イメージするだけで捨てられる!3つのポイント

2012年11月06日

年末の足音が聞こえてくる季節になりました。
はやいですね!

大掃除=大片付け=大整理・収納のオンシーズンに突入です。

でも、捨ててしまっていいのか、迷うモノって、たくさんあります。

今日は、迷ったときの判断ポイントをお伝えします。


もう迷うわない!
イメージするだけで捨てられる!片付け3つのポイント


1 「いつか使おう」の「いつか」は来ない

「いつか」使おうと思って買ったダイエット器具、
「いつかまた」勉強しようと、とっておいた英会話のテープ……。

…今まで「その時期」来なかったから、「いつか」なんです…。
そんな「いつか」は、来ない確率が高いですね。

 

2 高かったブランド品を保管するための家賃

サイズが合わないけれど、高かった服、
流行おくれのブランド品など、なかなか処分できませんね。

でも、保管するための家賃のほうが高いかも、と、
考え直してみましょう。


3 マイブームの過ぎたモノ

スノボのはまる前の、細いスキー板、
ディスコブーム時代のボディコンの服……。
使わない「歴史」を感じさせるモノは、
単なる古いモノか、思い出かのどちらかです。

自分の未来につながる「宝物」か、単なる古いモノなのか、
もう一度、ご自分の胸によくきいてみましょう。
はっきりと見えてきますね。

 

いかがでしたか。
大掃除、愉しみながら、ご自分と向き合ってくださいね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ