狭さをメリットにチェンジ!モノの持ち方・選び方

2013年05月06日

マンション住まいは、いろいろと便利。
鍵ひとつで出かけられる、ごみを出しやすいなど、
いろいろな特徴があります。

一方で、
「収納が少ない」ことだけは、大きな問題のように感じている方が
多いようです。

実は、
収納が少ないことは、大きなメリットにチェンジできます!!

それは、
なんといっても、
モノを厳選して持つようになること!!


先日、片付けにうかがった、都心のマンション。
広いとはいえないキッチンでしたが、
マクロビオティックの資格を持つ奥様が、
使いやすい収納を、していらっしゃいました。
広い家で、置く場所がたくさんあったら、
「まあとりあえず買っておこう」と思うかもしれません。

けれども、収納が少ないお家だと、
小さなモノまで、「こだわって」「使うモノだけ」「厳選して」
買えるようになります。

「無駄なモノを買わなくなる環境が整っている」
「“とりあえず買おう”という習慣がなくなる」
という、「道」「習慣」「環境」が、自然に整っているからです。

狭くて、収納が少ないことは、アタマをひねって買い物をすること。
まさに今、流行っている、「脳トレ」にもなりますね。

モノの持ち方、使い方をよく見極めていけば、
自分にとって、
居心地のいい空間へと近づいていくことができるのです!!

買う時の収納のスキルの例として、1つご紹介させていただきますと…
籠やプラスチックケースなどの
収納グッズは、小さなモノでも、
できるだけ四角いものを選ぶのがポイント。
100均グッズなどは、輸送費節約のため、底がすぼまっていて、
並べるとスキマができてしまします。

狭い空間だからこそできる、
小さな工夫、いろんなことに応用できる素敵な習慣。
チャンスは活かすにこしたことはありません!!

 

自分に合った、モノの持ち方・選び方ができるようになりますように。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ