【Q39】若い時は片づけができたのに、気が付いたら母娘で片づけが苦手に…。

【Q39】若い時は片づけができたのに、気が付いたら母娘で片づけが苦手に…。

2017年06月01日

 【Q39】20歳前半までは、そんなに苦手意識はありませんでしたが、子どもが生まれてから、ダイニングテーブルの上も、床も、全部ごちゃごちゃ。

今は、片づけはやる時はいっきにやりますが、半日もすると、散らかります。
特に仕事から帰ってきてからは、まったくできません。
つい3歳の子どもを叱ってしまいます。
そんな自分がとても嫌です。

それでもなんとなく過ごしていましたが、車で30分の所に住む実家の母が、時々腰痛になり、買い物など頼まれるようになりました。

実家の母も年をとり、どんどん物が増えている様子です。

親の家も散らかっているし、どうにもなりません。親の具合も悪く、実家をいったりきたりで、両方片づけています。片づけができるようになりたいです。

どうしたら片づけをさくさくできるようになるでしょうか。

【A】忙しい時、疲れた時でも片付けられる物の量にしていきましょう。

まず、片づけられないのは、あなたご自身だけの問題ではなく、外的要因、環境によるものが大きいと思われます。
子どもが小さかったら、一筋の乱れもない部屋で暮らしているのというほうが、かえっておかしいです。
3歳の子どもに散らかすという意識はありません。
散らかりは生活の一部ともいえるでしょう。
また、親御さんも体が悪いということですから、介護と子育てのダブルケア予備軍といっても過言ではないでしょう。

ではどうしたらいいのでしょうか。

たたみ渡部亜矢実家の片づけ

ほとんどの人は、体力があり一番元気で、気持ちもハイな時に片づけるので、そのときにできる収納法で、多くの物を片付けます。
つまり、ちょっとでも疲れたり気力がなくなると、できなくなって、あっというまに散らかってくるのです。

ですから、体力と気力が下がったときでも片付けられる物の量まで減らし、さらに、かんたんにしまえる収納法に変えることをおすすめします。
片づけは、忙しかったり、体力がないとできないことです。

また、同じ人でも、ライフスタイルや環境によって片づき具合が左右されるのは当たり前です。
ましてや、仕事があるのなら、忙しいおは当たり前ですし、片づけに使える時間は減ります。

一方、子どもの成長とともに、物も増えていきます。

完璧に片づけようと思わず、家事代行サービスなどを使うのも手でしょう。

私も使っていたことがありますが、地域にはファミリーサポートセンターや地域包括センターのようなところがありますので、一度、お役所にたずねてみてはどうでしょうか。
電話でも応えてくれます。

でも、一番大切なのは、お連れ合いにきちんとSOSを出すことです。もしかしたら大変さに気づいてないことがあるかもしれません。
まずはあなた一人で抱えなくてもいいということから始めてはいかがでしょうか。

どうぞ片付きますように(渡部亜矢)。

★こちらのQ&Aでとりあげていただきたいお悩みをメールでお寄せください。
HP上でお答えします。
掲載はペンネーム可ですが、連絡先を明記してください。
すべてのお悩みにお答えしたり、掲載するものではございませんので、ご了承のうえ送信してください。
送り先 お問合せフォーム

親にどう切り出す? どこから手を付ける?
実家の片づけお役立ち情報サイトはこちら

無料メルマガ登録  片付く情報・講座情報をお届けします

  夜間・緊急土日コースもあります
 実家が片づく認定講座・講師への最短コース