セミナーのご感想

「大変有意義でした。 苦手意識を捨てて頑張ろう。と、励まされました。 ありがとうございました」
「実家の片づけで困ったときに片づけサービスを受けたいので相談をしたい」
「あらためて実家の片づけや自宅の整理をしようという気持ちになれた」
「自宅や実家の片付けの方法はたいへん参考になりました。自分だけではないので、頑張ろうという気持ちに思いました」
「事例の紹介が非常に身近な感じがして、わかりやすかったです。ゴールが明確なので、イメージしやすかったです。ありがとうございました」
「親が元気なうちに生前整理をすれば、整理や処分がしやすくなることがわかり、大変参考になりました」


認定講座・受講者様のご感想

 

実家の片付けに直面し、途方にくれておりましたが、すぐに取り掛かれるアドバイスをいただきました。片づけを加速させて行きたいと思います。得た経験をもとに、地域の人たちにも役に立てる実家片づけアドバイザーになっていきたいです。(京都府 N・Fさん 40代女性)


なんとなく平然と不安に思っていた実家の片付けを、具体的にどう片づけていけばいいかを考えることができました。人それぞれ、家それぞれで片づけ方は何通りもありますが、親も子もすっきりできた、生活しやすくなった思えるようなアドバイスをできるようになりたいと思いました。『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家片づけ」入門~』は、磯野家でシミュレーションしていたので、とても興味深く、個人的にシンパシーを感じました。(東京都 安田直美さん 女性)


実家の片づけの具体的なプロセスが理解できて、全体像がイメージできた。親に対しても前向きなコミュニケーションが取れる気持ちになれる気がしてきました。将来同じように困っている人、悩んでいる人がいれば、何らかの形でサポートできればと思います。(埼玉県 H・Hさん 男性)


本人の気持ちを大切にしながら、本人が気が付かなかった幸せな生活を送ることだできるよう、「気付き」を得ました。新たな生活のスタートが切れる道筋を提案できるようになったことと、「安全で安心して暮らせることの大切さを伝えることができるようになった。これは家族にとっても大切なことだと、あらためて気づかされました。ありがとうございました。(神奈川県 二之宮有 男性)


実際にお話しを聞いていただいて、片付けをする実感が出てきました。具体的な写真が豊富でとても参考になった。(石川県 T・Sさん 50代男性)


単なる「お片付け」ではない時代にきています。自分としては、いろいろと知っておいたほうが良いという思いで今日出席させていただきました。微力ですが、いろいろと実家の片付けに困っている人のお手伝いをできたらいいと思っています。(兵庫県 K・Mさん 40代男性)


これから母親と生前整理を進めるにあたっての基本ルールを学べてよかった。加えて自分の生活での整理や収納に対する心構えも学べてよかった。(埼玉県 F・Fさん 60代男性)


今後実家の片づけを片づけるにあたり、どんな順番で進めたらいいのかがわかりました。まだ親が元気な方も多く、実家の片づけの片付けを遠い問題ととらえている世代の方にも、実家の片付けの重要性を伝えられるアドバイザーになりたいです。自分自身も片づけを進め、安心安全で健康な家を完成させたいです。(東京都 S・Fさん 30代女性)


実家の片付けと一言で言っても親にとっては難しいことですが、伝えてきたいです。講座の片付け方は大変参考になりました。(東京都 M・Yさん 50代女性)


同じ悩みを持った方と一緒に受講できて話が聴けたこと、様々なケースが紹介されて、その中に自分の実家の状況に近いものがたくさんあったため、対処方法が学べたことがよかったです。(東京都 S・Hさん 30 代女性)


これからもっと深刻な問題になっていくであろう実家の片付けですが、受講したことを少しでも多くの方にお知らせしていきたいと思います。(東京都 Y・Sさん 50代女性)


「親や高齢者の心に寄り添う」という話をうかがえて、本当によかったと思います。いろいろな知識を身に付けるととともに、お客様の心に寄り添える「実家片づけアドバイザー」になり、お役に立ちたいと思いました。(福井県 K・Kさん 50代女性)


1級講座で、具体的な親へのアプローチ手法と考え方を知ることができました。今後は今活動している地域の課題解決にここで身に付けたスキルを活かしたいと思います。(東京都 N・Mさん 40代男性)


実際に身に迫った状況の中、今まで自己流でやってきたことの正しかったこと、ちょっと勘違いしていたことがはっきリわかり、大変ためになりました。またこの知識をもっと深めて、周囲の人への広めていければ素晴らしいだろうなと思います。(埼玉県 G・Mさん 40代女性)


今社会問題になっている空き家などで、実家片づけアドバイザーになって少しでもこの問題解決の役に立ちたいと思っています。(埼玉県 S・Sさん 60代男性)


わたしでも片づけができるかもしれないと思ったことはすごいことでした。“その後”に起きる相続などで、「知らなかった」「片づけておけばよかった」というような防げる悲劇を減らせるような、実家片づけアドバイザーになりたいと思いました。たいへん勉強になりました。受講してよかったです。(滋賀県 S・Sさん 40代女性)


具体的な親へのアプローチ手法と考え方を知ることができました。今後は今活動している地域の課題解決にここで身に付けたスキルを活かしたいと思います。(東京都 N・Mさん 40代男性)


私は、夫と私の両親と私の叔母たち含めると、合計6人分の高齢者の家と物の片づけに、これから関わっていかなければなりません。
今回受講した内容は、すぐに実践できるので、非常に助かりました。(埼玉県 T・Sさん 50代女性)


親と子で共同して片づけるメリットに、納得しました。さっそく実践していきたいと思います。
(東京都 H・Sさん 40代女性)


片づけのコツが事例つきで紹介されるので、イメージがつかめました。具体的な片づけの参考になりました。
実家の片づけができることによって、家族の安全性が高まり、安心して生活できるようなアドバイスができるようになりたいと思いました。
片づけをすることで、いざというときの準備もできて、身軽になり、ストレスなく暮らせる人が増えればいいと思います。今から将来の心配ごとを減らすアドバイザ-になりたいと思いました。(島根県 M・Wさん 20代女性)


実家の片づけは、自分の家の片づけとは大きく違っていることがわかりました。
メンタルな要素が大きく、準備や「作戦」が重要であると実感した。
今までは、「親のため」と言いながら、自分目線で片づけていたが、「実家は親の家」という尊厳なしではできないと思った。
実は、以前、実家を片づけたときのことがトラウマになっているので、今度の片づけで、Happyに、幸せになれるよう、トライしてみます!(東京都 T・Mさん 40代女性)

d2899603eb24f855b29346bdf6b5c894-300x257

自分がいま直面している、実家片づけの問題への参考になり、さらにそれを将来の仕事につなげるチャンスとなり、先生をはじめ一緒に受講した仲間と巡り会えたことは、すごいことだと思います。
(静岡県 M・T さん 50代女性)


片づけと精神的な面が密接に関係していることが理解できた。
やる気スイッチの押し方も身に着けないと、まだまだ実家は片付かないが、片づけを毎日の習慣にしていくことは、自分でもやってみようと思えたのが、受講して一番よかったことです。片づけは技ではなく、生き方を変えることなのだと、思いました。まずはテーブルの上から、親と一緒に片づけてみようと思います。
(埼玉県 P・Pさん 50代 女性)


これまで、自分の価値観を親に押し付けて、実家を片づけてきました。
思い通りにならないと怒ったりしたので、すごく反省しています。
モデルルームのような部屋よりは、親が安全で楽しく健康寿命を延ばせるような片づけを考えていきたいと思いました。
これからは、親御さんとお子さんの橋渡し、クッションとなって、Win ×Win ならぬ、Happy×Happy な関係を作り出していけるようなアドバイザーになりたいと思います。
(東京都 E・Kさん 40代女性)


私は自分の孫もいて、自分の親の家を片づけている立場です。
片づける方法のポイントを学ぶことができました。そのポイントは実家だけでなく自宅にも応用できそうです。
いろんな片づけに活用して、すっきりした住居をつくっていきたいです。
片付かないのは、いわゆる「生活習慣(病)」みたいな感じで、片づけ方の癖があって、ものへの執着がさらに加わってしまうのではないかと考えてしまいました。
自分も親も、性格的に物への執着が強かったのですが、なんのためにものを取っておくのかを考えていくと、目的を持った使い道があるのではないかと気づくことができました。
片づけは苦手で、ずっと後回しにしていて、一番気になっていることでしたが、第一歩を踏みだせたのが、とてもうれしいです。
(埼玉県 H・Mさん 女性)


受講して、親と自分の関係と、お互いの役割を認識することができました。
お互い元気なうちに、生前整理の必要性の話ができ、親たちも自分のするべきことができ、自分から行政などにも問い合わせをすることができるようになり、生活に張りが出てきました。これからは、片づけることで、親とともに過ごした時間や実家にもっと感謝して幸福感を感じたいです。また、クライアント(お客様)に対しては、実家が片付いて、幸福感が持てるようなアドバイザーになりたいと思いました。(埼玉県 T・Sさん  50代女性)


「なんとなく」や、「後回しでもいいや」と思っていたことも、きちんと講座を受けたことで、しっかりしたビジョンにつがげることができました。実家の片づけの経験者に聞いたり、1級を受けて、もっと学んでいきたいです。(東京都 S・Kさん 40代女性)


受講してみて、今まで感じてきたことを整理することができました。実家片づけは片づけにとどまらず、学ぶべき関連することが幅広く、奥が深いことがわかりました。まだだま勉強しなければいけないことがいっぱいあることがわかりました。前に進める感覚になれたのがよかったです。
講座を受講することで、何か一つでも、「できそう」と思ってもらえるような、アドバイザーや講師になりたいと思いました。(東京都 T・Tさん 40代女性)


片づけについて、ぼんやりと思っていたことが、体系的に、目で見てもわかる形になり、片づけの重要性をより強く感じられるようになりました。片づけ方も具体的にわかって、より楽で簡単にできるようになる講座でした。(島根県 T ・Aさん 女性)


1級は、2級よりもさらに具体的で、実家の片づけに絞られたものですが、自分で片づけがうまくいかないという人でも、そのまま実践できる内容でした。
まず自分たちで片づけを実践し、それから親にやってもらうことで、知識の「共有」が生まれると思うし、自分たちの世代も、おしゃれな収納テクニックよりも、安心・安全な暮らしが一番はじめに必要なのだと思いました。
これからは自分の体験も含めて、多くの人に伝えていけるアドバイザーを目指します。(東京都 E・Mさん 40代女性)


1級は、2級の内容がからさらにランクアップした内容で、ほかの受講生の皆さんと話し合いながら学ぶことができ、有意義な時間を過ごすことができました。
これからは、親や受講生さんに寄り添えるアドバイザーになりたいと、気持ちをあらたにしました。(静岡県 R・Mさん 50代女性)

siken-2-284x300

最初は自分の困り事から始めた受講ですが、実家の片づけがこんなにも社会の問題と密接につながっているのかと、気づかされました。
受講で得た知識と、自分の得意分野と経験を活かして、決して押し付けでなく、依頼者に寄り添えるアドバイザーを目指したいです。ありがとうございました。(埼玉県 K・Tさん 40代女性)


【片づけサービス2時間プラン お客様のご感想】

bifo-

一戸建ての3階の6畳ほどの部屋が、子どもが別所帯になったのをきっかけに散らかってしまいました。
ひとりでは片づけられないので、サービスをお願いしました。

片づけ現場

ひとりで片づけるよりもずいぶんはやくすすみました。
一緒に片づけていただくと、とても楽です。
2時間の片づけで、合計20袋以上のゴミが出ました。

捨てた物

動かない扇風機、使わない炊飯器など、あまりにもたくさんあるので、翌日夫がゴミを出してくれました。
ゴミ置き場を独占するほどの量になりました。

一時保管

段ボールに残った一時保管の整理をひとりですすめなければいけません。
ゴミとして一緒に捨てればよかったかなあと、あとになって思います。

孫と遊べる

こんなにきれいになって、私も3歳の孫も、うれしくてたまりません。
孫が大喜びで遊んでくれます。けがもしなくてすむので、安心です。
本棚にスペースが空いたので、孫の背の高さに合わせて、絵本の棚もできました。
使ったおもちゃも、孫が自分でしまうスペースまでできあがりました。
「ナイナイ」が上手にできました。

おもちゃをしまう

実は、毎年、この部屋にお雛様を出していましたが、去年から部屋が物だらけとなり、2年間出せませんでした。
少し遅い時期ですが、片づいたので、出してみようと思いました。
片づけの経験をしましたら、捨てることの決心の訓練ができて、整理をする弾みがついて、だんだん自分ひとりでもできそうな気がしてきました。
片づけて本当によかったです。ありがとうございました。
(関東地区・女性)

電話 03-4405-9445 または お問合せフォーム よりご相談ください。

 

【before→after現場ルポ】快適な寝室へ! お客様のご感想

東京都内の1戸建て住宅の事例を紹介させていただきます。
日ごろは共働きで忙しく、お子さんお二人と、同居のお母さまという三世代のご家族の、8畳のお部屋のお片づけをさせていただきました。
実家の片づけ片づけアドバイザー4名、ご依頼者女性と同居のお母さま、途中からお子さん二人も加わり、総勢8名での片付けとなりました。

床に出ている物の仕分けをしながら、押し入れ兼クローゼットをいったん出して、本当に必要な物だけをしまっていきます。

ここのお宅にもありました! 服の片付けでお困りの方に必ずといていいほどある、買い足したパイプハンガー!


お部屋をせまくしているだけでなく、地震のときに倒れてきそうで危険なので、片づけることにしました。
クローゼットを整のえるだけで、きれいに収まりました。


お子さんのゲーム類は、これまでほとんど動きのなかった押入れの収納ボックスに、きれいに収まりました。
お母さまも、ご自分の着物や時計などの小物類を、「いる・いらない」の判断をしてくださいました。

小学生の息子さんも、元気に参加していただきました。
ママが「これはいるんじゃないかしら」と別にしてあった、刀やピストルのおもちゃも、
「もうこれバイバイする」
といってをいさぎよくゴミ袋へ。
親が考えるいる物と、お子さんのいる物は違うんですよね。自分でいる物が決まれば、きちんとしまえます。

ご家族が、ひとつひとつ納得して仕分けをしてくださいました。
だんだん床が見えてきました。


きょうだい共有の本棚もスッキリ!
これなら、大事な本もすぐにみつかります。


最後の仕上げです。
無造作に入れられていた、タンスの中の洋服たちにとりかかります。


いったん出して、アドバイザーがきれいにたたみます。


さすがに実家片づけアドバイザーは、たたむのはお手のもの。
あっというまにきれいに引き出しに収まりました。


たった2時間の作業で、こんなにすっきり。
今日は家族で並んで、気持ちよく寝られると、たいそう喜んでいただきました。
ご依頼主様に「気持ちいいです!こんなにはやく片づくのなら、もっとはやく頼めばよかった!」といっていただきました。
さらに「つぎの粗大ごみで〇〇を捨てる」「この納戸状態の部屋を片付けて、将来子ども部屋にしたい」
など、次々と片づけの計画や、将来の希望をおっしゃっていただきました。
片づけのやる気に火が付いたようですね。

お客様は、「このスッキリ感を多くの方に知ってもらえて、この事例が多くの方のお役にたてるのなら・・」とおっしゃって、写真アップをご了承くださいました。
ありがとうございます。
仕事が忙しかったり、子育てや介護で忙しい人は多いのですが、なかなかSOSが出せないものです。
SOSを出す余裕すらないこともあります。
多くの方が、片づけに悩まず、本当にやりたいことに専念できる環境づくりをめざしてまいります。

実家片づけアドバイザーからは、「楽しかった~」という感想がきかれました。
お客様から元気をいただいたひとときとなりました。
ご依頼主様、ご家族様、ありがとうございました。

 


【物であふれたキッチンを新築の頃のように お客様のご感想】

築10年超、キッチンが物であふれていてどうしていいかわかななくなり、片づけサービスをお願いしました。

koe1

いろんなところにいろいろな物が入っているので、探し物がとても多かったのです。
とくに食器棚の中は、ぎっしり詰まっています。
アドバイザーさんに、何をどういうふうに使っているかなど、いろいろ相談から作業は始まりました。

koe2

お気に入りが奥のほうにはいっていて取れなかったり、同じ種類のお皿が違う棚にはいっている様子が見られました。
アドバイスを受けて、いったん、食器棚にあるものを、リビングに出すことにしました。
いる(使う) いらない(処分) 一時保管(移動)の3つに分けていきす。

koe3

どんどん出していただたき、作業は進みます。
3秒で判断するのは難しいかなと思いましたが、だんだんはやくなりました。

koe4

仕分けをしていくと・・・なんと、
しまってあるのを忘れていたお宝が出てきました。
金貨と銀貨です。
アドバイザーさんにうかがったら、こういうふうに、貴重品が意外な場所から出てくるのは、よくあるとのことでした。
別のところに、大事にしまうことにしました。

koe5

食器を全部出し切ったら、かなりの量になり、びっくりしました。
8割ぐらいがいるものです。

koe6

夫婦2人家族ですが、娘が3人いて、孫も時々遊びに来るので、そこが悩みどころです。
実家片づけアドバイザーと相談しながら、もう一度、いるものかどうかを3秒で判断して、数を減らし、食器棚に戻してくことにしました。
キッチンカウンターにしらないあいだに賞味期限が切れている物が、並んでいました。
調理台の上には、使わない調味料が何本かあったので、思い切って処分しました。

koe7

だんだんすっきりしてきました。
これなら、料理をするときも気持ちよくできそうです。
やる気になってきました。

koe8

最初は、捨てるものはないと思っていましたが、こんなに処分することができました。

koe9

よく使う食器や、使いたかった食器を一番使いやすい棚にあつめて、収納してももらいました。
念願のスムージーを作るスペースや、夫のコーヒーメーカーも収まりました。
家庭菜園でとれた野菜を収める場所も確保できました。

koe10

食器棚も、キッチンカウンターも、木目が息をふきかえしました。
大好きな木で注文してつくったお気に入りのキッチンだったことを、あらためて思い出し、うれしくなってきました。
大切な人から頂いた、思い出の食器も使えるようになりました。
孫が突然遊びに来ても、人数分の食器をあわてないで出すことができそうです。

koe11

本当は、片づけサービスを受けるのは、とても恥ずかしく思っていたのですが、すっきりきれいなったキッチンを今朝も見ると、サービスを受けてよかったとしみじみ思います。
キッチンを見るたびに、とても嬉しいです。
引き出しの使い方、生活動線の作り方、食品の保存方法などのご提案を頂き、とても参考になりました。
キッチンカウンターは、何も置かなくも十分だとわかり、スッキリしました。

koe12

キッチンは大体が、主婦の領域で一人で決めて思うように使っているので、間違いや、使いがっての悪さがあってもそれでいいと思い、そのまま10年も20年も使ってしまいがちです。
雑誌や、ネットなどの情報で切り取り式でいいことを取り入れても、基本が変わることがないと 習慣に流されてしまうと思われます。
片づけをしていただいての感想は、リフォームをして頂いた位の改革を頂いたなあと思っています。
もう10年分のほこりと汚れまできれいにして頂いて、有難うございました。

koe13

今年の私の目標は、家のダイエットが、こんなに早く目標に近づいてしまい、身体のほうも鍛えなければと、とてもいい刺激を頂きました。
床置きを無くして、ごみ箱を下に収めた時に、キッチンが広がったように感じてとてもビックリ致しました。
こんなに広かったんですね。
これからも片づけていこうと思います。
(関東地区 女性)

koe14

作業をした実家片づけアドバイザーの感想(2時間の片づけサービスを終えて)

アドバイザーは、そこに住む方に寄り添って十分な会話から価値観を見極ること、そこからスタートすることが大切です。
手放しやすいものから順に、決断に迷うものは「あとで変更も可能」と声掛けをすることで安心感を持っていただくことでスムーズに進むよう心掛けました。
健康や安全や生活動線を軸に、食器の全てをシートに「いる」「いらない」「一時保管」に仕分けながら出すことを提案しました。
収納スペースに対し、モノが奥までピッチリの量でコンプリートしましたが、大切なモノの量は人それぞれ千差万別、自然なこととと実践をもって再確認できました。片づけ後、息をふききかえした食器の出番が楽しみです。
今回のお片付けに関われたことに感謝します。
(40代女性)


事前に簡単なカウンセリングをして、作業内容を説明してさしあげたので、2時間で終わったのだと思います。
お客様に喜んでいただけのがなによりの励みとなりました。
(40代女性)


こだわった材料、木の質感がナチュラルさと落ち着きを感じさせるクローズ型キッチンに、収納は作り付け棚上下、中間に家電などを置く空間、流し台の下と両脇などに引き出し、観音開きの棚が生きる収納を考える必要がありました。
収納スペースは標準的な広さと思いましたが、長年の習慣か、食器・道具などは奥様の好きなようにガンガン出し入れ…されてるうちにあまり使っていないものはどんどん奥の方へ…といった感じでした。
3の法則で分別しましたが、最初は「使う」が多くて驚きました。そして、物を出してみると思っていたよりも量があるので驚きました。
お客様ご自身もお悩みなのがよくわかりましたので、いろいろなことをご提案させていただき、収納することができました。
2時間後、スッキリとしたキッチンに晴れ晴れとした表情のお客様がとても印象的でした。
(40代女性)