時間節約名人になる整理術

時間節約名人になる整理術

2014年04月18日
先日、おうかがいした60代半ばの女性宅でのことです。
とてもいい方なのですが、探し物名人といわれるぐらい、いつも何かを探索しています。
ひとごとではありません…。

身近で大事なモノの整理整頓で時間節約名人に!

この女性、花粉症で、この季節はいつもティッシュが手放せない方です。
わたしも花粉症なので、煩わしい気持ちがよくわかります。
1日に何回、人生で何回、時間にして何分ぐらい鼻をかんでいるのか、想像できません……。

さらに、「鼻をかみたい」と思ってから、実際に鼻をかむまでの間に、
ティッシュを探し回る時間があります。
鼻をかみたい!と思った瞬間に、サッとティッシュで鼻をかんでいたとしたら、
おそらく時間を5分の1以上は節約できるでしょう。

くだらない計算のように感じるかもしれませんが、ちりも積もれば山となります。
サッとティッシュがでてきたほうが、人生の時間を有意義に使った気がしませんか。

この女性は、いつも書類で積み上げられているダイニングテーブルで生活しています。
この日も紙書類の下にティッシュがかくれんぼ。

いざ使いたいときに見つからなくて、お部屋のあちこちから、合計4箱のティッシュが
出てきました。

もったいないのは、時間だけではない

ティッシュを4箱もあけてしますということは、時間だけでなく、空間もふさぎます。

また、この女性は、とても元気なので問題なく探し物ができますが、
とくにご高齢の方が、散らかった部屋で体調が悪いときに探し物をするのは、
躓いたり、転んだりして、とても危険です。
健康を重要なことととらえている、実家の片づけの観点からすると、すぐに解決したいことの1つです。

……いずれにしても、もったいなくて、健康にもよくないことだらけです。

花粉症のこの季節は、ダイニングテーブルの上はティッシュの箱だけあるように
片づけていくプランを考えました。
モチベーションは高いので、うまくいく確率の高いプランです。

花粉症の方は、ぜひ、使いたいときにティッシュが使える生活をしていけるよう
片づけていけるといいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ