家庭の書類整理は“3秒ルール” 手にした瞬間が勝負です

家庭の書類整理は“3秒ルール” 手にした瞬間が勝負です

2013年12月20日

家の中に散らかる書類。特に紙の書類は、悩ましいですね。
そんな困りモノですが、“3秒ルール”=「手にした瞬間」が勝負!
“3秒”で行き先を「判断」すれば、片付きやすくなります。


“3秒ルール”=「手にした瞬間」が勝負!

家には、何もしなくても様々な郵便物やダイレクトメールが、毎日のように届きます。

たとえば、外出先から家に戻ったら、行きつけの美容院から、ダイレクトメールが届いていたとします。
まず封を開けて、中身を出します。
ここで、家に帰ったらすぐに、封を開けるのがポイントです。
少しでも時間をおくと、判断するのが面倒になるからです。

“3秒ルール”=「手にした瞬間」が勝負!です。

“3秒”で「短期保存」or「長期保存」を判断

ダイレクトメールの封を開けたら、美容院のクーポン券がでてきたとします。
クーポンの期限が近いと“3秒”で「判断」すれば、「短期保存」。
その場でお財布にしまいましょう。

クーポン券が1年間有効で、しばらく行く予定がないので、とっておきたいと
“3秒”で「判断」したら、「長期保存」。
次回行くときに、サッと出るように、ファイリングしておきましょう。

そのほかの、不要な広告チラシなどの文書や、開けた後の空の封筒は、その場で捨てるのも、ポイント。
くれぐれも、ダイニングテーブルの上に、置きっぱなしにしないようにしましょう。

郵便物などの紙モノの書類を手にしたら、「短期保存」か、「長期保存」かを、“3秒”で判断するのが、
ポイント! ファイリングを、すぐに実行しやすくなります。

むしろ時間をおくと、判断するのが面倒になってきます。
どんどんテーブルの上や、部屋のあちこちに、紙の書類が、“停滞”してします。

紙の書類の整理が苦手な方でも、この時間をおかないで判断する“3秒ルール”を使えば、
ファイリングへとスムーズに実行できます。試してみてください。

また、保管しておく場所は、ご家庭内のルールで、ある程度はきちんとおきましょう。
各ご家庭内にあったファイリング方法を、日ごろから形にしておけると、いいですね。
(ファイリングの方法は、いろいろあります。このほかのコラムでも随時紹介させていただきます)

即決したほうがラクな書類整理。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ