古くて新しい「時短」!モノ減らし片付け術

2013年05月13日

お金では買えない時間。
限りある人生。
片付けをする時間は、できるだけ短くしたいもの。
自分の趣味や、大切な時間に、使っていきたいですね。

 
たとえば、30枚のスカートがあって、
1枚だけお気に入りを選ぼうと思っても、
悩んで、迷って、
選べないときがありますね。

そんな時に使える、古くて新しい、方法があります

古くて新しい「時短」!モノ減らし片付け術

たくさんの数のモノの中から、
いきなりお気に入りを選べないときは、
半分ずつ、選んでいけばいい、という、簡単な方法です。

たとえば…
30枚のスカートのうち、
まず、お気に入りを半分の15枚を選びます。
また、その中から、好きなものを、約半分の8枚選びます。
またまた、半分の4枚選んでいくという、
モノ減らしの片付け術。

最終的に大好きな1枚、あまり迷わず選ぶことができます。

片付けに時間がかかるというのは、
実は、収納する時間よりも、
なにをしまうかを判断する時間がかかっている場合が、
多いのです。

迷ったり、悩んだり、思い出に浸るのは、人間らしいこと!!

でも、時間がある時、余裕がよほどある時だけにしないと、
片付けの途中で、終わってしまったり、
逆にいやになってしまったりするので、
避けた方がいい場合も、多いのが事実。

実際の片付けの場面では、
この時短の片付け術を覚えておくだけでも、
時間を意識できるので、
片付けのスピードがアップします

また、半分ぐらいまで減らして、
あまりお気に入りでないと思ったものは、取り出しにくい場所に
移動するだけでも、結構、スッキリします。
(移動したあとの片付け方法や、移動場所がない場合の例は、
また折をみて、ブログアップしますね)

先日うかがったあるお宅では、
バッグをこの方法で、3分の1まで減らしました。

最初は、「まったく捨てるバッグはない」
と、おしゃっていましたお客様。
お気に入りと、ややお気に入りでないものと、2分し、
さらにお気に入りを2分していきました。

最初は、判断の仕方に迷いがありましたが、
繰り返すうちに、
片付けのスピードも、アップしていきました。

 

 

完璧に選ぼうとしないで、
まずは、お気に入りと、ややお気に入りに分けていくことを
繰り返していく方法のほうが、
意外と時間がかからなかったりするものです。

時間がかかるばっかりで、選べないなあと思う方は、
この方法を、試してみてくださいね。

そして、選ぶ力をつけて、片付けていってくださいね!!

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ