片づかない話 第9話 世代で壁があるはなし

片づかない話 第9話 世代で壁があるはなし 

2016年06月27日

イギリスのEU離脱の国民投票の結果が波紋を呼んでいます。

 

離脱を選んだ方が、いわゆる高齢者が多く、残留を選んだ若年層との違いが浮き彫りになったのです。

 

世代間による価値観の違いの壁は、日本だけのはなしではない、という、典型例です。

 

 

当初は残留派が優勢と報道されていたといいますし、そもそもこここまで世代間に差が出るとは、おそらく名だたる機関でさえ、予測できなかったということも、興味深いですね。

 

 

日本では、年金などの世代間の「格差」問題というのも深刻です。

 

 

年金などの社会保障、退職金などもそうですし、若者の間でもその時々によって、就職氷河期だったり、景気がよかったり。

 

生まれた時期によって格差が生まれているのは、その人の能力とは関係ないところだったりするわけです。

 

実際に親に向かって、こんな世代間格差の問題をぶつけても、どうなるでしょうか。

 

親世代からは、「どうして家を買おうとしないのか?」という、持ち家信仰に基づく議論をぶつけられ、困っている人に遭遇します。

 

 

今は、不動産は「負」動産なんて揶揄される時代。

高度成長期を知らない子世代にとって、多くの給料や未来への大きなリスクをかけてまで、親の持ち家信仰を満たすような行動をしないのは、当たり前なのです。

 

 

 

持ち家信仰に限りませんが、「言うことをきかない子ども」と「昔のいい時代を知っている親」との対立となります。

 

 

こうなってくると、世代間格差は、単なる親子喧嘩になってしまうことがオチなのです。

表面的な親子喧嘩も、実は、時代に翻弄されている、世代間の格差の問題だったりするわけです。

 

カレーが好きな人が、ラーメン好きな人に、「カレーを食べろ」と命令するような、趣味の価値観を押し付けるという問題も、ときには家族の間ででてきて、問題になることがあります。

 

カレーが好きか、ラーメンが好きかというのは、単なる趣味の話ですみ、互いの好みを押し付けるなという、「ルール」を人として守っていけばいい話です。

 

 

価値観の違いを押し付けない方法を考えていくとう、第三の道を模索していくことが、案外、できるのです。

 

 

ところが、こういった世代間の格差問題となると、実は、親子といえども社会背景とつながっています。

解決への道が難しくなることもあるのです。

 

そういった意味で、実家の片づけは、片づかない問題だったりすることもあります。

どうぞ片付きますよう。(渡部亜矢)

 

 

講座 最新スケジュール

 

 

片づけ最新情報とお役立ちブログはこちら