すぐに片づけたければ「理想主義者」でなく、「リアリスト」になろう

すぐに片づけたければ「理想主義者」でなく、「リアリスト」になろう

よく、片づけるときに、「どんな家に住みたいか、理想をイメージしよう」という手法があります。

たしかに有効です。

 

でも、ほんとうに散らかっていて、どこからどうしたらいいかわからない人にこの質問をすると、かえって混乱を招くときがあります。

 

理想がささっとわかり、難なくその方向に向かっていける方だったら、とっくに片づいているはずです。

でもそうならないのは、片づけは、相当、自分と向かわなければいけない作業だからです。

自分の好みや趣向をつかむということは、高度なことなのです。

何が自分の人生や生活で大切かがわからないから、優先順位がつかず、「とりあえず」なんでもとってあるのです。

 

さらに、片付けが苦手な方は、逃げ道を考えるのが上手です。

いつも逃げ道を考えている人は、結局は自分から、逃げているので、自分で自分を追い込んでしまうことになります。

チャレンジよりも先に逃げ道を考えるくせがあると、慎重というよりも、散らかるケースが出てくるときがあります。

 

そういう場合、たとえば、捨てる理由でなく、捨てなくてもいい理由探しをして、自分にOKを出す創意工夫繰り返していくことがあります。

まちがったポジティブ思考といえるかもしれません。

 

この袋小路にはまらないよう、注意してくださいね。

 

私は、できるだけ片づけの初期には、理想をイメージするレッスンでなく、

現実主義者、つまり「リアリスト」になることをおすすめしています。

 

片づけが苦手な方は、「使う」「使わない」といっても、「全部使う」となってしまいますから、

現実路線でいくと、「ここ1週間、使ったかつかわないか」ということで、基準を設けていくのです。

 

そのほか、片づけのテクは、いろいろありますが、まずは言葉として、ロジックとして「わかる」ことが必要です。

ある程度、どんなことや物にも応用できる「公式」的な、ロジックで理解しないと、応用がきかないのです。

 

この世の中に、あなたとまったく同じ持ち物の方は、ふたりといません。

あなたしか判断できないことや物があふれている「現実」があるのです。

 

写真や絵の多い片づけ本を読むと、なんだかできそうな気がしますが、

自分の家とは違うので、いきなり応用力が求められるわけです。

 

いくら雑誌やテレビを見ても片付かない理由はここにあるのです。

ではどうしたら片づくのかというのは、「わかる」を、「できる」に変えていく作業を加えることで解決していくのです。

 

このあたりは、片づかない人は、講座などでサポートを受けるとスムーズです。

ひとりでするのは限界があります。

 

ましてや、実家の片づけでは、親子でドツボにはまってしまう事態になりかねないのです。

 

できればうまくサポートを受けたり、自分にあったやり方をみつけていくのが近道でしょう。

片づけに悩んだり、時間をつかわず、本当に好きなことに時間と労力をつかってほしいと、切に思います。

 

そのためには、「リアリスト」になるのが、近道です。

リアリストになって、目の前の物を片づけていきましょう。

きっとその先に理想がみえてきます。

 

どうぞ片付きますように。(渡部亜矢)

 

片づけのコツがわかる無料メルマガ登録はこちら

9月末まで割引中 片づけサービスのご依頼

 

片づきやすさを実感! しっかり片づけたい方はこちら 認定講座 

【滋賀9/7水】読売新聞主催「知って得する!! 実家の片づけ講座~物とお金の整理術~」

ŽÀ‰Æ‚Ì‚©‚½‚¯‰¡

埼玉】空き家のリアルを体験!「実家の片づけ」“超実践”問題解決セミナー

空き家チラシ

 

カツオが磯野家を片づける日~後悔しない「親の
家」片づけ入門~
』 SB新書

 

実家の片づけ 親の家終活遺品生前整理渡部亜矢

 

 

  その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ