自分を知ること

2012年05月13日

 

気がきく、いわゆる人さばきのいい人をみると、本当にうらやましくなります。
場の空気がよめる人、つまり、他人の価値観がわかる人は、きっと自分のことも
よくわかっている人なのだと思います。
 
自分をよむ、つまり自分を知るというのは、意外と難しいなあと感じています。

ちょっと面倒ですが、自分自身に、これからどうしたい?何が好き?
と問いかけていると、
自分が少しずつみえてきくるときがあります。
散らかっていた部屋に住んでいたころにはなかった習慣です。
 
モノが整理されると、思考も整理されてきます。
頭の中がスッキリして、気持ちがラクになります。
さらに、他人との違いが気にならなくなります。

私の場合、他人のなかでも、一番近い人…つまりそれは、家族との関係がうまくいくという、
魔法のような効果を生みました。

それは…魔法のようで魔法じゃない、片付けの効果です。

 
空気をよむ前に、「自分自身をよむ」スキルを、もっと身につけたいなあと
思っている今日この頃です。

片づきますように。

実家片づけ整理協会   渡部亜矢