「タダより高いモノはない」本当の理由

2013年08月27日

お盆に帰省して、いただき物、おみやげで、
モノが増えた方も、多いことでしょう。

そうでなくても、
きれいなクッキーの箱、
粗品のタオル、
服やバッグを買ったときの、素敵なデザインの紙袋、等々。
知らず知らずに増えて、
引出しやリビングにたまってしまいがち。

こんな小さなモノでも、あなどれません!
要注意です。

タダでもらうものは、
必要があって買うものと、
根本的に違います。

必要がないのに、部屋に入り込んで、空間をふさぎます。

贈り物は、送って下さった方の、お気持ちに感謝すれば、
処分しても、基本的には、大丈夫。
必要以上に、引け目を感じることはありません。

必要のないモノは、
場所をふさぐだけで、家賃の何分の一かを持っていかれます。

モノが増えることで、
探す時間や、掃除をしたり、ほこりをはらったり、
管理する手間がかかります。

「ある」だけで、時間とお金を使ってしまうのです。

タダでいただいたモノは、
結果として、「高コスト」「不経済」なモノが、多くなってしまうのですね。
タダとは、真逆!
「タダより高いモノない」と言われる、
本当の理由です。

タダでいただいたモノは、捨てる勇気を持つことが大事。
勇気は、タダで出せますよ!

片づきますように。

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

片づけ最新情報とお役立ちブログ