LL_img_97258_1

渡部 亜矢 (著)

20XX年、磯野家長男・カツオの身にも、 波平の膨大な遺品整理や相続などが降りかかってくる! NHK「あさイチ」、フジテレビ「スーパーニュース」など メディアで引っ張りだこの「実家の片づけ」人気講師が書き下ろす、 あの磯野家の家族でシミュレーションする もめない、後悔しない「実家の片づけ」入門

1

■いまや親の介護や自分の終活より大問題! それが「実家の片づけ」
親と離れて暮らす子世代(メインは40~60代)にいま、「実家の片づけ」という大問題が降りかかっています。
親の介護や死に直面し、相続などと並行して、実家に残された親の荷物の整理、空き家管理、売却など、さまざまな問題が発生。介護や終活と同レベルの人生後半の大テーマであり、もはや社会問題と化しているのが現実です。
最近は「実家の片づけ」という言葉がはやりだし、テレビ・雑誌等でもよく特集されるようになりました。
■開けてビックリ! 親の家――あふれる物と家屋敷の管理に悩む子世代のリアル
親の家の片づけで遭遇する大きな問題の1つに、「あふれかえった物」「整然と貯め込んだもの」があります。
整理・処分するにもどうすればよいか困るのが現実。
親が生きていればスムーズに片づけられるかと言えばそうではありません。
そもそも「いる・いらない」をめぐって価値観が親子で異なり、整理や処分の方針をめぐって親子の仲が悪くなるケースがよくあります。
また、もう1つの大きな問題に、老親が残る実家をどうするかということが挙げられます。
実家に「住む」、家を「貸す」「売る」など、相続とも絡んで悩ましい問題です。

■磯野家の長男・カツオに学ぶ、もめない、後悔しない「実家の片づけ」
この本では、老親と離れて暮らす人に必ず迫りくるリアルな現実である「実家の片づけ」を、
漫画「サザエさん」の長男・磯野カツオとその家族や友人を登場人物に、
カツオが実際に実家の片づけに遭遇した場合に起こりうる問題を取り上げます。
カツオがいかに問題に取り組み、解決していくのか――。
読者の方が自分に置き換えて読めば、決して人ごとではないことが理解できるはずです。

1

ダウンロード

渡部 亜矢 (著)

■親が60歳を過ぎたら今すぐ「実家の片づけ」と向き合いましょう

久しぶりに帰った実家。
気づくと廊下や玄関に物が積まれ、リビングの机の上には
ダイレクトメールや手紙、1週間前の新聞が置きっぱなしに。
寝室をのぞけばクローゼットの前にいつの間にか買った
パイプハンガーにかけられた洋服の山。
冷蔵庫の中には賞味期限切れの食べ物や、しなびれた野菜の切れ端が……。

誰もが多かれ少なかれ、このような経験があるのではないでしょうか。

ある日突然親が入院、その後施設に入ることになったケース、
親が亡くなり、まるまる一軒の片づけが突然襲ってくるケース、
同居に踏み切ったはいいけど、片づけに1年以上要するケース、
片づけがきっかけで親子断絶の危機に陥るケース……
高齢化社会の現代で、「実家の片づけ」はもはや社会問題なのです。

■従来の片づけ方法で「実家の片づけ」に失敗する人が続々!

しかし、いざ実家の片づけに取り掛かっても、
9割の人は間違いなく失敗に終わります。
なぜでしょうか。
理由は簡単。みなさん「自分の家の片づけ」と「実家の片づけ」が
まったく違うことをご存じないから。
もっと簡単に言えば、従来の片づけ本で紹介された方法を
「実家の片づけ」に当てはめてしまっているから、失敗してしまうのです。

■片づけの常識を一新する渡部式「実家の片づけ」とは?

数々のメディアに出演し、これまで様々な片づけの現場を体験してきた著者が
紹介する渡部式「実家の片づけ」メソッドは、従来の片づけの常識を一新します。
しかし、これまで失敗を繰り返してきた人たちでも
最短・最速・最効率的に、しかもリバウンドゼロの実家の片づけが実現します。
イライラすることも、ストレスで爆発することも、
ケンカすることもありません。
本書で紹介された手順通りに進めるだけで、もう失敗に苦しむことも
リバウンドで落ち込むこともないのです。

これ1冊で驚くほど簡単に「実家の片づけ」が成功します!

51T-m0XJuYL._SX337_BO1,204,203,200_

渡部 亜矢 (著)

 

親にも子にも負担にならない簡単片づけテクでぜーんぶスッキリ!!TV等メディアに引っ張りだこの人気講師が伝授!どう切り出す?何を捨てる?具体的な会話例&段取りを多数紹介。

 

61HEvvPXhqL._UY250_

青木丈 (著) 渡部亜矢 編集協力

片づけ・相続問題を未然に防ぐ方法をレクチャー!

親が亡くなったとき、田舎の家や農地、思い出の品をどうすればいいのでしょうか?
誰も住まなくなった家や土地の処分、遺品の整理は前もって準備をしておかないと
精神的、肉体的、さらには金銭的にも負担が大きいものです。
「失敗した! 」と悔やむ前に、いまからできることを始めてみませんか?