新年度はチャンス! 捨てやすい・捨てていい物ベスト10【片付け365日】vol.6

新年度はチャンス! 捨てやすい・捨てていい物ベスト10【片付け365日】vol.6

2018年04月02日

今日から新年度スタートですね。

桜が咲き、私たちの片づけたいというフレッシュな気持ちを盛り上げてくれます。
日本に生まれてよかったと思う瞬間です。

お正月に一度、年末の大掃除をしてキレイにしたはずなのにリバウンドしていても、ここでリセットできる機会に恵まれます。
四季があることに感謝です。

周りの方に、「捨てて」とはいいませんが、こんなチャンスを逃す手はありません。

物がなくなれば、自然にいい物がはいってきます。

片付けワザよりも、余裕が大事です!

1つでも心当たりがあれば、手放すことを考えてみてください。
過去にとらわれず、今は前向きに、これからの物を大事にしていくことがいっそう重要な季節です。
どんどん新しいモノが入って来るこの季節、リバウンドを防ぐためにも、新しい物が迷わず入れる余裕を作り出せるといいですね。

新年度! 捨てやすい・捨てていい物ベスト10

□2年はいていない靴
□おととしの手帳
□2週間使わなかったフライパン・鍋
□この冬着なかった衣類
□今年ヘビーローテーションして着倒したインナー
□前月号の雑誌類
□1年使わなかったバッグ
□1年使わなかったチークやシャドウなどの色物化粧品
□子どもの2つ前の学年のプリント類
□3月までのクーポン券

まずは自分の物を処分して、こんなに捨てたよと実家の親にみせてみるのもいいでしょう。

なぜ高齢者のお宅で片づけが必要かというと、過去に必要だった物が、将来の余裕を埋めてしまうからです。
物が少ない効用のほうが大きいからなのですが、「今までこれでできていたから大丈夫」という楽観的な価値観がじゃましてしまうのです。

動物が生き延びたり、進化してきたのは、環境に適応してきたからです。

人生100年時代という環境に適応し、100年走り切る余裕を持つのに、片づけは、お金もかからず、いいことづくめです。

自分も周りも幸せになる、お片付け法で、春をいっそう輝かせましょう。

片付きますように(渡部亜矢)。

人生100年時代の暮らしの専門家
実家片づけアドバイザー認定講座▼

緊急でもあきらめないで! 御電話でのご相談無料
2時間 10,000~

講座やセミナー講師のご依頼はこちら