実家の片付けは、家族のプチ「防災」会話から

実家の片付けは、家族のプチ「防災」会話から

2014年10月06日

天気の悪さを実家片づけのきっかけに!プチ防災「会話」

台風が心配ですね。
東京は、これから台風が接近するということです。
多くの地域で被害に遭われている方々、たいへんな思いをしているのではと
心が痛みます。

まずは、決して無理せず、逃げることや、命を守ることを
最優先することもを、忘れないでください.。
上記の会話のコツも、そんなに深刻でない程度の悪天候で余裕があるときのもの。
身を守ることを第一に過ごしていくのが、最大の原則です。

そのうえで余裕があるのなから、家の中で、ちょっとした片付けに取り組めるといいですね。
家族で「防災目線」になるチャンスです!

きっと、片づけ方もかわってくるでしょう。

「防災につながる片づけ」は、ご高齢者だけでなく、小さなお子さんや、お連れ合いに対しても、
モノを減らすきっかけづくりに役立ちます。
コミュニケーションも楽にすすみます。

たとえば、停電になっても危なくないように、廊下に置いてあるモノをどける、
懐中電灯の置いてある場所を家族で共有する、
床に置きっぱなしの買い物袋をしまう、
……そんな小さなことでも、まったくやらないよりは、100倍いいですね。
講座を受講された皆様は、さっそくご家庭で実践されているかもしれません!

さらに、日頃、なかなか実家に寄り付かない男性でも、
「台風、そっちはどう?」なんて切り出しで、電話をかければ、防災片づけへのアプローチが、スムーズに進みます。
ご実家では、いつもは電話なんかもらえない親御さんほど、喜んでもらえます。
おすすめです!


片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ