板橋「後悔しない『親の家』の片づけ術!カツオが磯野家を片付ける日」10月24日(土曜日)

 

板橋で講演会があります。

お近くの方はお立ち寄りください。

東京都主催

2020年10月24日(土曜日)

東京都空き家フォーラム in 板橋

「後悔しない『親の家』の片づけ術!カツオが磯野家を片付ける日」

講師:渡部 亜矢(実家片づけアドバイザー)

 

開催場所

板橋 グリーンホール2階ホール

午後1時30分から午後2時30分

申込み

ネクスト・アイズ株式会社へ、電話・ファクス・メールで住所・氏名・年齢・電話番号と参加内容、参加人数をご連絡ください。

電話:0120-406-212

新型コロナウィルス感染症対策を徹底し、実施します。

大相談会もあります。

不動産・住宅コンサルタント、税理士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなどが相談に応じます。

片づきますように。

 

 

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並「カツオが磯野家を片づける日」(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

新型コロナ感染症の影響で中止が続いておりました講座が再開しました。

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並
「カツオが磯野家を片づける日」(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

相談会もあります。

消毒など新型コロナ対策を施して開催されます。

お近くの方にお会いできれば幸いです。

 

7/12(日)東京都空き家フォーラム in杉並

(令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業)

7月12日(日) 杉並区共催
13:30~14:30
セミナー2 後悔しない「親の家」の片づけ術!
カツオが磯野家を片付ける日
定員:先着30名様
時間:13:30~14:30
講師:渡部 亜矢(実家片づけアドバイザー)
●開けてビックリ!親の家の問題とは?
●空き家を防ぐにはどうする?

大相談会 専門家と空き家サービス企業が大集結!
大相談会コーナー
随時受付/予約優先
時間:10:00~16:00
A 空き家の維持管理 空き家の見守りサービス相談
B 空き家の売却 今が最後の売り時!1円でも高く売る売却相談
C 空き家の利活用(住む・貸す) 賢く活用するリフォーム・建替え相談
D 権利関係の調整 相続・遺言・成年後見・家族信託相談
E 生前整理と老人ホーム・施設紹介 生前整理、老後の生活設計相談

加費 無料
参加人数 先着各30名様
会場 ワイム
アクセス JR中央線・総武線「荻窪駅」西口徒歩1分
東京メトロ丸の内線「荻窪駅」西口徒歩2分
主催 ●ネクスト・アイズ株式会社
共催 ●杉並区
申込先 https://www.nexteyes.co.jp/event/202003suginami/

 

 

片づきますように。

 

1ヶ月片づけ(13日目)巣ごもり生活を振り返る@「家時間」充実プロジェクト

巣ごもり生活、そろそろあきた、疲れたなどネガティブな話がでてくるかもしれません。

良し悪しは抜きにしまして、いい面を考えてみますと、

通勤時間がなくなった
化粧をしなくてすんだ
カフェに行かずに仕事を家でする習慣ができた

など、意外な面もでてきたかもしれません。

冷蔵庫がからっぽになるのにどのくらいかかるか
家族全員いると、どのくらいの頻度で掃除機をかける必要があるか

片付けや、食事のしたくにどのくらいの手間がかかるか

など、違ってきたこともあると思います。

そんなことを思い浮かべながら、振り返りをしてみるといいかもしれません。
やりたいことができる時間がつくれるために、片付けをすすむといいですね。

コロナも実家も自宅も片付きますように。渡部亜矢

新型コロナ緊急事態宣言前後から、新型コロナ感染防止を念頭にした片付け術の話のリンク集をつくりました。

こちらもご参考になれば幸いです。▼

新型コロナ感染に関わる緊急事態宣言を受けて
「家時間」充実プロジェクト

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

新型コロナで終活が180度変わった~今すぐやりたい書類整理・生前整理~

 

(1日目)まずは宣言、そして「行動変容」~新型コロナ緊急事態宣言を受けて~

(2日目)カーテンを洗う

(3日目)在宅ワークは、部屋のゾーニングから

(4日目)結果が見える!小さな片づけを体感する

(5日目)対流が見える!冷蔵庫の1段整理

(6日目)読みたい順に本を並べる

(7日目)実家と片づけの話をする

(8日目)よい睡眠のために布団に風通し

(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術

(11日目)片付けの話をたくさんしよう

(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」

 

1か月片づけ(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術@「家時間」充実プロジェクト

1 とにかく片づけておこう

在宅ワークが世の中のスタンダートになりました。
仕事効率がはかどる≒整った環境がある という意味で、片づけが注目されています。

今、価値観がまったく違う軸へと動いています。

「不要不急」なコト、モノをなくし、できるだけ命に近い基準で選んでいくスキルに変容しているのです。

新型コロナは、元気でも、知らないうちに感染している可能性があります。
他の人にうつさないのが標準です。

感染がはっきりしても、すぐに入院できなかったり、軽症者受け入れのホテルがいっぱいだったりするかもしれないですね。
自宅療養が許されることも考えられます。

病院から帰宅してフラフラな状態で、モノにつまずく危険もあります。
家の中はかたづけておいたほうがいいでしょう。

2 「不要不急をなくす」がスタンダードに

家の中に散らかっているもののかなりのものが、コロナ時代では、不要不急グッズであるという気づきに直面しています。

昨日は、スーツケース1個分の荷物で、ホテルで暮らす荷物について書きました。

その「地続き」として、「不要不急」をキーワードに、部屋の片づけをもういちどみなおしてみましょう。

家のなかでは、優先順位をつけるのが苦手な方も、もっていけるものがスーツケース1つ分だと思えば、案外、取捨選択しやすくなります。

オンラインで代用されている学校の授業、テレワークでなくなった通勤時間も、朝のリアル会議のような会社のルーティンワークも、実は不要不急だったという事実と私達は向き合っています。

いろいろな変化を受け入れることから行動変容が始まっています。

3 自分スタンダートでモノやコトを選ぶ
~大切なことがクリアに見える時代~

逆に不要不急というキーワードのうらで、大切なもの、必要ななことが見えてきました。

発熱してから、荷物をまとめたり片付けるのはたいへんです。
余裕のあるうちに、しておくのが理想です。

入院やホテル暮らしとなったら、子どもやペットの世話は誰に頼むかも、決めておくのも必要です。
そして、実家に電話して、入院用セットをつくった、部屋を片付けたという話をしてみてください。
親御さんの刺激になると思います。

不要不急グッズを棚卸して、捨てる、使い切るなどしていきましょう。

でも本当に大切なのは、コロナにかかわらず、「自分スタンダート」でモノやコトを選ぶということです。

元気な高齢者に一番大切なのは、ひきこもるよりも、安全に運動する方向は選択肢となりますね。

これまでいかにたくさんの買い物をしていたのかも確認できるかもしれません。

本当に大切な人が誰で、その人を守るために何ができるのかも見えてきました。

やることはたくさんありそうですね。

もともと、実家片づけ整理協会では、キレイな収納ワザよりも命に近い、健康スタンダードな片づけ方をお伝えしていました。
この時代に、中身がますます集約されつつあります。

ポジティブに考えれば、いままで当たり前にしていた日常の中に埋もれていて、見えていなかったもの、大切なこと、必要なことがクリアに浮かんできています。

この瞬間も、支えてくださっている皆様、医療関係者に感謝します。

コロナも自宅も片付きますように。渡部亜矢

 

「書類整理アドバイザー™」認定講座

人生を守る!書類整理 人気講座が資格になりました。

先が見えない、お葬式が出せない時代に、書類の整理をしておきませんか。

【エンディングノート不要】の自宅整理法です。

・どうする?公共料金の領収書

・災害時にも安心! 気になる相続対策に必須!

・家庭にあふれる紙モノ

・勉強がサクサク進む子どもの習慣術・プリント類

・介護書類・終活・不動産・PC・スマホ・貴重品に対応した、超実践講座!

詳細は認定講座のページ▼

 

緊急事態宣言下の片づけ(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

「2週間のホテル暮らし」。
去年の今頃このフレーズを聞けば、殆どの方は、南の島などで過ごす優雅なゴールデンウイークをイメージしていたと思います。
しかし全国に出された緊急事態宣言によって、今はまったく意味が違います。

1 ホテル暮らしのイメージ化

軽症や症状のない人の新型コロナ感染の方のホテルでの受け入れがスタートしています。

「家族が感染したら、家の中をゾーニングして、できれば洗面所トイレの共用を避けましょう」という報道がありました。

正論ではありますが、都心のマンションぐらしでは、豪邸でない限り、洗面所やトイレを共用しないというのは難しいでしょう。
そうなると、家族と離れてホテルにはいることができれば、安心ですし、現実的なことでしょう。

発熱してから、荷物をまとめたり片付けるのはたいへんです。

何を持っていくか、まずはイメージトレーニングからスタートです。

以下は片付けの立場からの記事です。
実際にはいられた方や医療関係者様の内容ではないので、ご参考にお願いします。
適宜状況に応じてご用意くださいね。

2 具体的な持ち物は?

平常時の入院だったら、パジャマやタオルなどは病院のレンタルがありますが、
そういったものがないと仮定して、着替え・身の回りの生活用品・入院生活に必要な荷物は用意しておいたほうがいいでしょう。

買い物など外出はままならないでしょうから、マスク、常備薬、お薬手帳、室内履き、ティッシュやタオル、洗面道具。洗濯物を入れるビニールやエコバック、眼鏡、コンタクトと洗浄液、補聴器、入れ歯と洗浄液、糸ようじや歯間ブラシ、アレルギー食など。

免許証などの身分証明書、保険証や当座の現金、頼りになる人の連絡先一覧など、色々考えられます。

軽症で過ごせるのなら、気分転換になるような、好きな飲み物、読み物、趣味のものも必要でしょう。

私の場合はいつも使っているパソコン、iPad  とその周辺機器、充電器関係はそのまま持っていきたいです。
以前、検査入院したときに、延長コードをもっていって重宝したので、今回もスーツケースに入れておきました。

モバイルWi-Fiは、環境によって使えるかどうかわかりませんので、kindleやpdf  に読みたいものを整理しておこうと思っています。

そのほか、個人的に細かいところでは、普段使いのハンドクリーム。
在宅家族で家事仕事がふえ、さらに手洗いを何度もしているので、かさかさだからです。
美容院にも行けないので、ピン留めも必須です。

女性だったらパックとか化粧品はそれぞれこだわりがありますね。
香りを感じない症状もあるといいますが、私はお気に入りの全身洗えるラベンダーのソープも持っていこうと思っています。

男性なら、髭剃りは必須かもしれません。

人によっては、ペットや子どもの写真などの癒しグッズももっていくといいでしょう。

忘れがちなのが、手書きのメモやペン。薬などのチェックや病状を書いたり、伝言に必要です。

(追記:
4月19日のNHK19時のニュースによると、洗濯は部屋の中でするということでした。
手洗いになるかもしれないので、洗剤、干すための洗濯バサミ、洗濯ロープかひも?などあったほうがいいかもしれません。
着替えの服も乾きやすく、タオルなども、薄手で乾きやすいものがあるといいかもしれないですね)

 

入院やホテル暮らしになったら、子どもやペットの世話は誰に頼むかも、決めておくのも必要です。
入院している間、食事はどうするのか。誰がつくるのか。

・・・こんなふうに、自分が手元におきたいもの、大切にしているモノ、人、つながりなど、考えつつ、持っていけるものってなんだろうとイメージして足していけるといいですね。

そのほか、ホテルで必要なものは、そのうちに報道になるかもしれません。
アンテナをはっておきましょう。

とにもかくにも、余裕のあるうちに、しておくのが理想です。

やることはたくさんありそうですね。

支えてくださっている皆様、医療関係者に感謝します。

コロナも自宅も片付きますように。渡部亜矢

 

zoom 期間限定 片づけ無料相談

 

1ヶ月片づけ(6日目)読みたい順に本を並べる@「家時間充実」プロジェクト

新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言がでてから、家にこもることになりました。

家時間がふえている今、こんなときだからこそ、ぜひ、本の整理にとりくんでみましょう。

1 収納ではなく、読みたい順に並べる

本好きな人は、本の整理ができないということ以前に、読みたい本を読む時間がないことにいらいらします。
これまで積ん読状態から脱するチャンスです。

私のようにもともと人見知り系で、家にいることが苦にならないタイプで、しかも正々堂々とこもって本が読める環境というのは、ポジティブなフェーズとも言えるのですから。

さて、本の整理は、もちろん色別とかサイズ別とか、いろんな並べ方・収納法がありますね。

私が読書好きな人におすすめしているのは、読みたい順に並べる方法です。
収納という考え方とちょっと違います。
書評にでていたからとか、仕事で読みたくないけど必要、というものもあるかもしれませんが、

そういった価値観はいったんおいておいて、自分ファーストな本棚にしてほしいと思います。

自分の読みたいものにこだわって並べて、そしてゆっくり読むことは、自分をいやすことなりますね。

コロナをきっかけに、自分の価値観、優先順位づけを、本の整理を通してしてみてください。

(詳しくは「片づけの基本」に書きました)

2 電子ブックに馴染む

新刊が読みたいという方は、あいにく、多くの図書館や書店も、緊急事態宣言で休みにはいっているところが多く、残念んに思っている方も多いかもしれません。

これを機会に、Kindleなどの電子ブックに慣れるのもおすすめです。

私はいまほとんどの本をKindleで読んでいます。慣れると、すごく楽です。
iPadとスマホとPCから検索もできて、本の整理もしなくてすみます。

わからない単語はすぐに調べることができます。そして
読みたいと思ったらすぐに購入して、1分後には読むことができます。

なんといっても、外出するリスクを減らせます。

家にいる状態で新刊が読める電子ブックは、なかなかいいです。

私達はコロナの危機で、テレビ会議にすぐに馴染むことができるのですから、
電子ブックもすぐに慣れる方が多いと思います。

AmazonのPrimeに入っている方は、Kindle Unlimited で相当読めます。

そう入ってもやっぱり紙という方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん紙の本のよさは、もと出版社で編集をしていたこともあるので、とてもわかります。

電子ブックには紙の手触りのような質感はありません。
けれども、文字の大きさ、画面の明るさなどを自分でカスタマイズできます。
著者や出版社でなく読む側で決められるのです。
これはこれで面白いなあと思っています。

さらに聴く本(Audbile)も試してみるのもいいでしょう。
図表やイラストの多い本には向きませんが、ラジオのように聴きながら家事ができます。

既存の紙の本とは別モノとして、臨機応変に取り入れることで、新しい世界が広がると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若干前に書いたものですが、下記コラムもご参考にしてください。

【Q&A13】本だけは捨てられません。片づける方法はありますか?

【Q&A40】捨てられない!困った男親の収集癖・本や雑誌で床が抜けそうです。

医療関係者、生活を支えてくださる方に感謝します。

コロナも部屋も、片付きますように。渡部亜矢

 

 

心もスッキリ!1ヶ月片づけ(1日目)|まずは宣言、そして「行動変容」~コロナ緊急事態宣言を受けて~

ついに新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言がでました。
最前線で働く皆様、日夜働く多分野の専門家の皆様に感謝しています。

私達ができる最大の協力は、自宅で過ごすことです。

特に今回、緊急事態宣言が発令されたのは、東京をはじめとする大都市です。

圧倒的に、地方と比べて、部屋が狭いのです。
おうち時間を快適に過ごすには、やはり部屋がスッキリしていることが重要になってきます。

部屋がぐじゃぐじゃだと、必要なものの在庫管理ができなくなります。
片付いていれば、例えば、足りている食品を、周りの買い物客に煽られてつい買い込む、なんて悲しいことも減ることでしょう。

在宅ワークも加速しています。

「家にいる時間がないので片付けられない」という言い訳はできない状況になっています。
ZOOMで部屋がうつるので、あわてて片付けたという人もいるでしょう。
もちろんテレワークで家が仕事場になったら、仕事の効率もアップするのは周知のとおりです。

そして、想像したくありませんが、万が一、自分や家族がコロナで寝込む日というのをイメージしてほしいと思います。

体温計、タオル、ティッシュを探し回る体力すらないことでしょう。

・・あれこれ書きましたが、へこたれている時間は、もったいない、いますぐ片付けたほうがいいと思いませんか。

この宣言は、56日までの1ヶ月ということです。
ちょうど30日というのは片付けを習慣化したり、目標を決めて動くのにちょうどいいですね。

この非常時に、一緒に片付けを習慣化する簡単なコツがあります。

まずは、「宣言」することです。

家族にいってみてください。

お一人の方は、手帳に書く、ブログにアップなどでもいいです。

アウトプットするのが重要です。

宣言すると、人はその方向に気持ちが傾いて行動しやすくなります。

宣言の仕方にも、コツがあります。

できるだけ細かく具体的に、片付ける時刻とセットで宣言することです。

たとえば、

「毎日夜9時に、テーブルの上を片付ける。」

と家族にいってみる。
できたら、「ほらできた!」といってみるといいでしょう。

寝る前にかたづけておくと、翌朝、すっきりして朝ごはんの準備ができます。

その他の具体例 ご参考にどうぞ

「朝6時に起きたらすぐに窓をあけて、掃除機をかける」

「朝7時に、家じゅうのゴミを集める」

「昼12時に冷蔵庫を1段拭く」

など、ふだんやっている家事にプラスアルファして習慣化したいちょっとしたことがおすすめです。

口に出したあとは、すぐにとりかかることです。

それが「行動変容」につながり、「習慣化」していきます。

 小さなことを、自分で決めて、毎日同じ時間にやるのが、習慣化への早道です。

ひとりぐらしの人でも、ひとりごととしていってみてもいいし、手帳にチェックしてもいいでしょう。

ツイッターでつぶやいたり、実家の親に、こんなことをしているといってみるのも、いいとおもいます。

時間がある人は、仕事を含めて、理想の一日をとりあえず時系列でかいてみてもいいでしょう。

 

体力、年齢に応じて、ラクができて命が守れる片付けを目指しています。
片づけが苦手な人に向かって発信しています。

せっかくの30日で、片づいた毎日をゲットしましょう。

片付きますように。渡部亜矢

認定講座のページ

 

年度末・小さなお子さんのいるご家庭も、スッキリ書類整理~当事者ではない親ができること~

確定申告が延長されたり、さまざまな行事が中止となっています。
歴史上はじめてのことが、次々と起こっていますね。

卒業式も中止、あるいは、とりおこなわれても子どもの卒業式に親が出られないということも、全国でおこりましたね。学校生活や卒業式では、あくまでも親は部外者であり、
「不要不急」の存在でしかないということが、明らかになったのではないでしょうか。親ができることって、
子どもがやりたいことができるように適切な距離をとって見守り、環境を整えることかもしれません。(簡単ではないですが。)さて、年度末。
家で時間があるという方は、親子で片づけに取り組みませんか。
書類整理など、いい時期ですね。

やり方がわからないというときは、下記の相談も使えます。

実家片づけアドバイザーが、無料でご相談に応じます。

【無料ZOOM片づけ相談】
コロナ対策支援企画として、3月31日まで先着10名程度募集させていただきます。

家で過ごす時間が長い今、片づけのきっかけにしてくだされば幸いです。

片付きますように。

コロナ対策支援企画【無料ZOOM片づけ相談】

ZOOM(テレビ会議システム)で片づけ相談に約20分間無料で応じます。

期間 3月31日まで先着10名程度

対象 どなたでも
(PC・スマホ・タブレットにZOOM無料アプリの事前ダウンロードが必要です)

講師

実家片づけ整理協会代表理事 渡部亜矢
実家片づけアドバイザー 菅原康子
実家片づけアドバイザー 三浦真実 ほか

片づけに取り組みたいけれどどこから手をつけたらいいかわからない!
実家の親への切り出し方 など、
お悩み解決のヒントになれば幸いです。

家で過ごす時間が増えているなか、是非一緒に片づけをしていきましょう。

【お申し込み方法】
申込みフォームの備考欄に、ZOOM無料相談希望とお書きのうえ、

・主に相談したい内容(実家か自宅か、誰の部屋か、モノの種類など)

・ご希望の日時(第三希望まで)をご記入ください。

(お電話での受付・相談は受けておりませんので、ご了承ください)

どうぞお気軽にお申し込みください。▼

bn_1

今年こそサクセス!今からやる年末片づけ・大掃除

遠い方、忙しい方のためのオンラインサロン
「自宅と実家の片づけサロン」
~第8回 オフ会「片づけ行動シェア会」~
今年こそサクセス!今からやる年末片づけ・大掃除

10月18日金 12時~14時 (メンバー限定)
スペシャルランチ会 (和食系・銀座1丁目)
参加費 ランチ代実費 (ご自分のお食事代を当日御支払いください。2,000前後)
講師 中里昭文 長峰智子 菅原康子 船木麻里予定
*メンバー以外で参加希望の方は、10月4日までにお問い合わせください。

*過去のオフ会の様子はこちら

*サロンオフ会とは

オンラインサロン「自宅と実家の片づけサロン」 
メンバー専用のオフ会です。月に1回、東京で開催されています。
ふだんはオンライン(FB)で、片づけの話や疑問点などを話し合っています。
クローズドなので、安心して片付けの話ができます。

①一般的な無料講座では「物足りない!」と思っている方、質問したい方、スキルアップしたい方
初心者の方も、安心して聴くことができます。

②安心して学び合える環境
お互いに高め合うためには、信頼できる友人、継続して学べる場が必要です。
ググっただけでは得られない、生の情報をお伝えします。

③本当に片づけたい方向けのリアルなオフ会講座
1年ぐらい出席していただければ、家全体を片付けられる知識を得られます。
安い単行本1冊程度の料金で、2-3時間の密度の高い講座に参加できます。
質問自由、講師体験もできます。
ラクに片づけを継続して学び、身につく環境です。

・1200/月(税込)のクラウドファンディング方式です。
・メンバーになった方には、講座の資料をダウンロードできます(当日)。
・当日参加できないメンバ-は、動画で視聴できます。
・メンバーは、オンライン参加もできます。
・入会及び退会は自由です。

申し込み・詳細はこちら▼

「自宅と実家の片づけサロン」 CAMPFIRE 

 

片付きますように(渡部亜矢)。

消費生活研修会「少子高齢化時代の自宅・実家整理」~介護や相続であわてないために~文京区

おかげさまで、文京区消費生活研修会で講師をすることになりました。

お近くの方にお会いできれば幸いです。

【東京文京区】消費生活研修会
ライフスタイルに小さな変化をおこそう
「少子高齢化時代の自宅・実家整理」~介護や相続であわてないために~

日時 令和元年9月3日(火曜日)午後2時から午後4時まで

講師 一般社団法人 実家片づけ整理協会 代表理事 渡部亜矢
対象 区内在住・在勤・在学の方
定員 30人(申込順・定員になり次第締切)
会場 文京区産業とくらしプラザ研修室(文京シビックセンター地下2階)
費用 無料
申込  電話で文京区消費生活センターまで(電話番号03-5803-1105)

片付きますように。渡部亜矢