できない収納に惑わされない!当たり前な片付け術

2013年05月14日

突然ですが、問題です。
きれいな収納、見栄えのいい収納とは、
具体的に、どんなものをいうのでしょうか。

わかりやすい例をあげると…
思い出や、飾り物、鑑賞用のモノを「飾る収納」のことです。
使いやすさは関係なく、キレイに並べてつくります。
インテリア雑誌に出てくる収納の多くは、コレに当たります。

 

この、きれいな収納に、
あこがれて、マネしても、うまくいかないのは、
当たり前なのですね。

自分の部屋・生活のなかでの、
使いやすさを追究してつくった収納ではないから
です。

雑誌の中では、正解でも、自分にとっては、不正解なのですね。

ましてや実家の片づけではもっと不正解なのです。

まずは、ご自分の部屋の広さ、
日常的に使っているモノや
ライフスタイルを見直して、
イメージしながら、
雑誌の収納特集をみてください。

インテリアショップに行った時も、
想像をふくらましてくださいね。

自分に合わない、
できない収納に惑わされないためには、
自分の部屋やライフスタイルにあった、
当たり前な片付け術がポイント。


ご自分にあった、
自分にとって当たり前な片付け術を身に付けることから、
お部屋づくりをスタートしていきましょう。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ