S字フックに服だらけ…ビフォーアフター

私の実家は、北海道の中央部にほど近い所にある一軒家です。
現在は母が一人暮らしをしています
間取りがなんと5LLDK!広いですね。

前々から、散らかってるな・・・と思ってはいましたが
私の「片付けeye」が開眼し、猛烈に自宅を片付けた後だったので
余計にこの散らかり具合が気になって仕方なくなり
ついつい親に言ってはいけないNGワードを連発してしまっていました。

「ちょっと片付けたら?」
「こんなモノいらないでしょ」
「さっさと捨ててよ」
などなど。
(はい。反省しております。あの頃はごめんなさい。)
こんな事を言われたら、

「うちは片付いている!」
「捨てるモノなんて一つも無い!」
「あんたにエラソーに言われたくない!」

って反発したくなりますよね。
そりゃなります。当たり前です。

何とかしたいとは思っていたのですが、言えばけんかになるし、私が住んでる訳じゃないし、
部屋数がたくさんあるので特に困ってないし・・・で、結局そのままに。

(実家片づけ整理協会事務局注・S字フックにクリーニング屋さんの針金ハンガーにかけられた服、鴨居(かもい)に冬でも並ぶ団扇は、親の家でよく見かける光景です)

数年後、片付けの勉強のまとめとして、実家を片付けさせてもらうことにしました。

資料用の写真がほしいの!お願い!と頼み込み、片付けスタート。
まずは洋服の整理から始めました。

無駄に部屋が多いためか、一階にも二階にも洋服がかけてある状態。
洋服が分散していると出掛ける支度をする際に、一階と二階を行ったり来たりして時間を取られます。
なので、洋服を「一箇所に仕舞う」を目標にしました。

各階の各部屋から集められた洋服は、かなりのボリューム。
一点一点「着る・着ない」もしくは「着たい・着たくない」で仕分けをしていきました。

決して「着ることができる・着ることができない」で仕分けをしないこと!

サイズがきついとか、ほつれているとか、虫食いの穴が空いているとか
カビているとか、日焼けして変色しているとか、そういう条件で手放す洋服を選ぶのはNGです。

なぜNGか。それはモノが主体になっているから。

人間(自分)主体で選ぶこと!これ大事です!

洋服は
暑さ寒さから身を守るためのモノ
自分の気分を良くするためのモノ
自分を美しく見せるためのモノ
総じて「自分のために存在するモノ」なのです。

これはちくちくして着心地が悪いんだけどもったいないしな、だから、取っておくか。
これは買ったとき3万円もしたのに数回しか着ていないんだよな、だから、取っておく。
これは全然気に入ってないんだけどあの人がプレゼントしてくれた服、だから、取っておくか。
これは今となってはキツイんだけどまたやせたら着るかも、だから、取っておくか。
これは何十年も全く着ていないんだけどお義母さんから受け継いだもの、だから、取っておくか。

これらの言い分には、自分の意思が全く入っていない事にお気づきですか?
だから、と、とっておくか、の間に (本当はいらないんだけど) が入りますよね。

このような理由で取っておいた洋服は「あなたのために存在しているモノ」と言えるでしょうか。
あなたの気分が良くなり、あなたの美しさを引き立ててくれるモノですか?

収納家具は着ない服でパンパンのため、着る服は洋服山になっていませんか?
着ていくときシワシワになってはいないでしょうか?
着たい洋服が見つからなくってイライラしてはいないでしょうか?

母は当時60代でしたが、上記のような考え方を説明すると、すんなり分かってくれました。(優秀です)

でもやっぱりどの洋服にも思い入れはあったようで、
これは○○の時に買って○○によく着ていった、とか
これはあんたが小さい頃よく着て○○に一緒に行った、とか。
ひとつひとつのエピソードを聞きながら、手放していきました。

 

モノを捨てるのは簡単です。ゴミ袋に入れればいいのですから。
なぜ捨てられないか。それはモノに思い出が「くっついている」からなのです。

モノと思い出は別です。

例えば、とっても楽しかった旅行の思い出の品々を

Aさんの場合
その時に着ていった思い出の洋服(今はキツイ)
その時に買ったかわいい小物(今ではホコリまみれ)
その時に撮った写真(現像はしたが枚数が多すぎる)

Bさんの場合
その時に着ていった思い出の洋服(今でも着ているし気に入っている)
その時に買ったかわいい小物(今でも大事に飾ってある)
その時に撮った写真(ベストショットだけを現像しアルバムに残してある)

どちらが思い出を大切にしているかは一目瞭然ですね。
モノにも賞味期限があります。

「今」の自分が着たいか着たくないか
「今」の自分に必要かどうか
「今」の自分が楽しい気分になるかどうか

「今」に焦点を合わせてモノと向き合ってみてください。

実家片づけアドバイザー 白湯子

 

 

 

服を捨てる!手放す技術~行楽シーズンを逃さない・旅の過ぎ捨て片付け術~

出番のない衣類は、引き出しの中の「詰め物」にすぎない

今、ミニマリズムということで、物を持たない生活が流行っています。

バブル時代を何らかの形で知っている世代以上、とくに親世代や団塊の世代以上になりますと、実生活に落とし込むのには無理があります。
物の豊かさを味わった時代を知っているので、いくら物は少ないほうがいいという理屈はわかっても、実行するのは難しいのです。
とくに衣類は、「いつか着るつもり」の服――「つもり服」と密にわたしは呼んでいるのですが――のオンパレードです。

くたびれた下着、ほとんど着ていない衣類がぎっちり詰まっているタンスがなんと多いことでしょう。
几帳面に毎日お洗濯をするお宅にうかがうことがあります。
キチンとたたんであっても、出番のない衣類は、引き出しの中では、「詰め物」にすぎないのです。
かえって、タンスが部屋を狭く、地震などでは危険な状態になってしまうことさえあるのです。

そんなとき、親世代に「いつか着るって、いつよ!こんなにたくさんどうするの!」なんて家族が言っても、捨てるとかリサイクルに出そうなんて気持ちにはならないでしょう。

だって、高かったから。

まだ着れるから。

ブランド物だから。

デパートで買ったから。

お友達といっしょに歌舞伎をみた帰りに買ったものだから。

派手だけど、色がいいから。

…手放さないいろんな理由づけをします。
そんな親世代であなたがいくら手放したほうがいいと説得したところで、納得には程遠く、犬の遠吠えのようにしか聞こえないでしょう。

そんなときどうすればいいでしょうか。

 

「旅行先で捨てよう」

そんなとき、有効な一つの方法として、

「旅行にいったときに着て、持ち帰らず旅先で捨てよう」

という話をしてみることをお勧めします。
普段着ていないタンスのこやしになっている下着や衣類を、旅行先で着て、そのまま持ち帰らず、旅先で捨ててくることを提案するのです。

無謀に聞こえますが、今持ち続けている膨大な衣類をどこで、いったいいつ着るのか?という問いかけをすることで、物の持ち方を考えるきっかけとなります。

洗濯する手間も洗剤や節約できるし、物も減らせます。いつか着る服だったら、その時に着ればいいわけです。賢い親御さんには、理屈は通ります。

たとえば、

「今度の町内会の温泉旅行にいくときに、この服や下着を着て、そのまま捨ててくれば、帰りの荷物が減るよ」

という提案をするのです。

めったに旅行なんていかない人にとっては、旅行を計画する楽しさ、親世代にとっては楽しみとなるでしょう。
すると、よく旅行に行く親御さんからは、こんな反論がきます。

「こんなゴムがのびたパンツ、よれよれの下着で、みんなと旅行に行くのはみっともない」

というもの。

「一度着た下着は買い取りなんかしてくれないから、みっともないのなら、これはもう捨ててもいいんじゃない?」と、提案できますね。

あるいは、

「この服は、着心地が悪いから、旅行に着ていくにはちょっとね・・」

という反応でしたら、さらにラッキーです。

ほとんどの親御さんは、旅行にいくというと、あたらしい服を買いたがります。みっともないという思いは大事にするといいですね。

「もう着ていくところはないから、手放そう」

と、寄付やリユースする方法を提案できます。

旅行はハレの場なので、いつも着慣れた服や下着のほうが心地いいこと、普段着こそ、お気に入りを大事に使おう、数はそんなにいらないという話を、少しずつ親世代に伝えるきっかけになるでしょう。

もちろん、「そうね、捨ててくればいいのよね」なんて直球を受け止めてくれればさらにラッキー。旅行で捨ててくる箱やゴミ袋をつくって、タンスから外に出して、一時保管にしてしまいましょう。

「旅の脱ぎ捨て片付け術」とでも呼びましょうか。

私は20代のころ、海外旅行にいくときに、したことがあります。
帰りはおみやげでスーツケースがパンパンになり、航空会社に超過料金を払うのももったいないと思って、考えた末に、思いついて実行していました。

旅行の着替えになにをもっていきたいかということを考えることは、普段着慣れたものだったり、お気に入りを自然に選べたりすることにつながります。

全世代で使える服を捨てる意外な策略として、夏の行楽シーズンを逃さないで、試してくだされば幸いです。

片づきますように(渡部亜矢)。

親にどう切り出す? どこから手を付ける?
実家の片づけお役立ち情報サイトはこちら

無料メルマガ登録  片付く情報・講座情報をお届けします

  夜間・緊急土日コースもあります
 実家が片づく認定講座・講師への最短コース