「持ち家信仰」と「専業主婦」誕生、「実家のメンタリズム」の関係は?

「持ち家信仰」と「専業主婦」誕生、「実家のメンタリズム」の関係は?

2016年09月21日

「持ち家信仰」の舞台裏

 

埋められない世代間のギャップの1つが、持ち家信仰です。

 

先日、「持ち家のない実家の男性との結婚を反対されている」という30代後半の女性に会いました。

しかも、結婚しても働き続けるということが、当たり前にとらえている女性に対し、親は「結婚してまで働かなくちゃいけないのは不幸」だといって反対するのだそうです。

 

これは、「持ち家信仰」と「主婦神話」がセットになった、実家のお悩みの典型例ともいえるでしょう。

 

すでに家が将来の安定とか、値上がりを約束された財産だった時代は去りました。

それどころか、実家が負債になるというのが、世の中のベクトルであるはず。

(もちろん、家が財産になっているお金持ちの方々は、世の中まだまだいらっしゃいますが・・・)

 

それでも、親世代の持ち家信仰は確固たるものです。

なにしろ8割は持ち家なのですから、理屈の上で、値上がりはないとわかっていても、気持ちの面では、まだまだ持ち家のほうがえらいのです。

 

img_2895

 

そもそも、持ち家になったのは、戦後の、高度経済成長からといわれています。

ぜひ明日の祝日に帰省する方がいらしたら、親にきいていただきたいのですが、いまの70代80代の親世代が幼かったころ住んでいたのは、賃貸だったという方が多いと思います。

 

持ち家率の増加と、専業主婦の歴史はぴったり重なるのではないかと、私はひそかに思います。

高度経済成長期は、父さんががんばって働いて家を建て、お母さんが主婦となって家事をするというイメージです。

もちろん核家族です。(わが実家も典型例です)

家という箱を買ったら、次は車や家電をどんどん買えるのが、豊かさの象徴です。

 

そんな環境ですから、家を持たず、ずっと働かなければいけない状況にある娘の結婚には、反対したのでしょう。

そんな親の心情が生まれるのは当たり前かもしれません。

子世代からみると、仕事を持っているというのは、素晴らしいことであり、逆に夫にすべてを頼るのは、終身雇用が崩れたいま、真逆の反応とみえるのです。

 

もっといえば、持ち家云々以前の話が見えます。

十分大人である30代後半の女性の結婚話なのですから、女性の意思で決められることで、悩みにあたるのか? という意見もありそうな事案ですね。

 

相談者の女性からしてみれば、将来のパートナーを、ご両親に認めてもらえないのは、メンタル的につらいことなのでしょう。

 

親子両方が自分たちの価値観にとらわれていて、自由でいられない様子がうかがいしれます。

実家って、表からは見えない心理的、世代間の壁がたちはだかります。

 

どんなキャリアウーマンであっても、実家から心身ともに自由になれる人は、案外少ないかもしれませんね。

 

いずれにしても、生きた時代が違うのですから、同じ土壌で同じ価値観を持つのはまず無理なのです。

 

現実には、持ち家信仰と、専業主婦はセットで、価値観をつくっています。

価値観の違いは、少子高齢化社会の実家の片づけのテーマのひとつです。

互いに同じにして解決しようとしても、無理です。

まずは違いを知るだけで十分。

価値観の違いを同じにするのでなく、共通点をみつけていくのが、「実家の片づけ」です。

 

このままいくと、高齢になった親の、実家の片づけの場面で、お互いしっくりこない場面に遭遇するかもしれません。

表面上は、物を捨てる捨てないのケンカでも、「あの時お母さん、結婚に反対したよね!!」と買い言葉に売り言葉が出てしまうかもしれません。

価値観の違いを少しでも理解していけば、多少、ケンカを防ぐことはできるかもしれないですね。

 

ではどうやって片づけていくかは、このブログや講座でお伝えしてまいります。

どうぞ片付きますように(渡部亜矢)。

 

 

9月末まで割引 空きわずかです!  片づけサービスのご依頼

c3eb9f3e51daa810db921b3307a97fc2_s

空き家をまるごと講座にした、珍しいお片づけ実践セミナーです。

【埼玉】10月30日 空き家のリアルを体験!「実家の片づけ」“超実践”問題解決セミナー

片づけのコツがわかる    無料メルマガ登録はこちら

11月デビューに間に合う カリキュラムも 実家片づけアドバイザー認定講座

 

片づけ方のコツがわかる  『カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の家」片づけ入門~』SB新書