できる?できない? 振り回されない生き方

できる?できない? 振り回されない生き方

「目標をたてて、そこに向かって進むことが、まず大事です」

――自己啓発セミナーとか、成功するためのノウハウ本などに、

こんな雰囲気のフレーズがよく出てきます。

言っていることもよくわかるし、正しいのもよくわかる…

でも現実は、目の前の雑用をどうこなしていくかに翻弄されてるだけ…

残業後の夕食のおかずはどうするか、

雨続きで乾かない洗濯物をどうするか、

 

ダイニングテーブルに散らかった書類をいつ片づけるか、etc…

毎日そんなことばかり。

自分の将来の目標なんて、たてる余裕すらない…

過去のワタシは、理想と現実のギャップに、いつも心が泣いていました。

そうなんです、いつもまわりに振り回されていたように

感じていました。

自分の行先に石ころを置かれているような。

女性の生活って、多かれ少なかれ周りの影響を受けるうのは事実。

子育てが終わったと思えば介護や転勤。

自分の意思とは関係なく大きな渦に巻き込まれていきます。

 

自分を俯瞰することを覚えたら、少しラクになりました。

現実はちっとも変わっていないのに!

俯瞰っていうのは、

飛行機に乗って地上にいる自分自身を見ているように、自分を見ることです。

行先がわかるので、不安が減ります。

行先というのは、目的地、目標みたいなものでしょう。

周りに振り回されない生き方が、少しずつできるようになれば、

今よりうんとラクになる。

振り回されない生き方って、

全身に力を入れてがんばりますっていうのではなくて、、

ラクに、ありのままで、自然体でいられることかもしれない。

脱力系の筋肉?をつかって動いているイメージ。

できるか、できないかで、「人生の味」がずいぶん変わってくるような。

 

些細なことでも

日常に追われないで

能動的に動くスキルが身についたように思います。