「捨て時」と「買い時」の片づけ行動とは

「捨て時」と「買い時」の片づけ行動とは

2013年、2月は目の前。時が経つのは、はやいですね。

モノを買ったり、捨てたりするのは、
「時」と、密接な関係があります。

なにか必要なモノを選んで買った時は、「買い時」。
不要になったモノを捨てたり、手放したりするのは、「捨て時」。


どちらも、その時の自分が選んだ行動の結果、
モノを所有したり、
手放したりしているわけです。

たとえば…。
パーティーに出席するために、必要に迫られて、
新しいワンピースを「買う」という行動をとります。
そして、その後何年かは、
(普段着なくても)クローゼットの中に、
何年も保管している状態だとします。

シミュレーションしてみましょう。

すでに、そのワンピースを着るようなパーティーに行くこともなく、
3年以上経ってしまっていたら…。
服の好みも変わっていたら…。
流行からズレていたら…。

今の自分と、よく擦り合わせて、「捨て時」かな? と、
見直してみましょう。

ほとんど着ていないのに、そのワンピースを
捨てることになったとしても、
それは、モッタイナイことではありません。
真逆。
自分自身が「進化」している証拠。
ポジティブにとらえてOK。

「捨て時」とは、さなぎから脱皮して、蝶になった瞬間です。


つまり、
新しい自分に生まれ変わる時、
行動する時

と言っても、
過言ではありません。

「買い時」「捨て時」を意識して、行動的になることは、
次へのステップを踏み出すこと

頭のどこかに置いて、
整理収納・片付けをして、
生活していけると、素晴らしいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ