片付けの一番の失敗とは

2013年01月05日

 

片付け・整理収納の一番の失敗って、何だと思いますか??

それは、何もしないことです。
何もしないことには、何も生まれないからです。

片付けをしようと、何かしら行動して失敗したとしても、

それは、必ず、未来につながります

 

たとえば、

使いにくい場所にモノを動かしてしまったらどうでしょうか。

この場合、モノを動かして初めて、使いにくさがわかったのですから、
かなりの進歩です。
次回は、違う場所に移動すれば、いいのですから、
経験を活かすことができます。

また、
服を、自分ではたたみにくいたたみ方をしようとしたら、
どうでしょうか?
すぐに引出しの中が、ゴチャゴチャに戻ってしまいますね。

それでも、自分に合わないたたみ方がわかったのですから、
進歩と言えます。

つまり、
何もしないことは、何も行動しないことですから、
何も生み出さないのです。

少しでも、よい方向へと離陸しようと行動したのなら、
それは、前へ進んでいることになりますね。

ですから、片付け行動を起こして、失敗したと思っても、
落ち込んだり、あきらめたりしなくて、いいのですよ!
確実に、シフトしているのですから!!

少しずつ行動すれば、いつか習慣になっていきます。
素晴らしいことですね。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ