実家の片づけで親を見守る 「ウオッチング」3つのチェックポイント

実家の片づけで親を見守る 「ウオッチング」3つのチェックポイント

会話よりも前にするべき大事なことの1つに、ウオッチング、つまり観察することです。

見守るというよりも、きちんとチェックするという感じです。

 

チェックというとなんだか監視しているみたいですが、見守るというよりは客観視する「目力」が必要なのです。

 

基本は次の3つのチェックです。

 

・増えた薬はないか(健康状態チェック)

・やりっぱなし、置きっぱなしの物がふえていないか(気力のチェック)

・食品の賞味期限切れがふえていないか(食事のチェック)

 

親を客観視することは、案外難しいのです。

 

なぜなら、親は、子どもたちが帰省するといったら、すごくはりきって、あれこれ孫や子どもたちの世話をやこうとし、一番元気な自分を見せようとする場合もあるからです。

実際に、本当に元気になる親もいらっしゃいます。

 

あなたが見ている親は、一番元気な親かもしれないからです。

 

なぜなら、親は、子どもたちが帰省するといったら、すごくはりきって、あれこれ孫や子どもたちの世話をやこうとし、一番元気な自分を見せようとする場合もあるからです。

実際に、本当に元気になる親もいらっしゃいます。

 

あなたが見ている親は、一番元気な親かもしれないからです。

 

ちょっとした変化があれば、

 

 

「これなあに?」

「これはいつ買ったの?」

「これおいしかった?」

 

などと聞いてみると、失敗がありません。

 

IMG_1307

 

もちろん、

 

「戦後は、こんな便利な物なかくて、たいへんだったね」と尋ねるのもいいでしょう。

 

そうすれば、それに続く、片づけのコミュニケーションがとれてきます。

 

このひとことを言えば、サクサクかたづくという簡単なことばは、実家の片づけにはほぼあり得ません。

それは、勉強をしない子どもに向かって、このひとことで勉強する魔法のワードがないのと、同じなのです。

 

語り掛けは、行動とセットでなければ、効果はないのです。

 

 

 

片づけながら、片づけに関してして会話をしていくことが、一番簡単なアクションです。

 

どうぞコミュニケーションをとって実家が片付きますように。

 

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ