こんな時だから「好き」「嫌い」「衣替え」の仕分けがベター

2020年03月24日

ちょうど新型コロナウイルス対策で、家にこもっている間に季節は移ろいました。
桜満開となりましたね。

理由はわかりませんが、去年の新年に書いたコラム「好き」と「欲しい」の仕分けから~服・クローゼット~のアクセスがあがっています。

おそらくですが、家にいる時間がふえた方が、アクセスしていただいているのだと思います。

一般社団法人 実家片づけ整理協会では、衣替えをなるべくしなくてすむクローゼットづくりを推奨しています。

最近は気候変動が大きく、季節に関係なく暑かったり寒かったりします。

ですので、衣替えの決断がしにくかったり、着る服がないからといってすぐに手近に買える服を買いに走ったりする方が多いからです。

働き盛りの忙しいビジネスパーソン、シニア、高齢の方にとって、季節の変わり目の体調管理ば難しいときは、体に負担になります。

なるべく衣替えをしなくてすむように、できるだけ真冬、真夏のものの入れ替え程度になるようかんがえていけるといいでしょう。

人はみえなくなったものは忘れます。

これを機会に、この冬に全く着なかった服を手放したり、本当に好きなのか、ただ欲しかっただけなのかを区別してみてください。

自分自身の気持ちを大事にして、

なんでもいいので、とりあえず3秒でできることをしてみるといいと思います。

3秒迷ったら捨てなくてもいいので、一時保管にしましょう。

詳細は専門家にあずけるとして、出かけようかどうしようかと迷ったら一とりあえず「リスクの低い方」をを選択するのがベターなのも同じようなことかもしれませんね。

世の中の流行りの家具とか、平均値とか、他者基準でなくても、自分の部屋の自分の持ち物ぐらいは自分できめてOKです。

是非一緒にかたづけていきましょう。

迷ったら無料相談もご活用ください。

片付きますように。渡部亜矢

 

コロナ対策支援企画【無料ZOOM片づけ相談】

ZOOM(テレビ会議システム)で片づけ相談に約20分間無料で応じます。

期間 3月31日まで先着10名程度

対象 どなたでも
(PC・スマホ・タブレットにZOOM無料アプリの事前ダウンロードが必要です)

講師

実家片づけ整理協会代表理事 渡部亜矢
実家片づけアドバイザー 菅原康子
実家片づけアドバイザー 三浦真実 ほか

片づけに取り組みたいけれどどこから手をつけたらいいかわからない!
実家の親への切り出し方 など、
お悩み解決のヒントになれば幸いです。

家で過ごす時間が増えているなか、是非一緒に片づけをしていきましょう。

【お申し込み方法】
申込みフォームの備考欄に、ZOOM無料相談希望とお書きのうえ、

・主に相談したい内容(実家か自宅か、誰の部屋か、モノの種類など)

・ご希望の日時(第三希望まで)をご記入ください。

(お電話での受付・相談は受けておりませんので、ご了承ください)

どうぞお気軽にお申し込みください。▼

bn_1