「ほしいもの」がほしくなくなる?!片付けの極意

「ほしいもの」がほしくなくなる?!片付けの極意

2013年11月08日

ほしいものが、ほしかった頃

「ほしいものが、ほしいわ。」という、
有名なコピーがあります。
糸井重里さんの、西武百貨店の宣伝です。
時は、1988年。

私はこのフレーズを聞くと、
当時よく出かけた、
有楽町マリオンのあたりが浮かんできます。
それぞれの方が、思い出す風景・モノがあることでしょう。

必要なものより、ほしいモノがほしかったバブル時代。
懐かしいですね。

部屋が片付いてくると…

時は廻って、今。
シンプルライフの時代です。

お部屋が片付いてきますと、
なぜか、本当に欲しかったものが見えてきます。

あれほどほしかった、流行の北欧風の家具よりも
畳の部屋でくつろぎたい自分に出会ったりします。

クローゼットを片付けたら、
本当に好きな服がみえてきて、
背伸びしていた自分に気が付いたり。

それまでほしいと思っていたものが、
周りの意見そのまんまだったり、
流行に乗り遅れたくないだけの気持ちの表れだったりするのに
気が付くかもしれません。

そうです、片付いてくると、
何かしらののカタチで、
「ほしいものが、ほしくなくなる」瞬間が訪れます。
そして、本当にほしいモノが見えてくるから、不思議です。

片付けの極意ですね!

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ