『住宅』どうする?!実家・親の家「備えあれば憂いなし!家族で取り組む実家の片づけ~実家片づけアドバイザー」寄稿

2018年10月05日

おかげさまで、日本住宅協会『住宅』2018年9月号の特集「どうする?!実家・親の家」に、「備えあれば憂いなし!家族で取り組む実家の片づけ~実家片づけアドバイザー」を寄稿させていただきました。

多くの人が高齢の「親の家をどうするか」という問題を抱えており、郊外戸建持家は「終の棲家」になるとは限らず、自らの住宅取得と親の家の問題が重なることも多いという問題提起をされています。

「この問題に対する総合的分析に続き、先駆的に取り組んでいる公益法人、民間企業、市民団体の試み」として、書かせていただきました。

専門的な雑誌となりますが、興味のある方は図書館などで御覧くださればうれしいです。

日本住宅協会『住宅』67号
2018年9月号 特集「どうする?!実家・親の家」

 目次

実家のご近所継承
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授 大月 敏雄

地方都市の既存住宅地における家・土地の更新実態について-鳥取県鳥取市を事例に-
東京大学大学院工学系研究科 坂本 慧介

新たな相談体制「住生活ナビ」の試行について
一般財団法人住まいづくりナビセンター事務局長・住まいナビグループ長 青木 千枝子

不動産のプロが導く、実家活用術~皆が幸せになるための道標~
価値住宅㈱代表取締役 高橋 正典

備えあれば憂いなし!家族で取り組む実家の片づけ
~実家片づけアドバイザー~
  一般社団法人実家片づけ整理協会 代表理事 渡部 亜矢

ライフプランニングで「終のすみか」を考える
FPリフレッシュ事務所 代表 岡本 典子

実家・親の家について、一人一人が最適解を見出すために
一般財団法人住まいづくりナビセンター ナビゲーター
/一級建築士事務所㈱住まいと街設計事務所 代表取締役 川道 恵子

“すままちプラザ”を拠点とした住情報交流と空き家相談
一般財団法人島根県建築住宅センター理事長 吉田 恭之

ミサワホームにおける空き家対策の取り組み
ミサワホーム㈱カスタマーサポート推進部オーナーサポート企画課 長石 正章

親の家どうする?オヤイエラボの取り組み
アモルファス住生活研究室/コーディネーター&マーケター 原 久子

既存住宅流通・リフォーム市場の活性化に向けた施策の状況
~インスペクション・安心R住宅制度等を中心に~
国土交通省住宅局住宅生産課住宅瑕疵担保対策室企画専門官 杉浦 美奈

 

このような素晴らしい方々と掲載されましたことに感謝いたします。

片づきますように(渡部亜矢)。

本気で片づけを学び続けたい方に
実家片づけアドバイザー認定講座

緊急でもあきらめないで! 御電話でのご相談無料
2時間 10,000~

講座やセミナー講師のご依頼はこちら