1月末はリバウンドチェックに最適!服・小物の見直しポイント

1月末はリバウンドチェックに最適!服・小物の見直しポイント

2017年01月30日

実家片づけアドバイザーとして当協会で活動を始めて、おかげさまで多方面にスキルアップをすることができました。
出会ったすべての方に感謝申し上げます。
まだまだ自宅の片づけが主流の片づけ業界ですが、とくにここ半年で、実家の片付けに興味を持ってくださる方がかなり増え、講座を聴いて下さる方々のレベルはどんどん高くなっています。
少しでも新しい情報をお伝えしたいという気持ちで、日々、知識とスキルアップにアンテナを張り巡らしている毎日です。

1月だからこそリバウンドチェック!

さて、あっという間に1月も終わりです。
11月から12月にかけて、片づけ講座に走り回っておりましたが、実は年末よりも、リバウンドをチェックしやすいのがこの季節。
なんといっても、ごく最近、年末の大掃除をしているので、たいていのお宅は、気持ち的には片付けの習慣化をしやすいのです。
まだ片づけた時の感覚、きれいになった時のスッキリ感が、体が覚えているのです。
そうはいっても、お年賀のあいさつとともに、頂き物が増えて、置きっぱなしになっている可能性があるのもこの季節。
リバウンドしないように、増えた物がないか、見直してみましょう。
最大のポイントは、自宅だけでなく、実家の片づけの直結させることです。
実は片づけサービスのご相談が増える時期です。
年始に帰省して、散らかりに失望して講座にいらっしゃる方も多いのです。
ぜひご自宅を片づけて、親御さんの年末からの片づけムードの波を、うまく使いましょう。

□ 年始に着なかった「よそいき」の服。

きっと来年は出番はないでしょうから、この際、手放してはどうでしょうか。

□ 家族の人数の数倍もある箸やスプーン、銘々膳や取り皿はありませんか。

年末年始に集まった家族の人数以上の数は必要ないかもしれませんね。

□ 擦り切れたタオルで顔をふいていませんか。

お正月すぎたのですから、新しい頂物のタオルにとりかえましょう。
さらにこの時期見直したいのが、賞味期限がやや長めの食品。
お正月の頂き物のつくだ煮や高級な瓶詰めなど、残っていたら、きちんと食べきってしまいましょう。
もったいないのは、食べきらずに忘れてしまって、廃棄となること。


ぜひリバウンドチェックをしながら、片づけられるといいですね。

片づきますように(渡部亜矢)。

【イベントセミナー情報】島根県松江・世田谷・目黒 無料講座もあります 詳細はこちら

■効率よく片づけたい方・片付けが苦手な方に 片づけサービス 2時間~

実家の片付け入門書▼
『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』 

親の家・実家の片づけ|目次まとめ 

片づけ整理ロジック・実家・収納
■Q&A 親の家の片づけお悩み解決
■空き家・社会のトピック
■キッチン収納     ■リビング収納    ■服・クローゼット収納
■お金の片づけ・相続   ■ 防災につながる片づけ
■家庭の書類整理・ファイリング
■物の持ち方・手放し方
■コミュニケーション・モチベーション
■高齢者・ゴミ屋敷化    ■子ども部屋・プリント
■セミナー講座情報   ■メディア掲載  ■片づかない話
■講師・アドバイザーの仕事術
■片づけ実践 before→after