子ども部屋収納は“圏外”をつくるとうまく片付く!

子ども部屋収納は“圏外”をつくるとうまく片付く!

子ども部屋収納に関しての、片付けの達人から、苦手な方まで、
いろいろな方とお話しをする機会があります。
そのなかで、うまくいったときのコツを、紹介させていただきます。

子どもに任せるエリア=“圏外”

親の目線で子ども部屋を眺めてしまうと、「イライラ」するのが、
普通の親かもしれません^^)

完璧を求めず、
「キチンとしていないのが、子ども部屋の“標準”」と思うぐらいで、
丁度いいのかもしれませんが、なかなかうまくいかないのも、現実。

この「イライラ」をなくすために、
ある程度の年齢になれば、子ども部屋は親の“圏外”と思って
任せられると、楽になります。

そうはいっても、小さいお子さんだと、任せるということ自体、
うまくいきません。

そんなときは、
おもちゃ箱1つでもいいので、小さなエリアを、
親の“圏外”=「任せるスポット」にします。

少し年齢があがったら、机1つを、“圏外”に。
さらに部屋全体へと広げていくと、片付け力アップになります。

そうやって、“圏外”をどんどんふやしていきます。
最終的には、片付けらえるようになってもらいましょう。

“圏外”のルール

“圏外”をつくるときには、最低限のルールを決めるのも
いいですね。

たとえば、
床にモノを置かない
食べ物類は、すぐに処分する
洗濯物は置きっぱなしにしない

など、ご家庭ごとに、いろいろありますね。

子ども部屋のスッキリ片付けへの道は、平坦ではありません^^)
少しずつ、親の“圏外”をふやして、
子どもさんご自身が片付けられるようになれるよう、
楽しみながら片付けていけるといいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ