感情を制する物は片づけも制する

2013年01月10日

今週は、新春初売りセールなどで、
買い物を楽しんだ方も多いことでしょう。

よく、あまり気分がのらないときや、
つかれているときに買い物をすると、
判断力がにぶって、
余計なモノを買ってしまう方も、いらっしゃるようです。

そんなときは、逆に、家の中で、
戸棚の見直しや、本の整理、キッチンの片付けなどをして、
少しでもモノを捨てることをオススメします。
「買う」のと、逆の行動ですね。

使っていない小物や、着ていない服・インナーを、
たった1つ、処分しただけで、さわやかになることもありますよ。

買ってスッキリすのではなく、
捨ててスッキリ気分を味わいましょう。

 
また、どうも気分がのらない時に、
家族といると、
つい、甘えが出てイライラし、
余計なことを言ってしまいそうだな、と、
ご自分でわかる方もいらっしゃいます。
とくにつかれているときに、少しでもリビングが散らかっていると、
気になって、
「片付けなさい~」と、強めに言ってしまうのだそうです。

その方は、リビングから一時的に離れて、
クローゼットの中を整えたり、
雑誌を整理したりするそうです。
1冊でも雑誌を捨てられると、結構スッキリするのだそうです。

片づけが得意な方は、感情をうまくコントロールするにとどまらず、
「片付け行動」に移すことができるのです。




逆も真です。
感情とうまく付き合える方は、片づけも得意。
表裏一体なんですね。、

ちなみに……
私は、お腹がすいたときにスーパーに行くと、
つい、余計な量の食材や、出来合いのおかずを買ってしまう傾向があります。

「食べたい」というよりは、
現実逃避して、食べ物に逃げそうな気がするからです。
なかなか、食べ物に関しては、自分の感情をコントロールできないので、
できるだけ、食事を済ませた後に行くようにしています。
小さな工夫ですが、大きな効果があります。

自分の感情のコントロールの仕方を知る、ということは、
自分自身を知るということ。
片付けのコツですね。


ご自分の感情と向き合って、
自分らしい片付け方をみつけていきましょう。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ