捨てられないモノ・どこが違う?大人vs.子ども

2012年11月09日

捨てられないモノって、大人、子どもに限らず、
いろいろあります。

けれども、大人と子どもの捨てられないモノの違いは何でしょうか?

 

大人は、
値段が高かった、
ブランド品だから、
という理由で、捨てられないモノが、結構あります。

一方、
小さな子どもには、値段という概念がまだ芽生えていないので、
純粋に、自分の好き嫌いで、
持ちたいモノ、使いたいモノが決まってきます。

子どもにとっては、「捨てられない」というよりも、
お気に入りの度合いが、大人と比べて、高いのかもしれませんね。

ですから、
大人が大枚をはたいて買った高級な知育玩具に目もくれず、
大人からみたら、すぐに捨てられそうな安っぽいタオルや、紙の切れ端、
どこにでもある簡単なボールでも、お気に入りだったりします。


見方によっては、
この時期の子どものほうが、大人よりも、自分の軸がはっきりある
言えるのかもしれません。

今だけの自分軸を
尊重したうえで、大事にモノを使うことを
覚えてほしいものです。

時には、片付けやモノの整理収納の場面で、
大人が子どもに歩み寄って、
子どもの世間体にとらわれない価値観を見習うことがあっても
いいかもしれませんね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ