片づけを「やらされ感」「しっくりこない感」を減らす術

2013年05月20日

本当はパンツスタイルでまったりとしたいのに、
親や彼氏の期待に応えた、ドレッシーな服ばかりが
クローゼットに突っ込まれていて、もんもんとしている…
なんてこと、ありませんか?

流行のおしゃれなキッチン用品を買ってしまったけれど、
機能を使いこなせず、
おまけに、食器洗い機に入りきれないほど大きくて、
狭いキッチンのスペースをふさぐだけのものって、ありませんか?

いずれにしても、
自分を基準にして、モノ選びをしていない結果。
片付かない状態を作り出してしまっています。
モッタイナイですね。

 

いずれも、
「やらされ感」「しっくりこない感」が、
あるのです。

でも、失敗から、学んで、次回のモノ選びに、
経験を活かしていけば、大丈夫。

「やらされ感」「しっくりこない感」を減らす!片付けメソッド
うまく利用しましょう。

しまった!ということがあっても、
自分自身で決めたことなら、
後悔ではなく、きちんと反省につなげて、
次のモノ選びに活かすことができます。

流行も採り入れたいけれど、自分の着たい服はなにか。
自分のつくりたい料理にあった器具は、なにか。
本当に読みたい本なにか。
ひとつひとつ、きちんと考えて選んでいくと、
他人に振り回されたという気持ちは、各段に減っていきます。
結構忙しいし、アタマも使います。

きちんと自分自身がモノ選びをしていくと、
楽しんで、モノ選びをすることができるようになります。

そして、さらにいいことは、
他人のすることや、他人の選んだモノに対して、
リスペクト(尊敬)する度合が、自然にアップしていきます。

とくに家族の持ち物に、敬意を払えるようになると、
コミュニケーションもアップします。

 

 

自分自身で選んで、行動することは、
人間関係もラクになる!片付けの極意のひとつなのですね。

お金もかからない、生活の中でできる、
頭の筋肉トレーニングみたいなもの。

片付けを身に付けることは、
「やらされ感」「しっくりこない感」を減らすことでもあります。
日々、少しずつ、ブラッシュアップしていけると、
いいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ