろん、ありがちなのが、気が合わないお姑さんなんていうケースもありますので、
たいへんな方も多いのです。
ただ、お互いに他人という前提で話をしますので、気をつかったり、距離をとったりするので、
多少、仲が悪くても、いざとなったら、少しずつ片づけは進んでいることが、多いのです。

また、子世代からみると、自分が暮らしていた家でないことも多く、物への思い入れもあまりないことが多いのです。
そうすると、捨てる作業に迷いが生じることが少ないので、
片づけの作業自体は、精神面での負担は、自分の実家に比べると、少なくて済むのです。

これが自分の実家ですと、親子なので互いに「なんでこんなことわかってくれないのよ」
という気持ちになり、ケンカしてしまいます。
いったんケンカすると、謝ることをしないケースもあり、何年も疎遠になるケースもあるのです。
本音で話して、本音以上のことを言ってしまい、お互い気づいたり、素直になれなかったりすることもあります。

しかも自分の実家は、小さいころ過ごしたところなので、思い出の品が、たっぷりとあります。
とくに捨てられない人にとっては、すべてが大事な物にみえてしまうこともありますから、たいへんです。

近年は少子高齢化がすすみ、たよれるきょうだいもなく、
夫婦でそれぞれの実家を片付けるケースが増えています。

…こんなふうに、いろいろなことが重なり、
自分の実家の片づけに直面し、悩んでいる方が多いのです。

もし、自分の実家の片づけが難しいと感じている方がいらしたら、
それは、本当に難しいことをしているのだと、まずは知るだけでも、
気持ちが軽くなるきっかけになります。

自分の実家と、義理の実家、2種類ある実家の片づけ。
違いとむずかしさを知って、片づけていけるといいですね。


玄関

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ