1ヶ月片づけ(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」@「家時間」充実プロジェクト

テレワークがふえて新たな「家時間」問題が浮上しています。

先日の記事で部屋の場所ごとのゾーニングの話をかきました。
今回は、部屋を使う時間のゾーニングの話です。

悪気はなくとも、ZOOM会議の時間帯に家族がプライバシー全開で話しかけてくる、なんてことは、十分考えられるわけです。(実際におきていますね)

リビングなど、リモートで部屋を使用する時間帯は、オフィスの会議室のように予約制にするといいでしょう。
家の「時間ゾーニング」です。

お昼はやめにする、遅めにするというスケジュールとともに、この時間はママの会議でリビングを使うなどあれば予約するといいでしょう。

今日は月曜なので、在宅ワークの方は、1週間の大体の会議の予定など家族で話してみるのもいいでしょう。

場所だけでなく、人もセットで考えます。
リビングでリモート会議するときは、その人の時間も使えないことになります。

小さなお子さんがいる方は、その間、誰かが面倒をみることになります。

仕事時間、プライベート時間、遊ぶ時間など区切るということです。

たとえZOOM会議がなくても、話しかけないでほしいという集中したい時間を「ゾーニング」するのもいいでしょう。

三度三度の食事でつかれているママさんには元気をチャージする時間帯にもなります。

簡単にいうとメリハリでしょうか。

案外、家族といっしょに家にこもっている方は、一人の時間がとれていない可能性がありますね。

話しかけ方にもポイントがあります。

「今から1時間、自分の部屋からでてこないで」「お部屋に入ってこないで」とただおこるのはNG。

たとえば「○時から営業の会議があるから、静かにしていてほしい」「○時から会議だから、ご飯は早めに食べおわってね」と理由と対策をセットにすると納得感も増します。

予約することで、「聞いてないよ」という言い訳もなくなります。

場所と人の「時間ゾーニング」。

いちばん散らかりやすい、乱れやすいのは時間かもしれません。

みんなで少しずつやっていけるといいですね。

 

コロナも、自宅も実家も、片付きますように。渡部亜矢

 

zoom 期間限定 片づけ無料相談

 

エンディングノート不要 不要不急の整理術

【長野県岡谷市】「みんなで考える実家片付け~親世代、子世代、男女~」

おかげさまで、長野県岡谷市で講演をすることになりました。

お近くの方にお会いできれば幸いです。

【長野県岡谷市】「みんなで考える実家片付け~親世代、子世代、男女~」

「家のことは妻にまかせっきりで、大事な書類がどこにあるのかわからない」

「家や家財の処分は夫や息子の許可がないと・・・」

少子高齢化社会は「子どもが高齢の親と長い間過ごす時代」でもあります。

3世代同居の経験が多い親世代と違い、核家族として独立した家を持つ人も多い働き盛り世代にとって、仕事や育児、介護などと並行して行う「実家の片づけ」の負担は、社会問題になりつつあります。

年末の大そうじをきっかけに、親世代も子世代も、男女共に、みんなで取り組んでみませんか?

日時 12月11日(水)11時~12時30分
講師 渡部亜矢(実家片づけアドバイザー、(一社)実家片づけ整理協会代表理事)

会場 長野県男女共同参画センター❝あいとぴあ❞(岡谷市長地権現町4-11-51)受講料無料(託児も無料)
定員40名(先着順)
申込方法 電話(026-255-3135)、FAX(026-255-5541)
申込締切 12月4日(水)

新刊 11月28日発売!

片づけの基本

「いい葬儀」空き家問題対策にも!専門家に聞いた実家の上手な片づけ方 親子で終活

おかげさまで、「いい葬儀」サイトに、
空き家問題対策にも!専門家に聞いた実家の上手な片づけ方 親子で終活

が掲載されました。

https://www.e-sogi.com/guide/25558/

 

お時間のある方はご覧いただけるとうれしいです。

片付きますように。渡部亜矢


~遠い方、忙しい方のためのオンラインサロン~
「自宅と実家の片づけサロン」
サロン未加入の方も、初回は無料体験できます(先着数名程度)
~第4
回 オフ会「片づけ行動シェア会」体験講座~

月9日(日13:00~16:00 渋谷
シェア1「自然栽培野菜って何?~保存から調理・片づけまで~」八木裕子
シェア2「知って安心!介護保険と片づけのヒント」須藤芳則

自宅と実家の片づけ 最近の動向メンバーシェア

*過去のオフ会の様子はこちら

体験申込みフォーム(備考欄にサロン体験とお書きください)

不用品の処分②一般ごみとして捨てるVS. 業者に頼む【片づけ365日】vol.2

不用品の処分②一般ごみとして捨てるVS .業者に頼む

一般ごみとして出すのは、分別が面倒で日にちが決まっていて面倒。まとめて出したいけどお金がかかるし、どこが安全な業者さんかわからない。そんな相談をよく受けます。

不用品は、粗大ごみや日々のごみとして出していくのが一番安全です。
家庭内から出たごみは、自治体の決められた日に決められた方法で出すのが原則です。

業者さんに任せるのは、細かい分別をしなくていいので、時間がないときにはとても便利ですが、人件費や運搬費などのコストが上乗せされるので、それなりの費用がかかります。

ところがそのコストをかけたくないために、安い業者に出すと、不法投棄されてしまうことがあります。
分別さえしっかりしておけば、不法投棄される心配は減りますが、現実には全部をチェックできる時間や人手がないからこそ業者に任せることになります。

細かい分別をする時間がないために、個人情報が書かれたものが流出する可能性は否めません。

また、よく軽トラで、「なんでも引き取ります」と回っている業者さんもいますが、安全とはいえない場合があります。
重たい大きなゴミをお願いしたら、玄関先から軽トラまでの運搬料をとられた高齢者もいらっしゃいました。
悪質な場合は、上記の免許を持っていない事業者さんの可能性がありますので、注意しましょう。

どうしても時間的コストや、子世代が実家と離れていて、まとめて処分したい場合は、各自治体の清掃課(クリーンセンターなど、自治体によって呼び名が違いますので、代表電話やインターネットで確認してください)に、一般廃棄物(ごみ)収集運搬許可業者(家庭系)を教えてもらうといいでしょう。

さらにいうと、業者さんの中には、家電リサイクル対象品の収集運搬ができる業者さんと、できない業者さんがいますので、出すゴミがなんであるかを、よく把握してから自治体に問い合わせたほうが、スムーズになります。

家電リサイクル法対象となっている4製品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)の処分は、もとのお店に聞いたり、自治体にきいてみたりするのが基本です。

新しい家電で価値のあるものは、買取をしてくれる場合もありますので、調べてみるといいかもしれません。
おおむね5年以内のものだったら、型番やメーカー、大きさなどをメモをしてから電話してみると、およその金額を教えてくれる業者さんが多いです。

大きな箪笥は、ほぼ買い取ってもらえないケースが多く、業者さんでもコストがかかるので、それなりの料金がかかりますが、たとえば相模原市では粗大ごみとして出したもののうち状態の良いものはリユース家具として扱ってもらえることもあります。
自治体によっては、大きな家具を高齢などで家の外に出せない場合は、福祉ふれあい収集などという名称や、シルバー人材センターなどえ相談に乗ってくれる場合もあります。
あきらめずに、安い方法がないか、問い合わせてみましょう。

モノは買うよりも、処分するほうが手間がかかります。

最後まで丁寧に使う、買うときは、手放すときまでイメージして買うというのが、片づけにともなう、新しいマナーとなっていくことでしょう。

まずは日々の暮らしの中で片づけるコツをつかみ、部屋を安全にしていくことにお金や人手をかけると、将来、まとめてごみ処分にかけるお金を減らすことができます。

節税対策や安モノを買うよりも、うんと低コストで、今の暮らしをよりよく、安心安全にすることができます。

健康に暮らすことが何よりの節約となり、生活の質を上げることができます。

ぜひ、暮らしをよくする片付けを、人生100年時代のライフプランに組み入れてみてくださいね。

片付きますように(渡部亜矢)。

人生100年時代の暮らしの専門家
実家片づけアドバイザー認定講座▼

講座やセミナー講師のご依頼はこちら

収納セミナー リビング・子ども部屋・服・キッチン|東京都大田区

おかげさまで、収納セミナーの講師をさせていただきました。
会場は、東京都大田区蒲田のニッセイアロマスクエアです。

テーマは「収納」。
リビング・子ども部屋・服・キッチンとジャンル別で、具体的な内容です。

新年度にあたって、リフレッシュな気持ちでスタートできるお手伝いをさせていただきました。

当日は二部構成で、第1部はリビング、子ども部屋、第2部は、服・キッチンの収納のコツをお伝えしました。

若い赤ちゃん連れのお母さんから30~40代前後の女性にお集まりいただきました。

桜の便りも届き、衣替え、お子さんの卒入園など、忙しい時期ですが、片付けに向き合う季節だからこそ知っておくことで、お得感があったことと思います。

実家片づけ整理協会の活動にも、たくさんの方に興味を持っていただきました。

新年度スタートに向けて、実家片づけアドバイザーも活発に活動してまいります。

片付きますように(渡部亜矢)。

人生100年時代の暮らしの専門家
実家片づけアドバイザー認定講座▼

講座やセミナー講師のご依頼はこちら

 

 

昔は義理家、今「実家」の片付け~少子高齢化で板挟み。何からどうする?~

おおまかにいうと、昔はいわゆる「嫁ぎ先」の義理家に女性は思いっきり影響を受けていました。ここ数年顕著になってきたと感じるのは、自分の家は自分で片づける、つまり夫さんは夫アさんの実家を、妻は妻の実家にかかわる時間を持つという人が増えてきたようです。もちろん、少子高齢化社会の到来で、両方という人が増えているのですが、時間の制約上、優先順位として実家とならざるを得ないです。

実際私の知り合いの中にも、共働きなのでお盆休みはそれぞれの実家にばらばらで帰省するという人が珍しくはありません。

実家の片づけとなると、忙しい現役世代については、限られた貴重な休日ですから、夫婦それぞれの実家をそれぞれが担当して片づけるということになります。家制度がうすれたということもありますが、優先順位としては自然の流れです。

義理家の場合は、お嫁さんといわれる人の立場からみると、義理家には夫のように気持ちは入っていません。実は業者と同じような他人目線で、物をサクサク片づけることができるのです。

物の片付けは業者に任せればお金で解決できますが、おしゅうとめさんの気持ちはお金では買えませんから、そこで悩んでいるといったことが多いのです。結局は物の片付けよりも気持ちの片付けのほうが面倒なのです。

あなたの片付けの悩みは、実は物のかたづけでなく、おしゅうとめさんとの関係かもしれないので、ここは夫さんを全面に出てもらうのが王道ですね。

ちょっとした資産価値のあるご実家ですと、かえって付き合いのない親戚がなどがちゃちゃを入れてくることもありますから、話が面倒になってきます。

そんなときは冷静に名義がどうなっているか確認することからはじめてください。案外、古い登記のままで、所有者お思い違いや祖父母の代の未登記物件も2割ぐらいあるという政府の調査もあります。家族といってもお嫁さんはあくまでも「外様」。義理家の情報は、都合のいいことしか耳に入らないこともありますので、ここは冷静になって事実確認からはじめてみてください。

物の片付け、登記などの事実確認、感情の整理と分けて片づけていくのが、実家の片づけのコツです。

義理家、実家、両方に共通するコツですが、かえって義理家のほうが感情と物の片付けを区別しやすいかもしれません。

片付けに悩む時間を減らして、大事なあなたの時間を、好きなことに使えるためにも、義理家さんの問題は冷静にとらえていくことがポイントになりますね。

片づきますように(渡部亜矢

親にどう切り出す? どこから手を付ける?
実家の片づけお役立ち情報サイトはこちら

無料メルマガ登録  片付く情報・講座情報をお届けします

  夜間・緊急土日コースもあります
 実家が片づく認定講座・講師への最短コース

【before→after現場ルポ】快適な寝室へ!実家片づけアドバイザー片づけサービス

おかげさまで、片づけのご依頼が増えてきました。

先日うかがった東京23区内の1戸建て住宅の事例を紹介させていただきます。
日ごろは共働きで忙しく、お子さんお二人と、同居のお母さまという三世代のご家族の、8畳のお部屋のお片づけをさせていただきました。
実家片づけアドバイザー4名、ご依頼者女性と同居のお母さま、途中からお子さん二人も加わり、総勢8名での片付けとなりました。

床に出ている物の仕分けをしながら、押し入れ兼クローゼットをいったん出して、本当に必要な物だけをしまっていきます。

ここのお宅にもありました! 服の片付けでお困りの方に必ずといていいほどある、買い足したパイプハンガー!


お部屋をせまくしているだけでなく、地震のときに倒れてきそうで危険なので、片づけることにしました。
クローゼットを整のえるだけで、きれいに収まりました。


お子さんのゲーム類は、これまでほとんど動きのなかった押入れの収納ボックスに、きれいに収まりました。
お母さまも、ご自分の着物や時計などの小物類を、「いる・いらない」の判断をしてくださいました。

小学生の息子さんも、元気に参加していただきました。


ママが「これはいるんじゃないかしら」と別にしてあった、刀やピストルのおもちゃも、
「もうこれバイバイする」
といってをいさぎよくゴミ袋へ。
親が考えるいる物と、お子さんのいる物は違うんですよね。自分でいる物が決まれば、きちんとしまえます。

ご家族が、ひとつひとつ納得して仕分けをしてくださいました。
だんだん床が見えてきました。

きょうだい共有の本棚もスッキリ!

これなら、大事な本もすぐにみつかります。


最後の仕上げです。
無造作に入れられていた、タンスの中の洋服たちにとりかかります。


いったん出して、アドバイザーがきれいにたたみます。


さすがに実家片づけアドバイザーは、たたむのはお手のもの。
あっというまにきれいに引き出しに収まりました。


たった2時間の作業で、こんなにすっきり。
今日は家族で並んで、気持ちよく寝られると、たいそう喜んでいただきました。
ご依頼主様に「気持ちいいです!こんなにはやく片づくのなら、もっとはやく頼めばよかった!」といっていただきました。
さらに「つぎの粗大ごみで〇〇を捨てる」「この納戸状態の部屋を片付けて、将来子ども部屋にしたい」
など、次々と片づけの計画や、将来の希望をおっしゃっていただきました。
片づけのやる気に火が付いたようですね。

押入れもスッキリ。

お客様は、「このスッキリ感を多くの方に知ってもらえて、この事例が多くの方のお役にたてるのなら・・」とおっしゃって、写真アップをご了承くださいました。
ありがとうございます。
仕事が忙しかったり、子育てや介護で忙しい人は多いのですが、なかなかSOSが出せないものです。
SOSを出す余裕すらないこともあります。
多くの方が、片づけに悩まず、本当にやりたいことに専念できる環境づくりをめざしてまいります。

実家片づけアドバイザーからは、「楽しかった~」という感想がきかれました。
お客様から元気をいただいたひとときとなりました。
ご依頼主様、ご家族様、ありがとうございました。

どうぞ暮らしやすく、片づきますように(渡部亜矢)。

■効率よく片づけたい方・片付けが苦手な方に 片づけサービス 2時間~

■実家片づけアドバイザー認定講座  アドバイザーとして活躍したい方へ

親の家・実家の片づけ|目次まとめ 

片づけ整理ロジック・実家・収納
■Q&A 親の家の片づけお悩み解決
■空き家・社会のトピック
■キッチン収納     ■リビング収納    ■服・クローゼット収納
■お金の片づけ・相続   ■ 防災につながる片づけ
■家庭の書類整理・ファイリング
■物の持ち方・手放し方
■コミュニケーション・モチベーション
■高齢者・ゴミ屋敷化    ■子ども部屋・プリント
■セミナー講座情報   ■メディア掲載  ■片づかない話
■講師・アドバイザーの仕事術
■片づけ実践 before→after

湘南T-SITE d-labo 「春に向けて!生活グッズが片づく部屋づくりのヒント ~洋服からキッチン、書類まで~」

おかげさまで、「春に向けて!生活グッズが片づく部屋づくりのヒント ~洋服からキッチン、書類まで~」をさせていただきました。
「春に向けて!」というテーマの通り、今回も、おしゃれで、あか抜けていて、それでいて穏やかな湘南の皆様にお会いでき、ほっとする一日を過ごすことができました。
おっとりと穏やかながらも、真剣にうなずいて、最後まで聞いて下さいました。
藤沢市辻堂の湘南T-SITE d-labo様の講座は、静岡のd-labo様とあわせると、もう6回目となります。
藤沢市の消費者センターを併せると、藤沢市内で開講させていただくのも7回目、4~500名様の方に受けていただいていることになります。ありがたいです。今回も満席となりうれしい限りでした。

次回、3月にも、書類整理のセミナーを、同じく湘南T-SITE d-labo様でさせていただきます。
こちらはワークショップなので、少人数となりますが、すでに定員を超えたそうです。
ありがとうございます。

お陽様もほっこりして、あたたたかさが身に沁みた一日となりました。

ご受講いただいたみなさま、御世話になっておりますスルガ銀行の皆さま、ご関係のみなさま、ありがとうございました。
またまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

片づきますように(渡部亜矢)。

片づけ無料相談あります

■効率よく片づけたい方・片付けが苦手な方に 片づけサービス 2時間~
■実家片づけアドバイザー認定講座

実家の片付け入門書▼
『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』 

親の家・実家の片づけ|目次まとめ 

片づけ整理ロジック・実家・収納
■Q&A 親の家の片づけお悩み解決
■空き家・社会のトピック
■キッチン収納     ■リビング収納    ■服・クローゼット収納
■お金の片づけ・相続   ■ 防災につながる片づけ
■家庭の書類整理・ファイリング
■物の持ち方・手放し方
■コミュニケーション・モチベーション
■高齢者・ゴミ屋敷化    ■子ども部屋・プリント
■セミナー講座情報   ■メディア掲載  ■片づかない話
■講師・アドバイザーの仕事術
■片づけ実践 before→after

毎日新聞にも記事掲載・片づけ集中講座|無料おおた11/27効率のよい片づけ方

毎日新聞に掲載!片づけ集中講座 開催  無料

効率的に片づけをということで、おかげさまで、毎日新聞の東京版11月19日朝刊にも掲載されました。

毎日新聞をとっている方は、ぜひご覧ください。

 

今年こそ、スッキリ片づけたいあなたへ

①年末でもあわてない!即決・カンタン片づけ術 10:30~11:30

②勉強が進む!子どもの片づけ習慣術 午後1:30~2:30

第7回 おおた住まいづくりフェア 11月27日(日)

 

希望者に個別相談つき チェックシートプレゼント 先着100名 申し込み不要

会場その他詳細はこちら

 

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

%e6%af%8e%e6%97%a5%e8%a8%98%e4%ba%8b

各メディアに詳細記事掲載下記にも詳しくアップされています。

東京新聞に掲載

共同通信社

YAHOO!ニュース

excite.ニュース

アメーバニュース

OVO

Infoseek 楽天NEWS

BIGLOBEニュース

 

親子で、ご家族でお越しください  (実家片づけ整理協会の実家片づけアドバイザー一同)

%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%9f%e5%8c%ba%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e5%8c%ba%e5%86%85%e9%85%8d%e5%b8%83%e7%94%a8jpeg

 

その他のイベント講座はこちら

湘南・藤沢でリビングかんたん片づけ術講座を開講させていただきました。

おかげさまで、湘南・藤沢でリビングかんたん片づけ術講座を、無事終了させていただきました。

ありがたいことに、蔦屋書店 湘南T―site スルガ銀行 d―labo様での講座も、今回が4度目です。

リピーターさんもいらっしゃって、うれしかったです。

%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e9%a2%a8%e6%99%af

おしゃれなのは、お店だけではないのです。

それ以上に、おしゃれな女性が多いのも、この街の魅力のひとつです。

d-labo%e9%a2%a8%e6%99%af

生まれたばかりの赤ちゃん、お子さんづれでも気軽に参加できるのが、会場のいいところです。

 

ご参加いただいたみなさま、 d―laboのご関係のみなさま、ありがとうございました。(渡部亜矢)

 

【埼玉】10月30日 空き家のリアルを体験!「実家の片づけ」“超実践”問題解決セミナー

なんと空き家が売れました。そのノウハウ、片づけ方の実践をお伝えします。

よそのお宅の片づけ方、空き家を見るチャンスです!

8

 

各地の無料セミナーイベント講座のページ

 

【大田・無料ベル11/27(日)片づけ集中講座

年末でもあわてない! 即決・カンタン片づけ術

勉強が進む! 子どもの片づけ習慣術
先着100名  チェクシートプレゼント・個別相談会つき

大田区住まいづくりフェア 楽しい催しあります

%e5%a4%a7%e7%94%b0%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8

 

各地の無料セミナーイベント講座のページ

 

発売中「THE21」整理術特集号 (PHP研究所 11月号) 実家の片づけ記事掲載

『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』SB新書