10月イベント講座 実家片づけ整理協会

【鹿児島県曽於市】人生100年時代素敵に暮らす片づけ方
日時  10月16日 (金) 13:30~15:30
場所 鹿児島県曽於市末吉町二之方2342-2
そお生きいき健康センター
お申込・ 問い合せ先   070-5531-9266
Email  mayumi-nc@ezweb.ne.jp (担当堀内真弓)
講座の詳細URL   www.cleanangel.net/
持ち物 筆記用具

東京都空き家フォーラム in 板橋 10月24日土

「後悔しない『親の家』の片づけ術!カツオが磯野家を片付ける日」

講師:渡部 亜矢(実家片づけアドバイザー)

大相談会もあります。


【第24回オフ会】 初心者でもできる!会計ソフトfreeeを使った確定申告

10月18日(日)10:00~10:40  最大11:00

zoom開催

講師 税理士 細川ひろみ

ソフトを使って、確定申告にトライしましょう。

使用ソフト freee   1か月無料(その後有料)


【鹿児島県鹿児島市】安心終活セミナー
日時  10月18日 (日) 14:00~15:30
場所 鹿児島県鹿児島市東谷山26-15
平安会館  鹿児島中山会館
お申込・ 問い合せ先   070-5531-9266
Email  mayumi-nc@ezweb.ne.jp (担当堀内真弓)
講座の詳細URL   www.cleanangel.net/

持ち物 筆記用具

【講座】ステイホーム中にできる片付けセミナー|横浜

ステイホーム中にできる片付けセミナー

おうち時間を、より快適に!
片づけが苦手でもできる、楽で簡単な片付け術をご紹介します。

9月22日(火・祝)
時間 13:30〜14;30

講師 実家片づけ整理協会 渡部亜矢

会場 ヨコハマくらし館セミナールーム
定員 10組20名様【予約制】
参加費 参加無料

https://www.tvk-plazayokohama.jp/event2009-11/

2020 夏 朝日土地活用セミナー招待講演[主催]朝日新聞社

2020 夏 朝日土地活用セミナー [主催]朝日新聞社メディアビジネス局

土地活用と賃貸経営のリスクとその対策

オンラインセミナーが開催されます。

すでに朝日新聞紙面で告知されております。

東京・大阪・名古屋圏対象

 

招待講演

安心・安全にスッキリさせるコツ
『親子円満!実家の片づけ方』
講師:(一社)実家片づけ整理協会代表理事
実家片づけアドバイザー 渡部亜矢

8月28日金
29日土
30日日
31日月

近年、生活スタイルや家族との関わり方、土地活用や相続対策には様々な変化が生じています。
「土地の有効活用」はこの時勢に安定した収入を確保する手段の一つですが、多様化するニーズやリスクを正しく理解することが必要です。
そこで、今こそ家族のために知っておきたい「土地活用「」賃貸経営「」相続対策」のオンラインセミナーを期間限定で実施します。
専門家に相談できる個別相談会も、ぜひお申し込みください。

相談会も実施! どうぞお気軽に。

●所有している土地で老後の安定収入を得ることができる?
●いずれ相続する実家の土地、売るべき? 活用すべき?
●「あの土地」は賃貸経営に適しているだろうか?
●古いアパートの耐震性が心配……。リフォームか、建て替えか?
●自宅が収入を生む「賃貸併用住宅」って?
●もめない土地の承継・分割などについて知りたい。 など

*8月25日締め切り

お申込み

 

(25日目)掃除機のダストボックスを家族と替える@「家時間」充実プロジェクト

自粛生活25日をすぎました。
これまでと勝手がかわって、主婦の方はお疲れモードになっているかもしれません。

家事のひとつでもいいので家族を巻き込めるといいのですね。
おすすめは、「掃除機のダストボックスを替える」ことを、家族でするのがおすすめです。

「こんなにゴミがたまる」
「髪の毛やほこりがいっぱい」

まずは目で見て、ほこりを感じてもらいましょう。

実感したら、次回のフィルターやダストボックス(ごみ受け)の交換を次回お願いしましょう。

夫や子供たちは、「掃除機をかけるだけ」でおわるかもしれません。
家事はそれだけでは終わらない、

次のステップとして掃除機にたまったゴミを捨てるという仕事があるということを理解してもらいます。

これは代表的な「名もなき家事」ともいえるでしょう。

余談ですが、

わたしはこの掃除機のダストボックスのごみをすえるのがすごくいやで、ほうきをメインで使っていた時期があります。

細かいところも掃除ができて、掃除機のごみ受けを掃除しなくていいからです。

ルンバのダスト容器が水洗いできるタイプにかえてから、ルンバとほうきの併せワザで掃除をしています。

ダストボックスを水で洗えるのは楽というか、気持ちいいというか・・
もちろん水洗いであっても、周りを拭いたりしなければいけませんが。

いずれにしても、結構面倒なのが、ダストぼっくの掃除です。

家族の意識を変えてもらいたいときにこそ、いっしょにできるといいですね。

実家に電話して、掃除機のフィルーターも変えたほうがいいよと話してみるのもいいかもしれませんね。

部屋もコロナも片付きますように。渡部亜矢

zoom 無料片づけ相談実施中 
GWのおうち時間に受けてみませんか

 

オンライン講師への近道・書類整理を体系的に学びたい方へ▼

書類整理アドバイザー認定講座

 

ご参考になれば幸いです。▼

新型コロナ感染に関わる緊急事態宣言を受けて
「家時間」充実プロジェクト 1ヶ月片づけ

コロナウイルスで在宅の今こそ部屋の片付けを!

新型コロナで終活が180度変わった~今すぐやりたい書類整理・生前整理~

 

(1日目)まずは宣言、そして「行動変容」~新型コロナ緊急事態宣言を受けて~

(2日目)カーテンを洗う

(3日目)在宅ワークは、部屋のゾーニングから

(4日目)結果が見える!小さな片づけを体感する

(5日目)対流が見える!冷蔵庫の1段整理

(6日目)読みたい順に本を並べる

(7日目)実家と片づけの話をする

(8日目)よい睡眠のために布団に風通し

(9日目)何を持っていく?2週間のホテル暮らし

(10日目)「不要不急」をなくす片づけ術

(11日目)片付けの話をたくさんしよう

(12日目)部屋と人の「時間ゾーニング」

(13日目)巣ごもり生活を振り返る

(14日目)「何もしない」時間をつくる

(15 日目)キッチンの「密」をなくす!

(16 日目)「密」から「疎」にする片づけ方

(17日目)どうする?帰省できない実家の片づけ

(18日目)蛇口を磨く

(19日目)洗面所の古い化粧品を片付ける

(20日目)お財布の中身を見直す

(21日目)実家の片づけは「両手の法則」で収納する

(22日目)脱捨てられネーゼ!「オレンジページ」掲載@紙モノ整理・デジタル情報

(23日目)古いフリースをウエスにチェンジ

(24日目)クーラーのフィルター掃除@「家時間」充実プロジェクト

【朝日新聞Reライフ.net】実家の片付け、どう進めるべき?掲載

おかげさまで、朝日新聞Reライフ.netに、

実家の片付け、どう進めるべき?

人生100年時代を生きるキーワード・実家の片付け

が掲載されました。

実家片づけアドバイザーの一部をお読みいただければうれしいです。

実家片づけアドバイザー認定講座も、3月25日、26日に
ZOOM講座スタートします。

オンライン決済(クレジット決済、PayPalなど)も始まり、便利になりました。

新型コロナウイルス対策で家からでられない方でも、リアル講座に近いかたちで受けられます。

ZOOM無料相談も今月末までサービスさせていただいております。
シニアの方にやさしい講座をとりそろえております。

ぜひ片付けるきっかけをつかんでくださいね。

リンク▼

朝日新聞Reライフ.net

「実家の片付け、どう進めるべき?

人生100年時代を生きるキーワード・実家の片付け」が掲載されました。

 

コロナ対策支援企画【無料ZOOM片づけ相談】

ZOOM(テレビ会議システム)で片づけ相談に約20分間無料で応じます。

期間 3月31日まで先着10名程度

対象 どなたでも
(PC・スマホ・タブレットにZOOM無料アプリの事前ダウンロードが必要です)

講師

実家片づけ整理協会代表理事 渡部亜矢
実家片づけアドバイザー 菅原康子
実家片づけアドバイザー 三浦真実 ほか

片づけに取り組みたいけれどどこから手をつけたらいいかわからない!
実家の親への切り出し方 など、
お悩み解決のヒントになれば幸いです。

家で過ごす時間が増えているなか、是非一緒に片づけをしていきましょう。

【お申し込み方法】
申込みフォームの備考欄に、ZOOM無料相談希望とお書きのうえ、

・主に相談したい内容(実家か自宅か、誰の部屋か、モノの種類など)

・ご希望の日時(第三希望まで)をご記入ください。

(お電話での受付・相談は受けておりませんので、ご了承ください)

どうぞお気軽にお申し込みください。▼

bn_1

 

 

『「実家の片付け」の真相』ガスエネルギ-新聞文化面掲載

おかげさまで、『「実家の片付け」の真相』 が、ガスエネルギ-新聞の文化面に掲載されました。

特集として詳しく記述されています。

親の家の片づけについて取り組む、実家片づけアドバイザーの活動がおわかり頂ける内容です。

実家の片づけが単なるモノの片づけでないことは、少しずつつ伝わりつつあると実感しています。

様々な業種の方、お立場の方々にご理解いただけるのはうれしいことです。

片付きますように。渡部亜矢

シニア?高齢者が65歳はもう古い?!新世代型の片づけ術

突然ですが、40代以上の方におうかがいします。

あなたはシニア、中年、高齢者といわれて嬉しいですか?

私はNOです。
ネガティブなイメージを払拭できないからです。

当事者目線でなく、外界からつくられた言葉の雰囲気があります。
介護の問題と同様 、周りの問題としての視線があるからかもしれませんね。

一般に65歳以上を高齢者とするのは固定観念です。

以前にもコラムでご紹介しましたが、平成26年4月に神奈川県大和市は、「60歳代を高齢者と言わない都市 やまと」を宣言をしています。

平成29年1月には、日本老年学会・日本老年医学会により、高齢者の定義を75歳以上とすることが提言されました。

高齢者が65歳以上というのは、すでに古い言葉になりつつあるのです。
だとすると、シニア、人生100年時代というくくりも見直しが必要でしょう。

約70年前には平均寿命が50代だったことを考えると、いま高齢者と言われている方は、新世代、ニューエイジといえるのではないでしょうか。

新世代、ニューエイジというのも古いことばですが、いずれにしても、シニア・高齢者というよりは新しい年齢階級のイメ-ジをもつことのほうが大切ではないでしょうか。

相手の方に失礼だなと思いつつ、他に端的に伝わる言葉がなく、不本意ながら、シニア、高齢者という言葉を使和ざるを得ないことが多いです。どうしても違和感があります。

自分に言われたくない言葉を、講座を聴いてくださる方、お客様には使いたくないと考えています。

体力面では元気な方も多く、年代のくくり自体が実態とあわなくなっています。

当協会ではエンディングノートという枠組みをはずし、20代から必要な書類整理アドバイザーの講座も開講しました。

お子様のプリントを整理しつつ、実家の書類整理をすすめるノウハウをお伝えしています。

実際に家庭をマネジメントしてきた女性の視線が生かされています。現実的で、ニーズがあるからです。

実家片づけ整理協会では、シニア、高齢者という、外側の視線でなく、当事者の意識こそ大事にしようとしています。

そして、自宅の片づけの地続きに実家の片づけを、ストレスなく行動できるようにサポートしています。

実際に現場で活動している方の人生つまり過去を、加齢・エイジングを流れとして受け止める。そして、残りの人生の時間を意識しつつ、大切に生きるのは、誰にとっても大切なことです。人生の大きなテーマといえるでしょう。

そんな大きな流れの中で、いわゆる50代以降のニューエイジ、「新世代」にとって、自分の人生の一部である実家の片づけは、自分を総括し、再構築するために、避けては通れないでしょう。

当協会の講師たちが、当事者としても、また実家片づけアドバイザーとして、人からの借り物でなく自分の言葉で語り、講座をお届けしています。

当たり前のことを誠実に実践していきます。

片づきますように。

 

スケジュール

■3月2日(月)書類整理アドバイザー™ 10:10~14:40 銀座
■4月19日(日)書類整理アドバイザー™ 9 : 30~13 :00 東京都中央区

認定講座のページ

 

日本経済新聞「実家の片付け どう進める」2020年1月23日掲載

おかげさまで、

「実家の片付け どう進める
散らかった部屋、健康にも影響 親の納得の上 早め着手/まず一部屋から 達成感」

「親への言葉かけ 重要」

が、日本経済新聞2020年1月23日夕刊に掲載されました。

使わない家具や本、衣類など物にあふれた実家の状況に頭を悩ませる人は少なくないということでとりあげていただきました。

日経電子版にも掲載されています。
こちら

ご覧いただければ幸いです。

片付きますように。渡部亜矢


実家片づけ整理協会のセミナー・講演

累計のべ約16,000名様にご参加いただいております。

イベント講座はこちら

認定講座はこちら

1月30日 書類整理アドバイザー™認定講座 0期生募集中