スキマ時間と収納の共通点

2012年09月28日

来年の手帳が店頭に並ぶ季節になりました。
新しい手帳を買って、わくわく。
どんどん予定を入れたくなります。
お片付けが苦手な方は、
注意しなければいけない、意外なポイントがあります。
時間のスキマがあるからといって、
予定や用事を詰め込みすぎない、ということです。

自分だけのせいではなく、
交通機関の遅れや、不意の電話など、いろいろな理由で
いつも「時間ギリギリ」になってしまう、という
お悩みがある方、結構多いと思います。

これを機会に、予定を詰め込みすぎていないか、
確認してみてはいかがでしょうか。
時間の見積もりスキルは、
実は、お片付けのスキルとよく似ています。

押入れやクローゼットなどの収納場所に、
モノを詰め込みすぎると、どうなるでしょか?

使いたいモノがすぐに出てきませんね。
「8割収納」が基本です。
残りの2割は、手帳では、予定のない「スキマ時間」と同じです。
収納も予定も余裕がないと、本来の目的が達成しにくくなります。

「予定も、収納も、詰め込みすぎない」ということが大切。
片付いた部屋をキープする秘訣と手帳術は驚くほど似ています!
スキマ時間と収納の共通ポイント。
ぜひ、意識してみてくださいね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ