【Q36】実家のリビング・寝室・キッチンがゴミ屋敷化!片付けてと言ったらケンカ。なんとかしたいです。

【Q36】実家のリビング・寝室・キッチンがゴミ屋敷化!片付けてと言ったらケンカ。なんとかしたいです。

2017年05月15日

【Q36】GWに実家に帰省したら、リビング・寝室・キッチンすべて散らかっていて、ゴミ屋敷化していました。賞味期限切れのオンパレードに、買ったものはそのまま床置き。
あまりにもひどいので、片づけってと言ったらケンカになりました。
ずっと口をきいていません。なんとかする方法はありますか。

実家に帰ってきましたが、すべてが散らかっていて、ケンカになりました。
キッチンは賞味期限ぎれのオンパレードです。
レジ袋は散乱し、買い物袋にはいったままの物がたくさんあります。
母に片付けてと言っても、今やろうとしてる、そんなにひどくないとばかり言います。
父も片付けようともしないし、何も言いません。
先日、だまって食料品を捨てたら、火が出るほど怒りました。
いずれこの家に住みたいと思っているので、なんとかする方法はありませんか。

【A36】3つの「親の壁」をちょっとずつ崩していきましょう

こんにちは。将来、同居したいというのは、事情も許さなければできないことですし、なかなかできることではないですよね。ぜひ、実現したいものです。親御さんにとってもいいこととして受け取ってもらえるといいですね。

見た限り、突破できそうな「親の壁」は3つです。


① 安全の壁
~玄関周り、廊下、階段、庭など、親の気持ちから遠くて捨てやすく、防犯・防災上、ご近所などの目につきやすいところから片づける~

物が通路にあるとつまずいて危険だと話してみてはどうでしょう。
地震や火事になったときに逃げられなくて大変という話もいいでしょう。
地震や火事に対して他人ごとなのかもしれませんので、ニュースで取り上げられたときなどに、こまめに話題にだして、危険であるということを伝えましょう。


②健康の壁 
~賞味期限切れは夏を越すと体に悪いと言って、処分してもらう~
実際、字が小さくて見えていない可能性があります。
ここは、かわりにみてあげようか?
などといって処分するのもいいでしょう。
買いすぎないように話をしていくこともポイントです。


③消費の壁
~買い物後そのままになっている床置きされたレジ袋や紙袋にはいったものは、安全な場所に「移動」させましょう~

買い物袋やレジ袋にはいったままのものは、買って満足しただけの、実はいらない物です。
床置きされたものでしたら、そのまま中身をあけずに、納戸などに移動させましょう。

ここで中身をみると、全部いるとなって、ひとつずつ眺めるはめとなり、時間がかかってしまいます。
いずれも、「捨てる」というと、怒りますから、「移動しよう」と話して、使っていないお部屋に、一時保管として移動させて、床が見える状態を目指します。
「移動」というのは、捨てるわけではないので、安心して同意してくれる確率は高くなります。
少し床がきれいになってくると、捨ててもいいやという気持ちになることがありますので、少しずつでも分けていってください。

そもそも買いすぎであるということをよく話し、今後は足りなければ持ってきてあげるという話をして、安心しもらえるように少しずつ話をしていくといいでしょう。


いかがでしょうか。だいたいは3つの壁を乗り越えることで、片付けが進んでいきます。
ほかにもたくさんコツがあるので、一緒に学び合いましょう。

片付きますように(渡部亜矢)。

★こちらのQ&Aでとりあげていただきたいお悩みをメールでお寄せください。
HP上でお答えします。
掲載はペンネーム可ですが、連絡先を明記してください。
すべてのお悩みにお答えしたり、掲載するものではございませんので、ご了承のうえ送信してください。
送り先 お問合せフォーム


ワンコインイベント 5月21日 日曜日 13:00~14:30 参加費 500
【実家の片づけ体験入門セミナー】自宅も片づく整理のコツ(銀座6丁目)
みんなのお悩み「実家の片づけ」体験片付け入門!!
自宅も片づく整理のコツをつかんで、本当の意味で損をしない片づけをしていきましょう

詳しくはこちら▼
【実家の片づけ体験入門セミナー】自宅も片づく整理のコツ(銀座6丁目)

無料メルマガ登録  片付く情報・講座情報をお届けします

  夜間・緊急土日コースもあります
 実家が片づく認定講座・講師への最短コース