「やせたら着よう」と思う服・2つの片づけ方

「やせたら着よう」と思う服・2つの片づけ方

毎回、セミナーで必ずといっていいほどでてくるのが、「服が捨てられない」というお悩みです。

そのなかでも、ひっかりやすいワナは、「やせたら着よう」と思って、ついとっておくことです。
実はこれ、私にも身に覚えがあるので、まさに切実なのですが^^…

私の紆余曲折の長年の「やせたら着よう」体験(笑)から、これらの服を片付ける方法として、
2つの選択肢をおすすめいたします。

服

1 「思い出」としてきちんととっておく

服には、「着る服」と「着ることができるけれど着ない服」と、大きく2つあります。
「着ないけれどとっておきたい服」というのは、もはや服ではなく、
過去の「輝いていたころの自分」という「思い出」になっています。

ポイントは、思い出は思い出らしく、きれいにとっておくこと。
ボタンがとれたままとか、くしゃっと、しわのついたままでは、思い出らしくないですね。
本当にやせたときにすぐに着られるように、きちんとアイロンをかけ、大切にしまうことです。

逆に、そこまで手間暇かけて、大事にとっておくほどの服なのかどうかも、
自問自答しながら、片づけていくと、服の数を減らせます!

あわせて、しまう場所も再考します。
クローゼットに収納しなくてもいいかもしれません。

思い切って部屋の真ん中に飾って、「やせてもう一度着たい!着るぞ!」と思いながら、毎日ダイエットに励むのもよし、
押入れにきちんと虫がつかないよう保存しておくのもよし、です。
10着あったら2着にするとか、絞って保存していくといいでしょう。

2 「やせて新しい服を買う!」と決心して、古い服を処分する

クローゼットを今着ている服だけにします。
クローゼット内のダイエットとともに、自分のダイエットも進めます。
クローゼットに空きがあるということは、逆に言えば、「新しい未来」が入っているということです。

もちろん、服だけでなく、ほかの物の片付けもしていきますし、
家の中の片づけと、ダイエットは同時進行で気にしながらすすめていくほうが、いろいろなことにとらわれなくていい、という利点があります。

個人的には、過去にとらわれないとう意味で、2がおすすめですが、
過去の思い出も1-2着に絞って、場合によっては数着、ひと箱というように、
自分なりの量をとっておいてもいいですね。

その時は、処分できなくでも、片づけがすすんでいくうちに、
過去にとらわれなくなると、あとで処分できる方が多いです。
安心して片づけを進めてほしいと思います。

統計的なものはありませんが、いろいろな人に話を聞くと、片づけ始めたら、少しずつ体重が減ったという方が多いは事実のように感じています。

過去にとらわれず、現実や未来に目を向けるのも、
物と体のダイエットの第一歩と言えるのではないでしょうか。

いいことずくめのお片づけ。
まずはやる気を出して始めちゃうのも、ありですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ