事例研究:親が施設入居中の実家(空き家)の片づけ~第42回定例オフ会無事終了~ 

第42回定例オフ会 事例研究:親が施設入居中の実家(空き家)の片づけが。
9月14日(火)に行われました。

親御さんが施設入居中で実家が空き家になっている事例検討会です。
モノがたまった状態の空き家がどうなるか?

〇年ぶりの現場の再依頼で,親御さんと子世代の状況は変わります。
片づけの対応はいかにしていくのかもあわせて,メンバーで話し合いました。

高齢の親がいる方に必要な知識をシェアしスキルアップを図りました。

実家の片づけは,子世代が思っているよりも半歩先に行った方がうまくいくケースがよくあります。

 

みなさんで活発な意見をシェアしました!!

私たちに何ができるか,研究を進めています。

ご参加いただいたみなさまありがとうございました。

片づきますように。(渡部亜矢)

 

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

実家片づけアドバイザー®は「習慣化」よりも「脱・習慣化」をめざす

一般的に片づけた状態を保つには,「習慣にする」ことが必要といわれることが多いですね。
実家片づけアドバイザーの特徴はむしろ,習慣化よりも「脱・習慣化」をめざしています。

「脱・習慣化」については過去にHPに何度か書いておりますが,ポイントを復習させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

片づけが習慣化しないというのは,何かしらの無理が生じており,理由があって続かないのです。
それは片づけをする時間がない,物理的にできないなどの環境が要因になっていることもあります。
そもそも片づけが嫌い,ということもあります。

人は,自分が好きなことなら,誰からも強制されず,手帳に書かなくても,忘れずに率先してやります。

ですから,苦手な片づけを続けようと思ったら,ごく自然にできるように環境を整えたり,
好きになることが必要です。

環境を整えたり,好きになる方法については,長くなるのでまた後日,HPに書かせていただきます。

片付きますように(渡部亜矢

 

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

実家片づけアドバイザー®は「アドバイスをしないアドバイザー」をめざす

実家片づけアドバイザーの仕事は,片づけのスキルとお伝えし,サポートすることです。

もちろん専門家としての知識を求められているので,お客様の求めに応じまして,いろいろなお話をさせてただきます。

けれども,実家片づけアドバイザーは,基本的には,「アドバイスをしないアドバイザー」でありながら,結果的にアドバイスとなるような働きをしています。

なぜでしょうか。

 

それは,クライエントの方が,より生活が快適に,より豊かになるように,

ご自身の力で考え,気づき,行動するようにサポートをしているからです。

直接的なアドバイス,すなわち,答えをぱっと言うことでは,お客様が納得されません。時にはただの意見の押し付けになってしまいます。それでは,一時的に片付いても,まったく意味がないと考えています。

これは実家片づけアドバイザーの大きな特徴のひとつです。

活動するには,とても高度な知識とテクニックが必要です。
ネットなどでは流れていない,あるいは書籍などを読んでも理解が難しく,複雑です。

私たちはオンラインサロンや心理学などを活用し,日々勉強を重ねています。

アドバイザーが自分の持っている知識の披露だけを行ったら,それは単なる自己満足のための仕事になってしまいます。日々研究が大事であると捉えています。渡部が日本心理学会で発表させていただいた,実家の片づけを通した親子関係などもその活動の一部です。

ちなみに…,アイキャッチ画像は,実家片づけアドバイザーの皆さんが,ある現場でアドバイスを極力しないで一緒に片づけを行った際の,ガッツポーズです。
やりきった達成感であふれているのが見て取れる最高のショットです。

「アドバイスをしないアドバイザー」の内容は,まだまだたくさんあります。長くなるので,後日紹介してまいります。

 

片付きますように(渡部亜矢

 

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

コロナ禍・防災につながる片づけ「3つのみる」

先日は,9月1日は防災の日ということで,防災につながる片づけ講座を,企業の組合員様向けに講演をさせていただきました。ご参加いただいた皆様,ありがとうございました。

コロナ禍ということで,オンラインでの講座でした。

最近は豪雨や地震などオールシーズン対策が必要です。

とくにコロナ禍では在宅避難が中心となりますから
自宅の片づけはマストです。

片づけは最大の防災対策ですね。

最近,下記のタイトルのブログのアクセスがあがっています。

防災につながる片づけは 3つの「みる」が決め手!

お時間ある方は御覧いただければ幸いです。

 

片付きますように(渡部亜矢

 

防災につながる片づけ目次

 

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

実家片づけアドバイザー®は「インスタ映え」を目指さない

私たち実家片づけアドバイザーの特徴は,実は「インスタ映え」をめざしていないことです。
むしろ「インスタ萎え」のほうに共感して仕事をしています。

片づけの仕事をしている人はたくさんいますが,おそらく私たちぐらいでしょう。

なぜなら,実家片づけアドバイザーは,
ビフォーアフターの結果よりも,プロセスを重視するからです。

プロセスこそ,片づけの神髄です。

忙しい方,時間のない方,高齢者や,周りからの手助け(ケア)が必要な方の片づけのサポートを手掛けている実家片づけアドバイザーの鉄則です。

お住まいの方の便利さ,使い勝手,こだわりから,できる限りの安全性を考えて片づけをしていきます。

こんなおしゃれでないモノを置いたらカッコ悪いな,色がそろっていないなと思っても,よほど命に直接的に関わるとか,安全性に問題がある場合を除き,ご依頼主様や,ご実家のお父様,お母様のご意向を尊重します。

お客様が納得しながらモノを選び片付けていくプロセスを踏むことで,リバウンドを防ぐことになります。

そうすると,時にはインスタ映えどころか,「インスタ萎え」するようなafterになることもあるのは,当然のことですね。

素敵なインテリア雑誌に出てくるようなafterでなくても,お客様には喜んでもらえます。

時には涙を見せて感動してくださる方も多くいらっしゃいます。

もちろん,実家片づけ整理協会の「片づけのコツ」サイトにあるように,わかりやすいビフォーアフターもたくさん事例があります。
もちろん,わかりやすく片づけをお伝えするときに,ビフォーアフターは必要だからです。

それ以上に,あまり見栄えがしないビフォーアフターもたくさんあります

それでも,住む人の物語(ストーリー)が存在しているから,生き生きとした片づけの事例となっているのです。

実際の生活では,周りからみればきれいでなくても,その人の生活や身の丈のafterであれば十分な時があるからです。

それは人にとって,掛け替えのないものです。

時には,片付いた後に,インテリア雑誌にでてこないような普通のお部屋でも,
ご依頼主は涙を見せて喜んでいただけることもあるのは,そのせいです。

実家片づけアドバイザーは,目に見えない「心」と,「命」を守る安全性を大切にしているのです。

プロセス重視の片づけです。

モノではなく,人のための片づけを推進しています。

ぜひ一緒に片付けましょう。

片付きますように。(渡部亜矢)

 

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
(当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

書類整理ファーストステップ~片づけサマースペシャル~

第41回定例オフ会 書類整理ファーストステップ~片づけサマースペシャル~
使い勝手がアップする書類整理について,様々な事例をもとにシェアします。

8月10日(火)19:30~20:30

書類整理アドバイザー認定講師 堀内真弓
書類整理アドバイザー磯田由紀子 今岡瑞穂

対象 自宅と実家の片づけサロンメンバー

片づけへの近道は,なんといってもたくさん片付けの話をすることが大事です。安心できる仲間と,たくさん片付けの話をしましょう。

【オンラインサロン】自宅と実家の片づけサロン

*サロンオフ会とは

オンラインサロン「自宅と実家の片づけサロン」
メンバー専用のオフ会
現在は、月2-3回、オンライン(zoom)で勉強会を開催しています。
全国から参加しています。とても楽しい集まりです。

オンラインサロン(キャンプファイヤー)

 

お近くの実家片づけアドバイザーはこちら

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

講座一覧 講座お申し込みフォーム メール・お問合わせ 電話・お問合わせ スケジュール メールマガジン登録 よくあるご質問 オンライン・サロン 片づけサービスのご案内 執筆のご依頼

人生100年時代とは「1日10分の探し物で1年分の人生を損する」のと同じかもしれない話

7月13日(火)は,第40回定例オフ会 ~コロナ禍対応~片づけ掃除について,実家片づけアドバイザーの菅原康子さんの話をうかがいました。

コロナ禍でチェックしたい簡単な片づけ掃除のポイントの学びの時間となりました。

メンバーで盛り上がった話です。

1日10分探し物をすると,1週間で70分,1か月で5時間,1年で60時間=3日(寝ないで),20歳から100歳まで探し物し続けたら,なんと240日(寝ないで)となります。

寝る時間をひけば,軽く1年超えるでしょう。

人生100年時代とは,「1日10分の探し物で1年分の人生を損する」だったことに,メンバーで盛り上がりました。

(もちろんこれはざっとした計算ですので,目安として受け止めてください。)

もちろん100歳になると,探し物どころか,片づけなんかするつもりがない,体力がないということになるでしょうから,それ以前に自分が管理できる量に片付けていくことが必要になりますね。

探し物で人生を短くしてしまうなんて。いずれにしても,もったいない話ですよね。

時間は命です。大切に使うためにも,片付けは重要です。

 

今回のオフ会では,睡眠の大切さもシェアしました。

片づけでつながる人生の大切な話。語り合えるメンバーがいることに感謝しています。

 

片づきますように。渡部亜矢

 

全国の実家片づけアドバイザー

 

事例いろいろ↓
片づけビフォーアフター記事一覧はこちら

 

コロナ禍に関わる片付け記事一覧片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

 

 

認定講座及びイベント講座の再開についてのお知らせ

緊急事態宣言発令に伴い、認定講座及びイベント講座の開催を一部縮小させていただいておりましたが、段階的に再開させていただく運びとなりました。

受講者の皆さまに了解を得て行います。

少人数でさらなる感染予防の強化をして開催いたします。

状況に応じて講座によっては延期、またはオンラインに振り替えることもございます。

地域によっても状況が違いますので、お手数ですがその都度ご確認ください。

開講リクエストは、お問合せフォームより承ります。

会場の都合で時間が変更されることがございます。

ご理解のうえよろしくお願いします。

 

~受講者のみなさまへ~

・体調不良の方は、無理をなさらずに講師に連絡してご欠席ください。
・ご自宅で必ず検温し、平熱であることをご確認ください。
・会場でアルコール除菌等、手洗いや咳エチケットにご協力ください。
・受講中はマスクの着用をお願いいたします。

 

講座一覧  メール・お問合わせ

認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュール

コロナ禍に関わる片付け記事一覧

片づけのコツ お役立ち情報の目次ができました。
片づけbefore→after Q&A実家の片づけお悩み解決 家庭の書類整理 コロナ禍の片づけ ニューノーマルな暮らし 他多数

English page is now available! 英語のページができました。

Thanks to you, we now have a website in English.

There is also an introduction to the Korean version of the book.
We hope you enjoy it.

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Click here for details

 

おかげさまで,英語のページができました。

ご覧いただければ幸いです。

Click here for details 詳細はこちら

Japan Association for Tidying and Organizing Family Homes

Philosophy

Changing the relationship between things, time, and people through tidying.

We aim to increase people’s satisfaction with life through tidying up their family homes.
We provide easy and safe tidying methods that respond to the changes of the 100-year life cycle.

Aya Watanabe’s book “The Basics of Tidying Up” was published in Korean.
The Korean version was published. (May, 2021)

 

.

Greetings

Have you ever returned home after a long absence to find your home a messy mess in a place where you thought you would feel at ease? Have you ever had such an experience?

There’s something cluttered and uncomfortable about ・・・・.
You’ve been putting it off, thinking, “I’ll get to it.
It’s a good thing I’m not the only one.
However, as a result of procrastination, one day a huge amount of packing will fall on the middle-aged child. ……

This is an example of a common consultation about tidying up the family home.

As a “family home tidying advisor,” I provide consultation to children whose parents are old and worried about tidying up their parents’ home, as well as to their parents themselves for their own living arrangement.
In an aging society with a declining birthrate, it is becoming commonplace for each person to clean up two or three houses, including grandparents’ and uncles’ houses as well as parents’ and in-laws’ houses.

In my courses, children in their seventies sometimes come to learn “elderly tidying” for their parents in their nineties.
It’s no laughing matter.

Every parent-child relationship is different.
Some people become estranged due to circumstances, and after their parents pass away, they decide to renounce their inheritance.

Of course, you can renounce your rights, but the process is time-consuming and you are still responsible for managing the property until it is resolved. In addition, it is a high risk to leave the entire family home unattended.

Also, even though you are estranged from your parents, your relationship with them is different from that of a friend who you don’t have to see if you have a quarrel. Many people weep with regret when they see the large amount of belongings left behind in the empty house after their parents have gone.

What is the need to clean up the family home?
It is to create a system where parents can stay healthy, safe and secure.
The purpose is not to store the house neatly or to make it look like a model room.

Tidying up your parents’ house is not the same as tidying up your own house at your own will.

Psychologically, it can be said to be the most difficult of all tidying up in the sense that you have to proceed with tidying up in a relationship that is not a stranger.
However, the structure of today’s society places a heavy burden on the family.

In a world overflowing with things, the responsibility of owning things also comes into play.
From now on, it will become a new manner of living, like the SDGs, to pass on to the next generation.

We need to aim at tidying up not only for ourselves or for our things, but also for the happiness of ourselves and others.

Just because we are parents and children does not mean that we have to force ourselves to get along.

Tidying up cannot be solved if it is viewed as an extension of household chores, to be done only by family members.
In addition, in the case of “tidying up for the elderly,” it is necessary to have the skills to clean up with the help of others.

In such a situation, our association hopes to help those who are struggling with tidying up, and we offer a special course on “tidying up the family home. Our tidying service aims to be a reliable service that can be used by such families.
Tidying up your parents’ home is a way to look back on your upbringing and history, and to take stock of your life and belongings.

We provide the most common way to clean up your parents’ house while keeping an appropriate distance from them and valuing both your life and theirs.

The program aims to be a gentle know-how for those who are not good at tidying up, so that they can tidy up not only their parents’ house but also their own home.

Why don’t you start with what you can do, together with your friends?
We support you who want to tidy up.

Representative Director Aya Watanabe

認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュール

お役立ち情報目次ページ完成!片づけbefore→after Q&A実家の片づけetc.

片づけお役立ち情報の目次が完成しました。

片づけbefore→after Q&A実家の片づけ ニューノーマルな暮らし 書類整理 etc.

ぜひのぞいてみてください。

目次はこちら

 

 

認定講座のご案内      実家片づけアドバイザー2級    実家片づけアドバイザー1級・2級 同時取得    書類整理アドバイザー      片づけ掃除アドバイザー      スケジュール