「成し遂げグセ」をつければ散らからない部屋に変わる!

2012年09月18日

 

忙しい世の中。
いろんなことを同時進行で進めていかなければ、
ことばかり。

 

時間が足りなくて、
全部がやりかけ、中途半端になってしまう…
…だから、部屋が片付かない…
…と、感じている方、いらっしゃると思います。
「未完成」のコトを抱えていると、
部屋にある関係するモノを、あるべき場所へと収納できないので、
散らかってしまうことが多くなりがちです。

この散らかりを減らすには、
生活の中でやらなくてはいけないことや、やりたいことを、
できるだけ小さく「細分化」
していくことがポイントになります。

そうすると、「成し遂げられること」が多くなり、
部屋の散らかり方が少なくなります。

なぜなら、「やりかけのコト・モノ」が減ることで、
中途半端な状態でモノを放置することが減るからです。

さらに、

やりかけのコトやモノに、
私たちの前向きのエネルギーをうばわれることも
少なくなります。

例えば、
玄関の掃除はたたきと下駄箱と分けて別の日にする
読みかけの雑誌は、一部は読破したと考えて手放す。
お礼は完璧をめざさないで、封書でお礼状を書くのではなく、
すぐに電話してとりあえず1つ目のタスク完了として、
あとから別便で何か贈るという2分割のタスクに。
報告書なども一部が完了したら、完璧を求めず、次に進む。
アイロンがけも、半分に分けてやる気をアップさせる。などなど、
些細なことでOK。
中途半端なコトやモノを抱えていると感じたら、ぜひ
試してみてください。
物事を細分化して「成し遂げグゼ」をつけていくことで、
散らかる部屋から、一歩ずつ遠ざかりましょう。

ご自分のエネルギーを、片付かないことに使うのではなく、
本当にやりたいことに向けて、使っていきましょう!

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ