実家のリビングの散らかり物の正体

実家のリビングの散らかり物の正体

このお正月に帰省して、なんとなく散らかりが気になった方も
いらしたのではないでしょうか。

実家のリビングは、ありがちな、置きっぱなしの物の「正体」を知り、
片づけていくと、撃退できます。
では、実家のリビングに散らかりがちな、置きっぱなしの物の
「正体」とは何でしょうか。

ずばり、家族の物です。
そんなの、あって当たり前でしょ、って思うかもしれませんね。
でも、違います。

家族といっても、かつて同居していた家族の物です。
たとえば、就職したり、結婚したりして、家を離れた子世代の私物です。
同居していた当時に使っていた文房具や読んでいた雑誌のほか、
1年間に帰省したときに脱ぎっぱなしで帰ってしまったカーディガンなど、
何気ないものです。
何年もそこにあったものだったら、景色のようになっているので、
片づけようなどとは思わないでしょう。

もし、親世代が、使わないなあと思ったとしても、
親世代にしてみれば、子どもの物だから、勝手に捨てられないのです。
つぎに帰省したときに、子世代に向けてこれどうする?と聞くこともなく、
何年もそこに鎮座することになりかねないのです。

こういった、同居していない家族の物を、使わない場所へと移動させて、
本当にそこに住んでいる親世代の物を、使いやすい場所にしまうのが理想です。

では、実際にどうやって片づけていくのかというと、
やはり子世代が中心になるのがポイントです。

1月23日発売の『プロが教える実家の片づけ』でもお伝えしています。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ