実家の片付けで「ゴミ屋敷化」を防ぐ「クーラー掃除」の裏ミッション

実家の片付けで「ゴミ屋敷化」を防ぐ「クーラー掃除」の裏ミッション

2017年05月25日

おかげさまで先日のコラム、「窓を開けない習慣」を整理する!~「実家の片付け」「汚部屋」「ゴミ屋敷化」に共通する現象です~ に、かなりのアクセスをいただきました。ありがとうございます。

このほかにも、「実家の片付け」「汚部屋」「ゴミ屋敷化」の共通項はいくつかあるのですが、この季節に、何といっても攻略しておきたいポイントがあります。

それは、「クーラーの掃除」です。

掃除する前に、かならず試しにスイッチを入れてみてくださいね。
クーラーは普通に動きますか? 冷たい風が出てきますか?

実家の片付けに限らず、自宅も一緒に確認して、親御さんに自分の家のクーラーの話をしてみてくださいね。

迷子のリモコンを探せ! 

スイッチを入れようとして焦った方、いらっしゃいませんか。
そもそも、リモコン、お部屋のどこにありますか?
部屋を片付けていると、部屋中物がいっぱいで、テレビやエアコンのリモコンを買い足している方が、結構いらっしゃいます。
一緒に、リビングを片づけていると、お困りになり、買い足して、いくつも出てくるお宅も珍しくないのです。
そいういうお宅は、たとえリモコンが3つあっても、いざクーラーを入れようとしても見つからないという、悲しい事件まで起きてしまうのです。

そして本当に困ったことは、暑くても、リモコンがみつからず、クーラーをつけるのをあきらめる方がいらっしゃることです。
本当に、熱中症の危険があります。命の危険があります。
高齢になってくると、体温を保つ恒常性の働きが鈍くなってしまったり、暑さ寒さを感じにくくなることもあります。

そうならないためにも、リモコンが迷子になっていたら、探してくださいね。
そして、リモコンの定位置を決めて、家族で置く場所を守ってください。
この夏をしのぎやすく、心地よくする第一歩を、片づけることから、踏み出してください。
間違ってはいけないのは、片づけることや、収納することは、目的ではないということです。
健康を、命を守るために片づけるのです。
片付けは健康のバロメーターです。


業者さんにクーラー掃除を頼む裏ミッション

できれば、クーラーの掃除は、はやめに業者さんに頼むことをおすすめしています。
今ならすいています。

ここは節約せずに、プロに任せましょう。
暑くなってからお願いすると、何日も待たされます。
クーラーの故障がみつかる可能性もありますから、直すきっかけになります。

そもそも片づいていない人は、お部屋に業者さんを入れたくないので、何年もクーラーの掃除をしていない人が多いといのが、私の実感です。
それ以前に、クーラーが壊れているお宅が、なんと多いことか。
動いていても風しか出てこないなんてことはざらなんです。

修理の業者さんに頼むのは、お金がかかるかもしれませんが、実は、大きなメリットである裏ミッションがあります。

人は、他人がくるというと、片付けたくなりますね。

たとえ電気工事だけであっても、せめて器具のまわりだけは片づけておかないと、修理もできません。

せめて「けもの道」のような動線でもいいので、片づけるきっかけにしてほしいと思います。
もちろん、窓があけられるようにするのも大事です。

ぜひ、クーラーを気持ちよく使えるように片づけてください。

まずはリモコンの位置確認から始めてくださいね。

片付きますように(渡部亜矢)。


親にどう切り出す? どこから手を付ける?
実家の片づけお役立ち情報サイトはこちら

無料メルマガ登録  片付く情報・講座情報をお届けします

  夜間・緊急土日コースもあります
 実家が片づく認定講座・講師への最短コース